L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    10/06/27 VAMPS LIVE 2010 BEAST @ 高知BAY5 SQUARE

    注:VAMPS基礎知識はゼロに近い人間の感想です、痛々しい内容はほほえましく見てください

    大満足 のライヴでした。
    前回のZEPP大阪よりも好印象でした。
    行けてよかったー。


    前日も参加していた相方のSさん曰く、昨日はどしゃぶりの大雨でとにかく悲惨で大変だったとか。今日は蒸し暑くて不快だけど曇天模様でなんとかセーフ。Sさんと6時30分ごろ会場に着き、まずはグッズ売り場に向かいました。会場限定品もあって、グッズの品揃えはかなり充実してます。今回は欲しいものは特になく…何も購入しませんでした。そうそう、ポイントカード制には驚き。50000以上ポイント貯めればグッズと交換できるらしいけど、最低5万円以上の買い物をしなければいけないのかな? すごいなー。

    そして入場。入り口が数箇所に分かれていたので、Sさんと私で別々の係員のゲートでチケットチェック受けようとしたら、係員に「同伴者チケットの方は本人様と一緒に入場してください」と言われました。すごいチェック体制だ…。Sさんは本人確認用として免許証とファンクラブ会員カードをチケットと同時に提示。うーん、徹底してます。Sさん曰く「昨日は同伴者と本人は一緒にって言われなかったけど…」と不思議がる。昨日になにかトラブルがあって厳しくしたとか? それとも日によって?人によって?入場時間によってチェック網に違いが?


    まず驚いたのが、
    hydeが 金髪 になってた!Σ(゚Д゚;)
    照明が当たってみると白金に近かった。

    髪は長めでバラバラで、遠めには、
    "スタイリング前"のFF7主人公 みたいだった。

    cloud-portrait.jpg

    ←参考画像: 設定年齢は21歳の青年らしいですね。アラフォーhydeを見て彼を思い浮かべてしまうのだからファンの目は狂っています。いや、純粋にhydeが若いってことにしておこう。特に横から見た感じが似てた。


    今日は、Ju-kenさんの誕生日だったらしく、誕生日サプライズもあり。
    hyde「狙ってんじゃないの?」とのセリフは、去年もju-ken誕生日ライブはあったということか。

    そういえば前回参加させてもらったZEPP大阪ではkazさんの誕生日でした。ええ、もちろん、どちらも 偶然 ですよ。

    入場時には「SEX BLOOD ROCK N' ROLLで2番を歌わずに、彼には内緒でハッピーバースデーを歌うのでご一緒に歌ってくれると嬉しくてたまりません」の紙を配るくせに、最初のMCで「今日はju-kenの誕生日」「サンキュー(39)」「最近服装がダンディになったね」などとさらりと話題に触れ、サプライズがないかのようにカモフラージュするhyde素敵すぎました(笑)、明らかにフェイント。芸が細かいぞー。

    100627_ju-ken_birthday

    フェイントが功を奏したのか、Ju-kenがセンターに来てスピーカーに登ってバンバン煽ってるときに、該当曲がピタリと止んで、「あれ?」となるJu-kenさん。もう絶妙なタイミング! が、その0.1秒後に事の次第を把握したらしい(やっぱり意識はしてたんだろね)。んで、Jinさんがキーボードでハピバ演奏始めて。Ju-kenさんはやられたーって感じで、歩いて下手側に退散してた。

    皆で気持ち良くハッピバースデイを歌った後、でっかいケーキが登場。ケーキに立てられた蝋燭を一気に吹き消したju-kenさん。その後しばし悩んだ挙句、なんとケーキの中に顔面をつっこんだー! んでケーキの表面を大きくかじって、観客側にケーキの破片を数回投げ込んでいた。自分の誕生日をここまで笑いにできるJu-ken、なんていい兄ちゃんなんだー(´;ω;`)

    その様子を見ていたhyde「さすがだね
    Ju-ken「(hydeの)目がやれって言ってた
    hyde「君は(俺のことを)勘違いしているよ

    そしてJu-kenさんから皆に一言。「今日、この世で最高の誕生日を迎えることができました。VAMPSの皆、スタッフ、ファンの皆、ありが・・・」(´;ω;`)ブワ
    すごいタイミングで喉をつまらせ、ステージから退散するんだもんね。
    ファンのみんなは「ju-ken!!!!」連呼で感動を呼びました。


    そうそう、hydeが自然な関西弁をしゃべってたー。「また高知にこなあかんなー」とかもそうだけど。「一緒に逝こうぜー」と言った後「いやん」と言ってみたり。ラストら辺の曲で煽ってる最中に噛んでしまってたじたじになった後、自分で「なに言うとんねん」、んで、早口で滑舌良く言い直してみたり。一人ツッコミ が自然とできていたのが非常に評価高いです(笑) 地元の友達とか実家に行ってたりしたのかしら。それとも意識してたのか? でもここは四国だし。わからん。


    時間切れです、また思いついたら書きます。
    しかし、なんてまとまりのない文章だ…(苦笑)


    スポンサーサイト
    別窓 | VAMPS 2010 LIVE BEAST | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    突然ですがVAMPS高知に行くことになりました

    やっぱりね。

    hydeがせっかく海渡って来てくれるんだもんねー。

    四国民としては温かく出迎えて、応援したいよね\(^o^)/

    という不純な?動機での日曜参加ですので、当日はファンの皆さんの邪魔にならない位置でまったり観ていようと思います。

    予習でDEVIL SIDE聞いていますが、この曲はCOUNT DOWNに似てるね。カップリングはモトリーのLIVE WIRE。ソロ初期から披露してきた、そして当時は自分の曲より上手いじゃないかという評判高かったモトリーカバーがついに音源化ですか。CDではVAMPS風味に、けだるくセクシーかつ軽快に仕上がっていてさすがですね。

    も一つ予習中のANGEL TRIPは、(私が思う)VAMPSのイメージとは若干離れてます。セクシー要素薄い。夏っぽい。明るい。スポーツ飲料のCMとかに合いそう。サウンド面では言うことなしです。聞き応えありますね。KYUKETSUはデスメタル風、これはライヴで盛り上がるだろー。hydeのデス声もいい感じだこと。当然ライブでは披露されますよね?

    というわけで今回のLIVEの注目ポイント。

    hydeのデス声 (CDでは1分20秒辺り)

    楽しみにしてるよー。


    突然ですがVAMPS高知に行くことになりました…の続きを読む
    別窓 | VAMPS 2010 LIVE BEAST | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。