L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    1+1+1+1≠4

    kenちゃんが6月19日(金)大阪 なんばHatchでのソロライヴで、私のこよなく愛する曲Lover Boyを演奏したとよそ様のブログで拝見して、悶絶。いてもたってもいられず、今回の記事を書くことにしました。はい、今日はLover Boyが収録された9作目アルバムSMILEについてです。

    このアルバムが大好きな人は以下読まないほうがいいかもしれません^^;

    SMILE

    SMILE

    L’Arc~en~Ciel
    9th Album >>商品詳細を見る

    品番 : KSCL-678~KSCL-679(初回限定盤)
         KSCL-858(通常盤)
    発売日 : 2004年3月31日
    定価 : \3,200(税込)初回限定盤
        \3,059(税込)通常盤
    初回出荷のみIDナンバー入りフォトカード封入
    2000年8月発売の「REAL」以来となる、待望のオリジナルニューアルバム登場!! シングル「Spirit dreams inside」「READY STEADY GO」「瞳の住人」を含む全10曲。

    収録曲 (収録時間 : 45分)

    01. 接吻
    words : hyde / music : ken
    02. READY STEADY GO
    words : hyde / music : tetsu
    03. Lover Boy
    words & music : ken
    04. Feeling Fine
    words : hyde / music : ken
    05. Time goes on
    words & music : tetsu
    06. Coming Closer
    words : hyde / music : ken
    07. 永遠
    words & music : hyde
    08. REVELATION
    words : hyde / music : yukihiro
    09. 瞳の住人
    words : hyde / music : tetsu
    10. Spirit dreams inside
    words & music : hyde


    1+1+1+1≠4…の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 曲、CD | コメント:1 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    夏といえばホラー。ホラーといえば花葬。

    月イチ更新ペースですっかり荒れ果てたこのブログですが、決してラルクのことを忘れ…(以下略)

    昨日今日はめちゃ暑かったせいで、なんとなーく花葬が聴きたくなって。本を読みながら花葬のシングルCDを延々とリピートさせてたら、やっぱりいい!んです(*TдT*) 青春時代に聴きなれた曲って、いつ聴いても、どんなに間隔開けて聴いても、鮮やかに蘇ります。んで今日は唐突に花葬話でも語りたいなぁと。


    花葬

    花葬

    12th single >>商品詳細を見る
    品番 : KSD2-1201 / KSCL-1032
    発売 : 1998/07/08 / 2006/08/30(再発)
    words : hyde / music : ken
    収録アルバム : ray
    試聴 : Sony Music / ビデオ視聴 : Sony Music

    花葬といえば一般知名度も抜群、間違いなくラルクの代表曲の一つだけど、当初はHONEYのカップリングでのリリース予定でした。確か、曲が良かったのでこれもシングルで出そう!ってことになった(と記憶)。もしも、そのままカップリングとしてのリリースだったなら、もしくは最近リリースされたシングルだとしたら、ここまでの代表曲にはなってなかったかもしれませんね。つくづく曲の運命も不思議なものです。

    この曲がミリオンヒットって、今考えたらすごすぎる(笑)

    この頃の世間はどうかしてたね(笑) だって…死んでいく歌だよ!? みんなが大ー好きな、愛だの恋だの夢だの希望だの一切歌ってないよ!?

    ♪瞳 あけたまま 腐食してゆく身体~だよ!?Σ( ̄▽ ̄;)

    hydeは眉毛ないし、くねくねしてるし。歌い方気持ち悪いし。不協和音満載だし。オカルトちっくだし。ポップだけど世間ウケするようなメロディじゃないし。アップテンポでもなければバラードでもない、ミドルテンポの変な曲。だけど一度聞いたら耳から離れない、強烈なインパクト。いくらヴィジュアル系ブームに乗っかっていたとはいえ、こんな曲がチャートの上位をうろうろしているのには、本人たちもさぞ痛快だったに違いない。

    個人的には、私の行った「ハートに火をつけろ!」の姫路公演で初めてライヴ披露された、思い出のある曲でもあります。姫路公演もちょうど春から夏に変わるこの季節の頃でした。

    花葬の曲構成って、ちょっと変わっててこんな感じ。
    頭サビ→1Aメロ1A'メロ→1サビ→間奏(英語語り)→2Aメロ→2サビ→間奏→Bメロ→3サビ×2

    私は、この3回繰り返されるAメロが大っ好物で。
    ポイントはギターのフレーズが3箇所全~部違うとこ!
    なもんで、ライヴではいつもkenちゃんに注目してしまう。
    特に私のお気に入りは2回目のAメロ(1A'メロ)。一番ふわふわ酩酊状態になれるから( ̄▽ ̄) hydeのボーカルに呼応するようにメロディをかき鳴らして、遠くで鳴ってるのがたまりません。

    この曲はベースも大好物! 途中途中でしつこいくらいぶりっぶり(←特に♪生まれ変わりの痛み~ のとことか・笑)なのがいいよ。あれだけぶいぶい言わせといて、きちんとグルーヴがあって、こっちはベース聞きながらゆらゆら体を揺らすことができるってのがすごい。

    花葬のドラムが嫌いって人聞いたことないね。yukihiroドラム好きなら、左右交互に刻むこの16ビートは絶対ツボだもん。ライヴ映像だと最後の両チャイナシンバルがしゃーん(叩いた後の腕は交差)も必須。yukihiro斜め後ろからのこのシーンがあると、これだけでよくわかんないけど満足できます(笑)

    と、ギターもベースもドラムも大好物と3拍子揃った花葬だけど、hydeのナルっぽさ爆発させた歌がないと意味がない。この4人じゃないとできない曲だと思います。ミリオンヒットになったのは腑に落ちないけど(笑)、11年経った今でもラルクの代表曲の一つには間違いないです。

    ラルク側もそう考えているのか、ここぞというときに花葬をセットリストに入れてくることが多いよね。具体的にはアメリカライヴとかアジアライヴ(メドレーだっけ?)とかパリライヴとかTHE ROCK ODYSSEYのときとか。面白いし、個性的だし、和風テイストだし、特にアウェーでアピールしておきたい曲なのかもね。

    あ、そういえば…この曲の歌詞の意味は考えたことがない。hydeはなにか伝えたいことがあるのかもしれないけど。聞こえてくる言葉からそこはかとなく美しさと不気味さを感じ取れれば、私はそれでいい気がします。雰囲気重視の歌詞かなーと。

    GRAND CROSS TOURのときのように、もう一度夏の夜の野外で聴きたいな(´ー`)


    ちょっと話は逸れるけど、花葬を聴いて思い出したのが、UKのロックバンドMANSUN。とっくに解散しちゃったけど結構好きでした。全盛期の頃とか、「ラルクは日本のマンサンだ」とか雑誌が言い出したりしてねー。どちらもボーカルが超ハンサムという共通点がありました(そこ?)

    マンサンもメロディがわかりやすくて、ストリングス使ったり、打ち込み使ったりだとか、ボーカルがファルセット使ったりとか。でも曲自体は実験的なことをやったりだとか。当時のラルクがだいぶUKよりのサウンドだったりもして、共通で聴いていた人も多かったなぁ。

    メロディアスだけど酩酊感たっぷりのダウナーな曲。ゆらゆら揺れるスーツ姿のボーカル。第三者から見たらナルシストっぽく見えるパフォとか(笑) 今見てもやっぱり似てるかも↓
    Mansun - She Makes My Nose Bleed

    Mansun - Stripper Vicar
    snow drop頃のhydeみたいだよね(*´д`*)(多少強引なのは認めます) UKサウンド万歳!

    バンド解散してからなにやってるんだろう、とネットで彼らを検索したらポールのマイスペを発見。
    がーんΣ(゚д゚lll)
    すっかりおっさんになってる…_| ̄|○

    …hydeは頑張って!(笑)


    ***参考***

    SIXSIX
    (1998/08/26)
    マンサン >>商品詳細を見る
    1stアルバムもいいんだけど、この2ndが一番好きです。

    夏といえばホラー。ホラーといえば花葬。…の続きを読む
    別窓 | 曲、CD | コメント:5 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。