L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    歩き出す僕たちにあたたかな雨が降りそそいでいた

    えータイトルの"あたたかな" です。

    メンバーおよびスタッフ・関係者の皆さん、アリーナにいた皆さん、およびスタンド前列の皆さん、リアルに風邪引かないようにケアしてくださいね。

    溜りに溜まった20年分の雨一斉に祝福してくれましたよ(;∀;)

    ララルララ~♪ ララルララ~♪ ララルララ~♪
    これで後20年は野外で雨に遭遇することはないかも。
    豪雨の中20th L'Anniversary Liveに参加できて本当によかった! 楽しかった!
    こうしてまた思い出の一ページに加わりました。
    20110529_lAnniversary_tapes.jpg
    右は濡れた品々をソッコー乾かすの図→
    テープは運よく1日目2枚、2日目2枚で計4枚ゲット、まだあったんですが残りは隣近所で取れてない方にあげました。持ち帰ったものも3枚は来られなかった友人に譲る予定です。2日目大活躍のセパレートタイプのレインコート、なにやら白いものがこびりついてますが、BLESSのときに大量に舞った紙ふぶきの一部です、決してゴミではありません。紙ふぶきに触れた途端、紙がぶよぶよ・ぐちょぐちょになるもの悲しさ…。

    そうそう、勝手に歌詞引用しちゃいましたが、snow drop"フル"(←ここ重要)演奏してくれました!いえーい! Bブロックでキャーキャーはしゃいでた女二人を目撃した方は、私の確率が高いです(笑) HEAVEN'S DRIVELOVE FLIESsnow dropの流れは夢のようじゃった…。 花葬浸食のラインもやられたー。 事前に願望書いて、マジで披露されたまさかの風の行方泣きませんでした(笑)、ギターのイントロ聴いたときには、ぐっときました。
    っと、だらだら書くと長くなりそ。

    20110529_lAnniversary_memo.jpg 移動中にメモで思ったことを殴り書きしたので、そのうちレポにはするかもです。
    相変わらずきったねー。すでに解読不能…。



    改めまして
    ラルク20周年おめでとうございます
    今日(5月30日)でハタチになりました。


    ナタリーさんはお仕事早いですねー。素敵♪
    ■ 5月28日のレポL'Arc-en-Ciel味スタ感動の初日「止まない雨はない」
    ■ 5月29日のレポL'Arc-en-Ciel結成20周年ライブ、2日目はヒット曲連発


    スポンサーサイト
    別窓 | 20th L’Anniversary Live | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    Your Bluyry Eyes♪←最近聴いてない気がするヽ(`Д´)ノ

    ついに20th L'Anniversary Liveまで一週間切りました! ここにきてラルクの歴代楽曲の復習も急ピッチ。そんな中、私のチケットも無事届きました。今回のお席は、会場座席解説サイトで確認する限り、
    20110528_lAnniversary_memorial_ticket.jpg
    28日(土)がスタンド花葬下層のtetsu側後方、
    29日(日)がBブロックkenちゃん側、

    のようです。ken側・tetsu側、アリーナ席・スタンド席と、両方バランスよく楽しめそうです。座席は前に越したことはないけど、15th L'Anniversary Liveではどの席でも楽しめた(むしろAブロックな1日目より2日目後方スタンドが楽しめた)経験から、今回もあまり席についてはこだわりないかな。精一杯楽しむだけです。

    しかしこのメモリアルチケット、キラキラゴージャスなのはいいけど、いかんせんサイズが大きすぎる…(´ヘ`;) 遠方からの保管・運搬には細心の注意が必要です。変に折り目もつけたくないし、野外雨対策にクリアファイルにでもしまっておかないと。ってなると、大きめバッグが必要になるし…。手軽なかごバッグで行く予定が変更になりそう。まだ雨でぐしょぐしょになるのはマシかー。うっかり半券なんぞ切り離した日にゃ、悲劇まっしぐら Σ(゚д゚lll 気をつけよ…。

    いかなる場合も、切り離し無効となり、切り離したチケットをお持ちいただいてもご入場できませんのでご注意ください。(LE-CIELより)

    そうそう、今回、チケにメンバーが堂々と写ってるのにびっくりしたよー。私の知る限り、ファンクラブチケットでも今までなかった気がします。スペシャル感満載です。ちょうど、ネズミベストがリリースされたときに、CDレーベル面にメンバーのガンたれ写真があって、「ずいぶん思い切ったなー」と感じたのを思い出しました。

    チケットの話はこれくらいにして。
    後は20周年ライヴ願望垂れ流します。
    新曲の話は後回し。ってか、今度のライヴでやるよね。


    1日目(1991年-1998年ゾーン)のdrunk_butterfly的見どころ。

    yukihiroが昔の曲をどのように料理するか

    いやもう、この日はこれにつきますね。
    hydeが短髪のため、お姫様コス披露が望み薄とあってはますます。 この日は双眼鏡でもドラムさばきが見られないほど後方の席なのが悔やまれます。 15周年ライヴがかなりレア曲を引っ張りだしてきたので、20周年も否が応でも期待しちゃいますよね。どんな曲が来ても驚かないぞ! "想定外"はありません。
    たとえ夜想花が来てもどんと来ーい! くらいの気概でいます。(復習済)

    この日に演奏して欲しい曲を一つだけ挙げる(いーーーーっぱいあるけど)とすれば、

    風の行方

    15年ぶり(BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND以来)に聴いたら泣いてしまうかも。


    2日目(1998年-2011年ゾーン)のdrunk_butterfly的見どころ。

    セットリスト

    このゾーンはラルクがブレイクしてからのもの。シングルリリース数も1日目とは比較にならんくらいに多いし、ヒットシングルも多数。ともすれば、人気シングル並べるだけで終わってしまう可能性もあるわけです。先日の元旦ライブのように。レア曲ばかりやっても記念ライヴにふさわしいとは言えないし、ライヴ定番曲やヒット曲ばかりやっても記念ライヴにふさわしいとは言えない。すごくバランスが難しそうなこのゾーン。お手並み拝見です。

    この日に演奏して欲しい曲を一つだけ挙げる(いーーーーっぱいあるけど)とすれば、

    ROUTE 666

    なぜこの曲がアルバムツアーでしか披露されていないのか甚だ疑問。身を振り乱してのりながらも、ベースガン見だろうなー。大好物です。


    別窓 | 20th L’Anniversary Live | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨

    kenちゃん確変

    今日はラル親友Y嬢と開いたDVD鑑賞会での感想を書きます。

    見たのは以下の二つ。
    TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)
    ★TWENITY BOX特典DVD
    1. VICIOUS PRESENTS Because the Night '93 Digest ~ Oct.19,1993 渋谷公会堂 ~
    2. L'Arc~en~Ciel LIVE Digest of 20 years
    3. L'Arc~en~Ciel TV Spot Collection

    FIVE LIVE ARCHIVES 2 [DVD] ★FIVE LIVE ARCHIVES 2
    DISC.5 TOUR 2008 L’7 ~Trans ASIA via PARIS~ Jun.08,2008 京セラドーム大阪


    この二つをチョイスした理由は、
    ラルクの歴史が一番わかるから。

    そうなんです、この二つのDVD、正規品としては2011年5月時点で観ることができる最も古いライヴ映像(1993年10月19日)と、最も新しいライヴ映像(2008年6月8日)なわけです。それが一か月程度の短いインターバルで相次いで発売されるのだから、ファンとしてはほくほく。ビバ20周年!といったところです。まぁどちらも財布には厳しいプレミアム高額商品ですが。とほほ。

    最古・最新ライヴ映像に加えて、特典DVDにあるライブダイジェスト&歴代CM集も手伝って、この2枚を見るだけでラルク20年の歩みがつぶさにわかります。というわけで、ニコニコ笑いながら感想言いたい放題、だらだら酒を飲みつつ肴つまみつつの楽しい「ラルクの歴史を振り返ろう」鑑賞会となりました。

    まずはBecause the Night '93から。
    インディーズ時代後半のライヴ映像ですね。最初の感想は、hyde若っ! でした(そこ?)。い、いや、今も驚異的な若さを保ってらっしゃると常々思っておりますが、18年前の映像見るとやっぱり顎のラインとか首筋とかね…まじまじと見ちゃいましたよー、すみません。

    しかし、結成してまだ数年かそこらなのに、この圧倒的な存在感と世界観はなんだろうね。アマチュア離れしとります。今とは形が違いこそすれ、この頃からすでにラルクとして完成されています。4人とも個性があっていいなー。

    と、貴重なDUNE時代の映像をDVDに残してくれたのは大変有難いのですが、残念なのは「ダイジェスト」の名の通り、収録3曲とも途中でぶったぎられるところ。しかもいいところでプツンと切れるんだよこれが。特に私のShutting from the skyの扱いといったら!
    Y嬢「あーシャッティング~いいよねー!
    私「私も大好きー!
    Y嬢「復活させて欲しいよねー
      ところどころに入るドラムのダカダカダカがいいわー

    私「うんうん!
      この曲、ラストが特に好きなのー
      サビ連続の上にギターがイントロと同じになって声が重なって。
      そうそうここから…

    (絶妙なタイミングで曲が途切れる)
    Y嬢、爆笑
    …悲しすぎるぞー。

    このライヴ、テレビ放映分には3曲ともフルで流れていたと記憶、が、今更VHSをひっくり返して見るのはしんどい。次の20周年Liveでインディーズ時代の曲をどこまで演奏してくれるかは不明ですが、かーなーり期待してます。なーに、15周年でI'm in Painを演奏した人たちならShutting from the skyはできるはずだ! その時はドラムに注目します。

    LIVE Digest of 20 years
    1991年から2008年までのダイジェスト映像。特に後半はかなりいろんなライヴ映像から広く浅く引っ張ってきている模様。シングルはもちろん、その当時(ツアー)でしか演奏していない曲目もあったりで、「あーこの曲もあったなー」とか、「この曲演奏して欲しい!」とか楽しめました。注目は、4人(いや5人、いや7人か)の変化っぷりとkenちゃんの笑顔の有無ね。曲によってツアーによって百変化するhydeには脱帽!です。

    特に見てて再発見だった曲が、Secret Signs。これ今のラルクで演ったらすんごいエロティックになるんじゃない? 大人の魅力満載でやばいことになりそう。なーに、15周年でmetropolis、L'7でTHE NEPENTHESを演奏した人たちならSecret Signsはできるはずだ! その時はドラムに注目します。

    TV Spot Collection
    1994年からの2010年までのCM集。TV放映分とネット放映分と。今まで苦労して手間かけて自力で録画収集してきた人の苦労を水の泡としてしまう、素晴らしいコンプ率です(一部未収録もあり)。まぁBOSSとかペプシとかは入ってないからそこまでじゃないか。

    1998年から2000年までのCMは力入ってるなー、何本あるねん! 内容がシュールでいいなぁ。逆に最近のはプロモバージョンばかりでありきたり。昔みたいにお金をかけられるわけじゃないから仕方ないのかな。

    最後にTOUR 2008 L’7 ~Trans ASIA via PARIS~
    L'7ツアー最終日、私も参加した京セラドーム2日目の映像。私の中では15th L'Anniversary Liveと同じくらい楽しめたL'7ツアー最終日の大阪。間違いなくこの日はDVDになると確信していました。しかーし! 蓋を開けてみれば、ツアータイトルを冠したDVDとして出されたのは東京ドームの方。知ったときはちょっとがっかりしました。でもこのL'7 DVDは素晴らしく何度も見ました。最も多い頻度で見たLIVE DVDの一つとなりました。

    そして、今回のFIVE LIVE ARCHIVES 2でめでたく大阪最終日が収録されたわけですが。DVDで鑑賞すると、ツアータイトルの入ったDVDとして東京が選ばれた理由がわかる気がしました(笑) どちらも盛り上がっていいLIVEには違いないのですが、東京のパフォーマンスは丁寧なんですよ、絵になるんですよ、カメラワークも東京が上。鑑賞用としてはこっちかなと。L'7ツアーの模範例というか。大阪は勢いがありますね。ライヴ感たっぷりです、悪く言えば雑。特に後半やばいです、壊れてます、最高に楽しいです。ホントに楽しかったなぁ…(思い出し中)。DVDに求められる要素と生で求められる要素は若干違うのかも。まぁ真の理由はファンから知りえようがないですが。案外hydeの右眉かもしれないし。

    yukihiroはキレてますねー自負するだけあります。大阪最終日は何が面白かったかって、一にも二にもkenちゃん!!!、パリLiveの再現、いやそれ以上でした。kenちゃんてば映り込むたび目が離せない行動してるんだもん、そのたびに「キャーーー!!!」です、女二人はしゃぎまくりました。kenちゃんの爆笑MCが割愛されていたのは悲しかったですが、十分すぎるくらいkenちゃんを堪能できました。特にREADY STEADY GO、大爆笑させていただきました。あんなにグダグダだったとは。振り切れてますねー突っ走ってますねーkenちゃんがまた大好きになりました。

    以上20年の歴史を見てきて、Y嬢と意見が一致したのは、
    kenちゃんはいい歳の取り方をしてるねーと(もちろん他の3人もそうですが)。
    年齢を重ねるほどますます魅力的になっていくってどういうこと!? 次のライヴもkenちゃんにゾッコン(死語)です。


    TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)
    (2011/03/09)
    L’Arc~en~Ciel
    大人な事情でリリースされたベストアルバム、買う買わないは自己責任で。
    商品詳細を見る

    FIVE LIVE ARCHIVES 2 [DVD]FIVE LIVE ARCHIVES 2 [DVD]
    (2011/04/06)
    L’Arc~en~Ciel
    意外と出るのが早かったFLA2、隠し玉であるはずのREINCARNATIONまで収録。いいの?
    商品詳細を見る

    TOUR 2008 L'7-TRANS ASIA VIA PARIS- [DVD]TOUR 2008 L'7-TRANS ASIA VIA PARIS- [DVD]
    (2010/03/31)
    L’Arc~en~Ciel
    何回見たことか…、ラルクの集大成なワールドツアーDVD
    商品詳細を見る

    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。