L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    反戦ソング Butterfly's Sleep

    今日は「Butterfly's Sleep」についてレヴュー。90%は歌詞考察です(笑)

    Butterfly's Sleep
    作詞hyde
    作曲ken
    編曲L'Arc-en-Ciel & 岡野ハジメ
    収録ark
    全歌詞うたまっぷ.com
    一部試聴HMV

    アルバム「AWAKE」発表後、hydeは鹿野淳氏のインタヴューに次のように答えています。

    でも…ツアーで過去の曲をやると「あ、俺ってあの時も今と同じこと考えてたんだな」って感じることが結構あって。知らず知らずのうちに、昔から今と同じことを思ってたんですよね。(鹿野淳著:WORDS 190ページ14行目)

    AWAKEは無償の愛・反戦・ラヴ&ピースなどを投げかけたメッセージ性の強いアルバム。メッセージ性は今までのラルクにはあまり見られないものでした。しかし、テーマ自体は過去にも同じことを考えていたとhydeは述べています。これを読んで私が思い浮かべた「過去の曲」の一つが、このButterfly's Sleepです。


    このButterfly's Sleepって曲、何が言いたいか単刀直入にいうと、
    ずばり 戦争批判 です。

    「え~!!∑(=゚ω゚=;) 」「違うだろ~(-"-;)」って思った方、ちょっと待って!(笑)
    一緒にButterfly's Sleepの歌詞を紐解いていきませんか?
    全歌詞はこちらうたまっぷ.com

    歌詞を簡単に解説してゆくと。

    主人公は男。
    彼には最愛の恋人がいました。
    交わらない淡く白い肌秘めた思い結ばれなくとも とあることから、
    片恋や、恋人未満(幼馴染等)かもしれませんが、ここでは恋人とします。)

    ドレスをまとった恋人は主人公には蝶のように可憐で愛おしいものでした。
    タイトルの「Butterfly」とは恋人のことですね。

    そんなある日、恋人は主人公を残し、死んでしまいます。
    もう二度と貴方の目は この美しい夜明けを映すことも叶いはしない
    タイトルの「Sleep」は「永遠の眠り」、つまり「死」を表しています。
    Butterfly's Sleep」=「恋人の死」ということになります。
    …hydeさん、アナタなんちゅう暗いタイトルつけるんですか(笑)

    さて、恋人に死なれた主人公は大ショック!!Σ( ̄ロ ̄lll)
    「僕のキスで生き返ってくれ~!」とか、もう半狂乱です。
    Please rise from the dead on earth with my last kiss

    絶望のあまり、ついに主人公も恋人の後を追うように死んでしまいます
    その寝顔を静かに見つめていた 眠りを誘う優しい風が二人を包むまで
    この曲での「眠り」はイコール「死」。
    前出のwith my last kissの”last”からも主人公が死を意識しているのがわかります。

    という、悲劇の物語なんですが。

    どこが戦争批判なのかと言うと…
    ポイントは 恋人の死んだ理由 なんですね。

    その大地を焼き払えばいい
    その全てを奪い合えばいい
    これらの主人公の怒りの言葉からは権力者の領土争いなどが浮かんできます。
    おそらく恋人は戦争に巻き込まれて亡くなったのでしょう。

    (余談ですが、2007年10月10日発売のシングルDAYBREAK'S BELLにも戦争描写として、上記と似た表現『炎で裁き合う誰のでもない大地で』があります。 この曲は戦地に赴いた男性を想って海辺にたたずむ女性が主人公の歌ということですが、hydeの戦争のイメージとして「大地」「炎」がキーワードなのかもしれません。 2007/10/18追記)

    主人公の怒りは留まるところ知りません。
    あぁ何を何を望まれて悲しみを生み出すのか
    主人公は、"権力者"たちには尊敬語を使っていないのに、
    この一文だけは「望まれて」と尊敬語を使っています。
    つまり、この部分は権力者よりも上の存在、””に向かってということが推測できます。
    彼はこんな世の中を創ったという””に対しても怒りをぶちまけているのです。

    戦争・戦乱ばかりの世界を怨んで憎んで、
    主人公は争いのない平和な世界がいつかくることを信じ、
    恋人と生まれ変わることを願って死ぬのです。
    この恋は時を越えて貴方の元に咲かせよう
    幾千の夜と朝を向かえ誰にも届かない地で

    わかりにくく物語仕立てにはなってますが、
    hydeの戦争嫌悪は痛いほど伝わってきませんか?

    戦争が一部の権力者のエゴよって引き起こされ、
    多くの戦争は神の名を借りたものであり、
    犠牲になるのはいつも弱者。
    愛する人が戦争で奪われるなんてまっぴら!
    という考えは昔から温めてきたものなのでしょう。

    今の彼ならこんなまどろっこしい描き方はせず、
    聴く人に自分の思いがストレートに伝わる歌詞にしたでしょうね。
    この頃(ark・ray)の歌詞に特徴的な、逃避願望が色濃く見えるのも興味深いところです。

    もちろんhydeはこの曲について こんなことは一言も語っていない ので、上記はあくまでも私の解釈ですよ(笑) ただ、歌詞の見方を変えるだけで、また一味違ったButterfly's Sleepが楽しめると思います。

    この曲はサウンドも濃厚で耽美で、ラルク汁150%って感じで最高!なんですが、歌詞考察をまとめるので時間いっぱいになったのでしばらくして更新します(;^_^A


    私のブログでの名前は"drunk_butterfly"(日本語にすると"酔いどれ蝶")ですが、お察しの通り、「Butterfly」はこの曲を意識してつけました。(直接的には大好きなバンドSonic Youth(ソニック・ユース)のアルバム「dirty」収録されている「drunken butterfly」という曲から。キム姉は私の永遠の憧れのアイドル(*´ェ`*))

    と、まぁ意識してつけるくらい好きな曲です(*~。~* )
    2004年のSMILE TOURで披露してくれてありがとうございました!
    予想外の披露に、跳び上がって喜びました(笑)


    ***参考***

    ark ark
    L’Arc~en~Ciel (1999/07/01)
    Butterfly's Sleep収録の6thアルバム
    勢いがあり、楽曲のバラエティにも富んだ一枚

    SMILE TOUR 2004~全国編~ SMILE TOUR 2004~全国編~
    L’Arc~en~Ciel (2005/06/01)
    Butterfly's Sleepのライヴ映像収録のDVD
    この曲の魅力を存分に堪能できます、オススメ

    スポンサーサイト
    別窓 | 曲、CD | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    15th L'Anniversary Request

    ただ今SPACE SHOWER TVにて、ラルク15周年特集としてミュージックビデオリクエストを受付中。
    特集ページはこちらから。

    大々的なリクエスト番組は一昨年(2004年)夏のVMCの2時間特集以来。
    前回はなんと23曲もフルでオンエア、永久保存モノでした。
    ちなみに前回のランキングはこんな感じ。

    1. 23位 forbidden lover
    2. 22位 浸食 ~lose control~
    3. 21位 花葬
    4. 20位 READY STEADY GO
    5. 19位 snow drop
    6. 18位 Pieces
    7. 17位 HEAVEN'S DRIVE
    8. 16位 NEO UNIVERSE
    9. 15位 STAY AWAY
    10. 14位 DIVE TO BLUE
    11. 13位 Driver's High
    12. 12位 winter fall
    13. 11位 Spirit derams inside -another dreams-
    14. 10位 自由への招待
    15. 9位 finale
    16. 8位 風の行方
    17. 7位 虹
    18. 6位 trick~new wave of japanese heavy metal mix~
    19. 5位 flower
    20. 4位 風にきえないで
    21. 3位 夏の憂鬱
    22. 2位 Vivid Colors
    23. 1位 Lies and Truth

    改めて見るとすごい順位だ・・・。
    曲や映像自体の人気あるなしよりも、好き嫌いよりも、良し悪しよりも、出来不出来よりも、
    ほぼレア度ランキングです(笑)

    さて、今回は90分番組でオンエアは15曲("15"周年だからね笑)と若干少なめ。
    それでもリクエストリストには、やはり普段はリクエストできないクリップが入ってきています。
    今回リクエストできる映像は以下の通り。
    (SSTVサイトでは名前順ですが、年代順に並び替えました。)

    • 風の行方
    • Blurry Eyes
    • and she said
    • Vivid Colors
    • 夏の憂鬱
    • 風にきえないで
    • flower
    • Lies and Truth
    • winter fall
    • DIVE TO BLUE
    • 浸食 -lose control-
    • HONEY
    • 花葬
    • snow drop
    • forbidden lover
    • HEAVEN'S DRIVE
    • Pieces
    • Driver's High
    • LOVE FLIES
    • NEO UNIVERSE
    • finale
    • trick~new wave of japanese heavy metal mix~
    • STAY AWAY
    • Spirit dreams inside -another dream-
    • READY STEADY GO
    • 瞳の住人
    • 自由への招待
    • Killing Me
    • New World
    • 叙情詩
    • Link

    な、長い…(笑)。
    その数、なんと32曲!

    それでも入ってきていないビデオクリップといえば…
    一にもニにも Anemone ですよ(涙)。
    そろそろテレビで放映されてもいい頃じゃないですかねぇ~(T-T)
    他、マイナーどころでは「White Feathers」「Brilliant Years」「Vivid Colors(旧Ver.)」等が出てきてませんが、これらはまぁ無理でしょう(笑)。
    「Spirit dreams inside」(英語版)なんかも今は放映されないからレア感漂ってきてますね。
    そういえば「fate」のリミックスバージョンのプロモもありましたね。
    限定かなにかで、今まで存在すら忘れかけてましたが^^;

    結果はどうなるんでしょう?
    前回のランキングとあまり変わりないかもしれませんが、楽しみです^^

    投票の締め切りは10月31日まで!
    ON AIRは11月20日(日)20:00~21:30(リピートなし)
    11月25日26日に行われるL'Anniversary LIVEの予習にぴったり(・-・*)


    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:0 | トラックバック:1
    ∧top | under∨

    Mステ40回出演の謎

    先週のミュージックステーションで記念すべき40回目の出演を果たしたラルクさん。
    へぇ~。そんなに出てたっけ…?Σ(ロ゚ ノ)ノ
    という自らの疑問を解消すべく、過去の出演履歴を振り返ってみたいと思います。

    題して、

    祝!MUSIC STATION出演40回!
    ラルク出演ヒストリー

     回数 出演日 演奏曲 印象に残っていること
    初登場95/09/22Vivid Colorsトークはバンド名について。時間が押して、ほとんどしゃべることなく終わっていきました…
    2回目96/07/26風にきえないでオープニングで演奏。kenはミッキーマウスのトレーナー着用
    3回目96/12/13Lies and Truth13日の金曜日が大好き(hyde) 美しい歌のラストで美しいhydeが鼻○ソをほじるもんだから、タモさんに爆笑される
    4回目97/11/21復活後、地上波TV番組初登場。ロンドン滞在中の話で盛り上がる。yukihiro初登場、サポートなのに演奏後はさりげなく出演者の中に
    5回目97/12/26Mステスーパーライヴ。今年を振り返って
    6回目98/02/06winter fallアメリカ・デスバレーでのプロモ撮影話
    7回目98/03/27
    浸食 -lose control-
    DIVE TO BLUE
    Mステスペシャル。hyde、kenによるヨーヨー実演。hydeによるメンバーイラスト(上手い!)
    8回目98/07/10HONEY
    浸食 -lose control-
    ツアー先ホテルでの過ごし方など。セットの柱から血が…(西村Pによる考案 byマシューTV)
    9回目98/07/24花葬ハチ公の話は嘘だとタモさんに言われショックを受ける。hydeは金髪を黒髪にごまかして登場
    10回目98/10/02HONEY
    snow drop
    Mステスペシャル。楽屋での風景。見たい歌リクエストベスト10
    11回目98/10/23forbidden loverバンド内でちゃんこ鍋がブーム
    12回目98/12/25snow drop
    DIVE TO BLUE
    Mステスーパーライヴ。今年を振り返って。来年の抱負
    13回目99/04/02HONEY
    HEAVEN'S DRIVE
    もう一度見たい歌ベスト10
    14回目99/04/23HEAVEN'S DRIVE和モノが好き(hyde)。ファンを入れたライヴ形式。でもhydeは顎関節症のため口パク。当時の忙しさには同情…。
    15回目99/06/04Piecesyukihiro骨折。片手でドラムを叩く
    16回目 99/06/25Piecesyukihiro骨折完治。ken、ダム話でタモさんと盛り上がる
    17回目99/07/02It's the endtetsuのプロポリス話
    18回目99/10/08いばらの涙
    LOVE FLIES
    Mステスペシャル。爆笑トーク集
    19回目99/10/29LOVE FLIESkenの風呂好き話。hydeは風呂嫌い
    20回目99/12/24LOVE FLIES
    Driver's High
    スーパーライヴ
    21回目00/01/01NEO UNIVERSEミレニアムスペシャル。hyde、小田和正さんの詩が好き。サザンが虹をパクった!?
    22回目00/01/21finaleハワイでのプロモ撮影話。
    23回目00/01/28NEO UNIVERSEハワイでのオフ話。乗馬(hyde・ken)。風邪で寝込む(tetsu)。tetsuの看病(yukihiro)
    24回目00/07/21STAY AWAY夏休みの話。yukhiro、台風で大怪我
    25回目00/08/18STAY AWAYken、宇宙人に会う。本人によるイラストつき
    26回目00/09/01THE NEPENTHESken、幽霊に会う。hyde、貞子の夢を見る
    27回目00/12/29NEO UNIVERSE
    STAY AWAY
    hyde、結婚後TV初出演。指輪が右手薬指から左手薬指に。(皆よく見てるよ…;)
    28回目01/09/08Spirit dreams inside -another dream-オフ中の話
    29回目03/12/26HONEY
    READY STEADY GO
    3年ぶりスーパーライヴ出演。新曲TV初披露。hydeはソロとしても出演(HELLO)
    30回目04/02/06READY STEADY GO真面目なチームと不真面目なチーム!? 「また活動停止かな…」(hyde)
    31回目04/03/05瞳の住人ken、ラルク加入秘話
    32回目04/06/04自由への招待パートチェンジバンドの苦労話。「kenちゃんのドラムはミラクルがありますね」(yukihiro)
    33回目04/12/24READY STEADY GOスーパーライヴ。今年を振り返って、USALIVE
    34回目05/01/21Killing Me客席を見ないようにしている(tetsu)
    35回目05/04/01HEAVEN'S DRIVE
    New World
    MステSP。ファンを入れたライヴ形式。リクエストベスト10、7のつく日はお休み
    36回目05/05/20叙情詩ボトルキープ初体験(tetsu)
    37回目05/07/15Linkken骨折
    38回目05/12/23New Worldスーパーライヴ。アジアLIVE、タモさんのマイクの持ち方。hyde寝る
    39回目06/10/13Caress of VenusMステスペシャル。Mステでの思い出。

    って、あれ!?


    …39回!?(゚∇゚ ;)


    1回分がど~~してもわからん!

    疑問を解消するために列記していったのに
    逆に謎を深めてどーする!ヽ(´~`;
    ソロは含めちゃいけないだろうし…う~む。

    全40回出演の全貌を知っている人、ぜひ教えてください…。

    注:上の表は私の記録・記憶を元にだーっと書き連ねたものなので間違いがあるかも。
    (というか、確実にあるはず!)
    もし見つけたら、こちらも教えていただけると嬉しいです。


    Mステ40回出演の謎…の続きを読む
    別窓 | TV | コメント:7 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    06/10/13 Music Station

    13日の金曜日という晴れがましい日に、久々のラルクさんテレビ出演です。
    今日のミュージックステーションでなんと40回目の出演だそう。

    この日のMステの出演者はスペシャルということもあってかなり豪華。
    SMAP・B'z・ミスチル・あゆ・幸田クミ・コッコ…。
    華々しく煌びやかな中、hyde・kenはサングラス着用、黒尽くめで登場のラルク。
    イマイチ空間に溶け込めてないような(^^;)、…っていつもか(笑)

    この日の新聞のテレビ欄には
    ラルクも名曲披露
    とありました。

    ミュージックステーション公式サイトにあるブログ(10月10日付け)には
    今日は…L'Arc~en~Cielの皆さんが披露する曲について!
    出演者ラインナップをご覧下さい。
    実は…披露曲を”空白”にさせていただいております。
    これにはもちろんワケがありますっ!
    一言でいうと…”楽しみにしていて欲しい!!”という意向なんです。

    とはいえ、せっかっくここまで読んで下さった皆さんに…ちょっとだけボクの感想を。
    (披露曲の)音を聴かせてもらった瞬間、、、”えっ!コレが聴けるんだ!!!”と正直、驚いちゃいました。
    ファンの皆さんには、間違いなく耳馴染みのある名曲です★
    あと、3日間。待ってください!!
                 山本カズヒト(14:58)
    とあり、

    さらに番組のテロップには
    幻の名曲をテレビ初披露!
    L'Arc~en~Ciel

    とありました。

    幻の名曲まで言いますか(笑)
    これはもう、先日のシングル15枚再発のうちの、
    未発表シングルだった「the Fourth Avenue Cafe」っきゃないでしょう!

    こうして「the Fourth Avenue Cafe」だとばかり予想していた私、
    トークも無事終わり、いよいよ堂真理子アナウンサーの前フリ。

    堂アナ「皆さん、今夜はファンの皆様の間では絶大な人気を誇りながらも」
    よしっ!(←私の心の声)
    堂アナ「テレビでは披露されたことのなかったという」
    よしっ!
    堂アナ「10年前に発表された」
    よしっ!
    堂アナ「貴重なナンバーを披露してくださるんです」
    よしっ!
    このときラルクファンと思われる観客の歓声が上がる。

    これはきたんじゃないの~!(にやにや)

    が、

    堂アナ「すごくLIVEでも盛り上がる曲です、という風に皆さんおっしゃってました」

    はっ!?∑(゚ロ゚〃)
    LIVE!?

    (※the Fourth Avenue Cafeは10年間LIVEで披露されたことはない)

    なんだ…違うの…?ε-(´・`)

    タモリ「なんで?なんで今までやらなかったの?」
    堂アナ「アルバムに収録されていたという曲なんですね」
    タモリ「あぁ」
    堂アナ「それではラルクアンシエルで、カレスオブビーナスです」

    Caress of Venusじゃん!

    何気にTV初披露ではないけど…気にしないでおこう(笑)

    たまには昔の曲やってくれるのは嬉しい!
    けど、ドラムはどうするんだろ?
    Caress of Venusは前ドラマーsakura時代の曲なのに。

    なぜこれが問題になるかというと。
    生放送ゆえに、生演奏は難しいMステ。
    過去レッチリやミッシェル等、生演奏はごく一部の人に限られます。
    通常ラルクの場合、hydeは歌います(まれに口パク)が、楽器隊はアテフリ。
    つまり、yukihiroとsakuraでは同じ曲でもドラミングがかなり変わっているため、
    yukihiroはsakuraの叩くCD音源でおいそれとアテフリができないのです。

    さて、注目のイントロ。

    ドラムの音がyukihiroバージョンになってる!

    まさか、この日のためにドラムだけ録ったとか?
    だとしたら相当Mステに力入ってますよ、ラルクさんてば。
    やる気なさそうなフリして、実は一番やる気満々じゃないですか(笑)
    でもなんかTVのメドレー用にボーカルを録り直すジャ○ーズっぽい笑

    sakuraとyukhiro、全く違うタイプのドラマーだから甲乙つけがたいですが、
    ダンサブルでハウスなCaress of Venusに関してはyukihiroドラムが抜群に相性いい。
    この際再録でリリースし直してもらってもいいなぁ。
    ハイハットの16分打ちなんて、yukihiroの超得意分野だもんね。
    (機械のように正確かつ規則正しい硬い音に酔いしれるファン多数)

    歌になると案の定サングラスをはずすhyde。
    イントロで舌出したり、首を左右にフリフリ、お茶目です。
    Mステの良し悪しは前述の通り、全てhydeボーカルにかかっているわけですが。
    うん、この日は良かったんじゃないでしょうか。
    グランドクロスツアーを思い出しました(*'-'*)
    kenはAnemoneギターを手に機嫌良さげ。
    tetsuもクマは目立つものの、元気にぴょんぴょん跳ねるスタイル。
    yukihiroも至って忠実にドラムに向かっていました。

    予想は外れたけど、結論、Caress of Venusが聴けてよかった。
    見終わった後、アルバムの「True」を引っ張り出したのは私だけではないでしょう。

    ***参考***
    True True
    L’Arc~en~Ciel (1996/12/12)
    Caress of Venus収録の4thアルバム
    ラルクの方向を決定付けた中期の傑作

    1999 GRAND CROSS CONCLUSION 1999 GRAND CROSS CONCLUSION
    L’Arc~en~Ciel (1999/12/01)
    Caress of Venus収録の野外LIVE映像
    Mステで披露したのとほぼ同じyukihiroドラムが見られる

    別窓 | TV | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    Anemone サブアングル

    Anemoneネタがしつこく続きます。
    それだけ熱烈なAnemone好きということでお許しを(^^;

    Anemone (サブアングルVer.)
    監督HiguchinskyAnemone_sub01
    撮影時期2000年12月初旬 他
    収録CHRONICLE 2(DVD)
    ビデオ試聴なし


    ***概要***

    「Anemone」はベストアルバム「Clicked Singles Best 13」にのみ収録されている曲。そもそもシングルではない曲にビデオクリップが作られるのも珍しいのに、さらに2種類の映像が存在するってのがスゴイ。この頃のラルクがいかに映像を重視していたかを物語っています。

    こちらはPV集「Chronicle 2」のDVDにのみ、サブアングルとして収録されている映像。ゆえにファンからは普段「サブアングル」と呼ばれます(そのままやん)。メインアングルはといえば、ヴィンセント・ギャロ(Vincent Gallo)が監督した映像が収録されています。ここだけの話、ラルクサイドはギャロの作品があまりお気に召さなかったようで、PVとはせず「付録映像」としました。そのうえ、サブアングルにはこの映像を収録するという念の入れよう…よほどギャロの映像が気に入らなかったと見えます(笑)。



    Anemone サブアングル…の続きを読む
    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    プロモ失格?Anemone

    今日はビデオクリップのレヴュー。

    Anemone
    監督ヴィンセント・ギャロ(Vincent Gallo)Anemone
    撮影時期2000年12月中旬
    収録CHRONICLE 2(DVD/VHS)
    ビデオ試聴なし


    ***概要***

    「Anemone」はベストアルバム「Clicked Singles Best 13」にのみ収録されている曲。シングルではない曲にビデオクリップが作られるのも珍しい。本映像は、正確に言うとプロモーションビデオではなく、PV集CHIRONICLE2のAppended Movie(付録映像)扱い。そのためか、音楽番組等で放映されることはありません(発売当時に朝の情報番組・CS音楽チャンネルで一部が流れたことはありましたが)。

    監督は映画「バッファロー'66」で一躍脚光を浴びた鬼才ヴィンセント・ギャロ。光沢ある黒で統一された映像は、他の作品とは一線を画すしっとりした美しさがあります。
    ギャロは真剣にバンドの美しさを閉じ込める作業に取り組んでいます。4人の配置ひとつをとっても、あえてkenとtetsuの位置を逆にしたり、座り位置や立ち位置、遠近感、全体のバランス…彼らしい徹底したこだわりが現れています。この映像ではhydeが一番背が高く見えるからあら不思議(笑)



    プロモ失格?Anemone…の続きを読む
    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    Anemone -君を愛す-

    15周年記念LIVEまであと2ヶ月足らず。
    今日はライヴで聴きたい曲のレヴューです。

    Anemone
    作詞hydeAnemone01
    アネモネの花
    作曲hyde
    編曲L'Arc-en-Ciel & 岡野ハジメ
    収録Clicked Singles Best 13
    全歌詞Yahoo!ミュージック
    一部試聴HMV


    「愛する人に…アネモネ」

    2000年冬に行われたドームツアーREAL。
    これは、新曲披露の際にhydeが発した言葉です。

    このツアー直後のクリスマスにhydeと大石恵さんが入籍、大きな話題になりました。
    この頃のラルクは、hydeとtetsuが大ゲンカした等、不仲説は絶え間なく飛び交い、
    「やめてやる!」と言ってファンサイトに現れたスタッフ(自称)による暴露話、
    メンバーたちは容赦なく写真週刊誌に追いかけられ、
    加えてファンによる大石恵バッシングの数々…。

    1999年に2枚合わせて500万枚以上を売り上げたアルバム(arkray)に対し、
    2000年発売のREALは辛うじてミリオンに到達したものの、売上は半減。
    人気に陰りが見え始め、バンドとしても行き詰まりや破綻が見え始めた頃でもありました。

    2001年以降のバンド活動はほぼ停止状態。
    そんな3月14日にリリースされたベストアルバム Clicked Singles Best 13
    収録された新曲が上記の「Anemone」でした。



    Anemone -君を愛す-…の続きを読む
    別窓 | 曲、CD | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。