L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    2008年2月-3月のアクセス総括

    みなさまが、一体どんなキーワードで検索して当ブログにやって来るのか。アクセス解析ツールから分析・暴き出そうというこの企画。今日は久々にアクセス解析をのぞいてみました。


    まずは検索数上位ワードの発表。
    2月の検索ワード上位は
    1位 ラルク
    2位 ラルク書庫
    3位 ラルク kiss
    4位 THEATER OF KISS
    5位 ラルク ツアー
    でした。

    納得。ものすごく普通ですねー^^;
    予想通りすぎて面白くない(爆)


    では、3月の検索ワード上位にいってみよう。
    1位 ラルク
    2位 ラルク書庫
    3位 ラル倶楽部
    4位 ラルク ライブレポ
    5位 ラルクアンドシェル

    3位のラル倶楽部は有名なラルクのコピーバンドらしいです。
    そして、5位に注目。

    ラルクアンドシェル

    他にも「ラルク&シェル」「ラルクアンドシェール」「ラルクアンドシエル」「ラルクアンドシェイル」「ラルク&」とかもあったなー(´∇`;) いかにバンド名を間違えられているかがわかりますね。アクセス解析ツールは嘘をつきません。

    …なんか頑張れラルク!(笑)

    検索でヒットした記事はおそらく ラルクアンドシェール 。 この記事を読んで、正しいバンド名を覚えて帰ってくれることを祈ります(-人-)


    2008年2月-3月のアクセス総括…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | アクセスワード | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    Bonjour, Nous sommes L'Arc en Ciel!

    フランス公演の第一声は、↑に1000ラルク。

    今日は表紙雑誌WHAT's IN?とMUSICAの感想を。

    WHAT'S IN  (ワッツ イン) ? 2008年 04月号 [雑誌]WHAT'S IN (ワッツ イン) ? 2008年 04月号 [雑誌]
    (2008/03/14)
    不明

    商品詳細を見る

    MUSICA(後述)に比べて、ワッツイン表紙の写真は普通。なもんだから、何気なく中を開いてびっくりしたよー。なんですかあの4人の顔のドアップは!! 油断したー(ノД`) 修正入っているとはいえ、眉毛の生え方、毛穴の一つ一つ、唇のシワの一つ一つに至るまで、くっきりはっきり。 下手なセクシーポーズよりもどきどきしました。

    インタヴュー内容は、新曲DRINK IT DOWNについてと、春から始まるワールドツアーへの意気込みについて。文量は少ないからあっさり読めちゃいます。個人的にはDRINK IT DOWNの全歌詞が早速掲載されているのが嬉しい。

    そのDRINK IT DOWNの歌詞ね、DEVIL MAY CRY 4 をプレイしてから歌詞見ると、「ダンテから見たネロ」っていうhydeの言葉がよーくわかります。ていうか、まんまじゃん(笑) 特に、途中で主人公が交代するシーンなんて「あー!そーいうことか」と納得。ネロはダンテの甥って理解でいいのかしら?

    そーなんです、実はワタクシ、ただいまDMC4をプレイ中(´∇`) 相方がとっくにクリアしたらしいので、PS3&ソフトをぱくっ貸りてきました。アクションゲームは久々だけど、操作に慣れると結構サクサク進めちゃいます(一番難易度低いモードだけどね;)

    プレイすればするほど感じるのは
    hydeはよく4をプレイせずにここまで歌詞を書けたね…
    ってこと。
    どんだけこのゲームのファンなんだよっ!ていう(笑)

    歌詞については、yukihiroさんが、

    最近のhyde君は大胆な言葉を使うなと思います。(中略) 僕ならこういう言葉は出てこない。僕だったら恥ずかしい(笑) (P37)
    と語っていたのが興味をひきました。hydeはhydeで、KISSリリース時のインタで、yukihiro作詞のspiralの歌詞について、コメントしてたんですよ。(肝心のコメント内容は忘れたけど・爆) メンバー同士の感想を見るのって、ファンにとってはなんか嬉しい(*'-'*)

    歌詞って、どうやってもその人の性格や考え方が出ちゃうもんね。作曲よりも恥ずかしくて勇気のいる行為なのかも。


    Bonjour, Nous sommes L'Arc en Ciel!…の続きを読む
    別窓 | 雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    L'7 ~Trans ASIA via PARIS~チケット

    L'7 ~Trans ASIA via PARIS~のチケットはファンクラブ先行で無事入手できました。

    ということで、

    2008年6月7日() 京セラドーム大阪
    2008年6月8日() 京セラドーム大阪

    参加決定です!

    大阪に参加される皆様、よろしく!\(^o^)/

    ところで、
    TOUR 2008 L'7 ~Trans ASIA via PARIS~
    L'7 ってなんて呼べばいいんでしょうか?(´д`;)

    どなたか正式な読み方(カタカナで)教えてくださーい


    L'7 ~Trans ASIA via PARIS~チケット…の続きを読む
    別窓 | L'7 -Trans ASIA via PARIS- | コメント:12 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    叙情詩の舞台に潜入!

    3月最初の土日は東京までお出かけ。このたび、ようやく念願かなって、叙情詩プロモの舞台である小笠原伯爵邸に行くことができました(・ー・)

    何度か東京に来る機会はあったものの、館内の案内をしてもらえるというランチの予約が取れず、悔しい思いをしていたんです(ノД`) そこで今回は気合入れて、1ヶ月前に無事予約完了。

    地下鉄大江戸線 若松河田駅を出ると、もうすぐに伯爵邸です。というか、むしろ伯爵邸の敷地の端に、地下鉄の出口(河田口)を作りましたって感じ(笑)

    この日ご一緒したべーべさんと濃厚なラルクトークを合わせて豪華なランチを食べ終え、いよいよ楽しみにしていた館内の案内へ。写真撮影OKとのことだったので、遠慮なくバシャバシャとりまくってます。


    <<実物>>
    ogasawara_02.jpg
    <<プロモ>>
    jojoshi_01_s1.jpg jojoshi_02_s1.jpg

    シーン1:オープニングとエンディングでhydeが歩く廊下
    適度な風とたなびく白いカーテンがあればもっと良かった(笑)
    食事の部屋(メインダイニング)まで案内されるとき、まず最初にこの廊下を通ります。この風景を生で見て、実際に歩いて、一介のラルクファンが興奮せずにいられようか? いや、いられまい!(≧∇≦)(なぜ反語?)


    叙情詩の舞台に潜入!…の続きを読む
    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:6 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。