L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    CHRONICLE 0 -ZERO-

    前回の記事15th L'Anniversary Liveレポ読み比べ【雑誌編】2では購入意思がないことを匂わせる内容を書いていたのですが、あっさり前言撤回(笑) 買ってきました、初期プロモ集CHRONICLE 0 -ZERO- (クロニクル・ゼロ)。というわけで、今日はCHRONICLE 0の紹介と感想を。


    CHRONICLE 0 -ZERO-

    CHRONICLE 0 -ZERO-発売日2007年02月14日
    定価3,465円(税込)
    フォーマットDVD
    発売元キューンレコード
    品番KSBL-5832
    初回仕様デジパック仕様
    >>詳細 (amazon)

    ■内容

    入手困難な映像を収録した初期作品が1枚のDVDとなって発売。『Blurry Eyes』から『Lies and Truth』までのミュージッククリップを収録した初期作品集。

    ■詳細

    総収録時間 約65分 / 収録曲 全10曲(うちシークレット2曲)
    01. 眠りによせて
    02. Blurry Eyes
    03. and She Said
    04. Vivid Colors
    05. 夏の憂鬱[time to say good-bye]
    06. 風にきえないで
    07. flower
    08. Lies and Truth
    Ending. the Fourth Avenue Cafe
    Secret1. Vivid Colors (04. Vivid Colorsとは別映像)
    Secret2. Brilliant Years


    と、ここまでは事務的に書いてみました(笑) 以下感想です


    CHRONICLE 0 -ZERO-…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:4 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    15th L'Anniversary Liveレポ読み比べ【雑誌編】2

    今更ですが、各雑誌・webに掲載されたライヴレポの感想など書き連ねています。
    今回は1月発売の雑誌編です。(天嘉レポのみ掲載の雑誌は省略しています)
    web掲載の感想は 15th L'Anniversary Liveレポ読み比べ【web編】
    12月発売の雑誌は 15th L'Anniversary Liveレポ読み比べ【雑誌編】1 まで。


    雑誌掲載

    ■1月4日発売「NEWSMAKER」 2007年2月号
    R&R NEWSMAKER (ロックンロールニューズメーカー) 2007年 02月号 [雑誌]

    15周年記念ライヴ、25日26日両日のレポート掲載。ライターはおなじみ東條祥恵女史。ライヴレポートなんですが、いたるところに東條さん個人の感想が見え隠れしておかしい(笑) ラルク好きなのがビシバシ誌面から伝わってくるもんだから、ファンとしてはうきうきしながら読んでました。

    インディーズ時代ゾーンのパフォーマンスを見て、当時を思い出す、という感想になるのも古い付き合いの東條さんならでは*^^* (彼女、ニューズメイカー来る前は確かFOOL'S MATEにいましたよね) 東條さん的には「ガラス玉」が聴きたかったそうな、さすが渋いっすね。


    ■1月9日発売「音楽と人」 2007年2月号
    音楽と人 2007年 02月号 [雑誌]

    簡単なライヴレポあり。ライターはおなじみ金光裕史氏。こちらもレポというより、金光さんから見たLIVEの感想と言ったほうが正しいかも。文章は1ページ、写真1ページで見開き程度の扱い。その感想も 素晴らしいステージだった の一言が全てを表してました(笑)

    一番4人が楽しんでいたように思うとか、15年間に得たものはファンへの感謝の気持ち、これがシンプルだけど難しいんだよね…みたいなことが書かれてあって、納得しながら読みました。


    ■1月10日発売「ARENA37℃」 2007年2月号
    ARENA 37℃ (アリーナ サーティセブン) 2007年 02月号 [雑誌]

    26日のライヴレポ掲載。ライターは長澤智典氏。掲載写真も大きかったです。

    レポは、内容よりもなによりもまず一番に感じたのは、 黒の背景に赤い文字読みづれー!(笑) レポート自体はすごく丁寧で誠意ある文面でした。"優等生"なレポです。

    限られたスペースに一曲一曲の様子を記述しているので、すごいなぁとただただ感心。チェックしてみたら「叙情詩」以外の全26曲について書かれていました。長澤さん、なぜ「叙情詩」だけ飛ばしたんだろ? 逆に気になるよ(笑)


    ■1月14日発売「WHAT's IN?」 2007年2月号
    WHAT'S IN (ワッツ イン) ? 2007年 02月号 [雑誌] (雑誌)

    天嘉-伍-のレポとken連載あり。

    ・天嘉-伍- レポ
    そうそう、天嘉でI'm so happyやったそうで。リクエストでもこの曲人気だったのに、あえてL'Anniversaryでは演奏せずに、天嘉でsakuraをバックに演奏…。…これって遠回しに今後もラルクでは封印するって意味なんでしょうか? もっと言えば…yukihiroさんには叩かせないぞsakuraしか叩けない、みたいな? この曲、最近は外野でばかり演奏してるね…。それはそれで寂しい。

    ken連載 「放談我報」
    非常に勉強になりました^^; 大庭さん、一緒に精進しましょう!(笑)

    ・ken連載 「放談我報」OUTLET 第3談(web連載)
    http://www.musicnet.co.jp/whatsin/ken/index.html
    携帯メール、こっちはこれでおしまいって気持ちで送ってるのに、しつこくさらにメール返してくる人、いるいる(笑)


    ■1月14日発売「CDでーた」 2007年2月号
    CD でーた 2007年 02月号 [雑誌]

    tetsu連載あり。

    ディスクレヴュー欄によると、2月14日発売のCHRONICLE 0には、the Fourth Avenue Cafeの一部が収録されるとか。小出しにするね~^^; 最低でもthe Fourth Avenue Cafeプロモはフル収録、なおかつLIVE後人気急上昇のWhite Feathersのプロモ(←インディーズ終わりごろに撮影されたものだけど、確かキューンさんが権利持ってるハズ)もつけてくれたら確実に買ったのになー。おしい!(笑)


    ■1月18日発売「ぴあ」

    ken連載あり、チェックできてないです…。ていうか、田舎にはぴあ置いてないから!(笑) ま、四国民が大都市圏のチケ情報・エンタ情報見てどうする!って気もするので、置いてなくても文句は言えませんが…(^^;) 下手に取り寄せると買わなきゃいけなくなるので、難しいところです(-_-;)


    ■1月19日発売「BASS MAGAZINE」 2002年2月号
    BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2007年 02月号 [雑誌]

    15th L'Anniversary Liveで使用されたベースの解説と、26日のレポートあり。ベースに関してはGIGSよりさらに詳しく説明されているので、tetsuベース好きには必須ですね。

    ライヴレポートでは、「花葬」がフルで聞きたかった…という記述が印象的でした。私もです(←聞いてないから・笑)


    すっかり長くなりましたが、これにて雑誌感想編は終わりにします。


    別窓 | 雑誌 | コメント:2 | トラックバック:1
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。