L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    08/05/09 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @Le Zenith de Paris @梅田ブルク7

    一番のラル友、Y嬢とともにやってきました、梅田ブルク7。梅田は深夜12時から入場可能だったようです。チケットなくても映画館には入れますが、チケットを持たないとツアーグッズは買えないようで、グッズ列の前に映画館スタッフがいて、チケットチェックしてました。パリ限定TシャツのSサイズとリストバンドは早々に売り切れ、後はおそらく最後まで残ってました。

    paris_poster_in_umeda.jpg

    映画館には、SonyMusicの袋を持ったスタッフなど3・4人が、うろうろうろうろ。ハンディビデオカメラでファンを撮影したり、インタヴューしたりしてます。会報か写真集かDVDかに載りそうですね。

    私が鑑賞する予定のシアター2は、200人足らずの収容人数のこじんまりした部屋。私たちは、2時40分頃入場。かなり前方の席(こんなときに前列にならんでも…泣)で、プレミアムシートのような座り心地のよい赤い席でした。部屋に入場する際に、注意書きの書かれたメモを渡されます。どうやら座席に立って見るのは×だけど、ただ立って見るのは問題ないみたい。

    周りの人たちは「立つ? 立つ?」と相談中。どうやら最前の人たちは立つようです。私たちは座り心地がいいので、座ってみることに。開演後しばらくして後ろを振り向くと、7割くらいの人が立って鑑賞してました、座ったままは3割くらい。右横の女性たちもノリノリではしゃいでました。深夜だというのに元気ええなぁ^^ 「立ってる人、邪魔!」とか「座ってる人、ノリ悪ーい!」とかいう雰囲気はなく、梅田のシアター2は、みんながそれぞれ自由に好きな体勢で見ていたように感じました。

    開演予定時刻の15分前、2時45分ごろから劇場の大スクリーンでラルクのミュージックビデオが流されます。SEVENTH HEAVENMY HEART DRAWS A DREAMDRINK IT DOWNの順。大画面で見るプロモは、ど迫力! お客さんも画面に釘付け、一気に館内のテンション上がります。私とY嬢は「やっぱりSEVENTH HEAVENのプロモはええねー」と、セブヘブ好きの二人、この期に及んでまだしみじみ語ってました。最初は前の席だから見るのしんどいなぁと思ってたんですが、慣れると全然気にならなかったです。プロモ流してくれて、いい予行演習になりましたねぇ。プロモ放映が終わり、ほぼ午前3時ちょうどにスクリーンは中継画面に。

    すでにフランスの会場はお客さん大入り。スタンディングフロアも、後ろのイス席もほぼ埋まっていました。日本人少なっ! 日本からのツアー客もかなりいるはずだけど、あえて映してないのかな? それにしても、全体をざーっと映したらほとんどがヨーロッパ系の人たち。私もラルクファンですが、想像以上のラルク人気ぶりでした…。よくこれだけの人数が集まったもんです。客層は男4:女6くらい?で、男率高し。こちらの映画館が、女性ほとんど(男女比1:9)なのと対照的です。

    髪の毛の薄いでっぶり体系の男性がスタンディング後方でビール飲んでたりとか(笑) 日本ならまず見かけない光景だわ。アジアの映像でも、若い女の子たちが「ハイドー!!!!!」と涙ながらに絶叫している姿とかなら見たことはありますが、おっさんがビール飲んで待ってるシーンは見たことなかったな(゚ー゚;) 男も女も年齢層はアジア圏より高め、かな。会場を後ろから映すと、リュック背負った人もたくさん見かけたけど、これもたぶんヨーロッパの人でしょう。日本のファンは、ラルクのライヴでリュック背負う文化はないから(笑)

    しばらくすると、「ラル・カン・セル!」「ラル・カン・セル!」(←私にはこのように聞こえた)と、現地の人がしきりに手を叩いて煽ってました。本場の発音におおっ!(゜Д゜;)) と少し感嘆してしまいました。さらに、開演待ちにウェーブしたりと、フランス会場、なんか異様にテンション高いんですけど(^∇^;) ウェーブも日本よりまとまってました。日本がこれだけまとまったウエーブしたのは、REINCARNATIONとSEVEN DAYS最終日くらいでは(´Д`;)

    中継画面に切り替わってから、10分くらいして客電落ち。


    08/05/09 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @Le Zenith de Paris @梅田ブルク7…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | L'7 -Trans ASIA via PARIS- | コメント:4 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。