L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム2

    08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム1の続きです。


    そうしてDRINK IT DOWN
    不穏な旋律のイントロが流れ出し、打ち込みの音が加わって、ダンッと曲が始まる…この展開が大好き。 ささっ始まるぞー!って高揚感を煽られる。 ここまで照明は暗いんだけど、私のいる席からはステージの様子が丸見え。 yukihiroは体全体でリズム取ってるし、hydeはメロディに合わせて、準備体操のように軽くぴょんぴょん飛んでいた。 こういう何気ないシーンが生々しくって好き。

    L'Arc-en-Cielと書かれた大きな帆がするするするっと張られて、船は出航。 ゆらゆら激しくうごめくライティングに、風になびかれ、大きく揺れる旗。 花道では骸骨に成り果てた海賊がうろついていたり。

    ハンドマイクで姿勢を低く保ったまま、周辺をふらふらと徘徊、時折上目遣いで歌うhyde。 海風に吹かれる姿形がなんとも美しい。 よくわかんないけど、なんつーかね、完璧です。

    ♪Let Down~ の英語詞のところ、今まではもっと搾り出すような声で歌っていたと思うんだけど、 今回は緩ーい感じで…もっと言えば、喘ぐような感じ(恥ずかしいので無駄に漢字変換)で歌ってるのね。 このバージョンのほうがエロさアップー。 イケイケガンガンなサビとの対比が面白い。 サビはサビで、目を見開いたり、手を使って激しく訴えてみたり、ターンしてみたり、とにかく世話しなく動いてちっとも客を飽きさせない。 こういうのって計算してやってんの? それとも自然とこういう魅せ方ができるの? パフォーマーとして100点満点ですよ。


    08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム2…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | L'7 -Trans ASIA via PARIS- | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。