L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    06/9/22 acid android live 2006 side c @大阪BIG CAT

    acid android大阪のLIVEは実に3年ぶり。必死で会社抜け出して来た私としては、開演25分押しは非常にありがたかったです(笑)。

    以前見たときよりも大きく変化し、目を引いたのがステージング。
    ステージ全体に薄いカーテンが引かれ、客との間に一線を引いて、空間を隔絶。さらに会場全体を見下ろせるお立ち台がステージ中央奥に設けられ、その孤高の位置にyukihiroがぽつんと一人、会場中に睨みきかせてました。…それほど見下ろしたいか(笑)。客はもちろんのこと、完全にyukihiro監視下に置かれたacid androidメンバー、さぞ落ち着かなかったことでしょう。

    yukihiroの立ち位置が変わったと同時にメンバーの配置も大幅に変化。今回は↓のようなステージ配置でした。

    yukihiro
    yasuo tomo
    antz kishi
    ______________
    客側
    antzとkishi・tomoの配置が見事に入れ替わっていたのには驚き。何も知らずに以前のポジション前で待機していたであろう彼らのファンがちょっと可哀相;。まぁ、それを知りつつ、わざとやってるんだろうけど(笑)

    主にビジュアル担当のantzとkishiが、左右対称のように同じような髪型・服装・動きなのも可笑しい。「この曲は仁王立ち!」「この曲のイントロは暴れろ!」とか、yukihiro直々の指示で動いてるのかな?他にも、「この曲はここで登場しろ」とか「この曲はここで捌けて」とか全てyukihiroプロデュースなんだろうなぁ。「俺様」「俺流」が全面に現れた、まさにワンマン・ショー


    06/9/22 acid android live 2006 side c @大阪BIG CAT…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | acid android side-c | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。