L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    プロモ失格?Anemone

    今日はビデオクリップのレヴュー。

    Anemone
    監督ヴィンセント・ギャロ(Vincent Gallo)Anemone
    撮影時期2000年12月中旬
    収録CHRONICLE 2(DVD/VHS)
    ビデオ試聴なし


    ***概要***

    「Anemone」はベストアルバム「Clicked Singles Best 13」にのみ収録されている曲。シングルではない曲にビデオクリップが作られるのも珍しい。本映像は、正確に言うとプロモーションビデオではなく、PV集CHIRONICLE2のAppended Movie(付録映像)扱い。そのためか、音楽番組等で放映されることはありません(発売当時に朝の情報番組・CS音楽チャンネルで一部が流れたことはありましたが)。

    監督は映画「バッファロー'66」で一躍脚光を浴びた鬼才ヴィンセント・ギャロ。光沢ある黒で統一された映像は、他の作品とは一線を画すしっとりした美しさがあります。
    ギャロは真剣にバンドの美しさを閉じ込める作業に取り組んでいます。4人の配置ひとつをとっても、あえてkenとtetsuの位置を逆にしたり、座り位置や立ち位置、遠近感、全体のバランス…彼らしい徹底したこだわりが現れています。この映像ではhydeが一番背が高く見えるからあら不思議(笑)



    面白いのが、後半の間奏でhydeメインで映っているシーン。間奏なので、当然ボーカルであるhydeは頭振ってリズムとってるだけ。それをひたすらギャロはアップで撮り続けてます、その間なんと60秒
    歌に入ると、今度は逆にhyde以外を映すという、さり気なく大胆なコトをやってのけます。サビでフロントマンが映らないとTVでは放映しづらいので、演奏シーンを使うプロモでは普通はやりません。ギャロにはダブーや妥協や手抜きは一切ないようです。

    全体には、演奏シーンを一方向から撮り続けただけの至ってシンプルな映像ですが、ラルクのエロティックさ・セクシーさはこれでもかと存分にアピールされています。フェロモンぷんぷん。
    ただ、日本人が好む「綺麗さ」「美しさ」では決してないので、人によっては「エグイ」「キモイ」「意味不明」な印象を受けるでしょう。人物がアップになったときのざらついた画面も、綺麗に修正が施されたプロモを見慣れた人には違和感あるでしょう。

    見る人に曲を気に入ってもらうのが目的なのに、不快に思わせちゃあ意味がない。こうしてアネモネはいわゆる"プロモーション(販売促進)"ビデオとしては失格の烙印を押され、Apendded movie(付録映像)に"格下げ"されて世に出されることになりました。

    tetsuも後に「全然気に入っていない」と語っていましたが、個人的には照明の使い方・画面のざらつき・妖艶な女性…どこをとってもギャロらしい作品だと納得しています。ギャロ自身(※)のミュージックビデオ「Honey Bunny」(2001年)の世界にも近いです。ここまで読まれた人ならすでにお分かりでしょうが、私はこの映像が大好きです(笑)。
    (※ギャロは音楽家としても非凡な才能を発揮。→参考:Vincent Galloオフィシャル

    もしも、ハニーやドライバーズハイ等、Anemoneとは真逆のアップチューンだったら、ギャロはどう料理してくれたんでしょうか。観てみたいですが…二度と彼が監督に起用されることはないんでしょうね。非常に残念です。


    ***参考***
    CHRONICLE2 / L’Arc~en~Ciel  Anemone収録のプロモ集

    Clicked Singles Best 13 Clicked Singles Best 13  >>詳細
    L’Arc~en~Ciel (2001/03/14)
    Anemoneの音源が収録

    When When  >>詳細
    ヴィンセント・ギャロ (2001/09/12)
    有名なテクノレーベルWARP(Aphex Twinらが所属)から発売。
    けど中身はどちらかと言えばプログレっぽいかも(笑)
    アナログで優しい音。オススメです
    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<Anemone サブアングル | L'Archives - ラルク書庫 | Anemone -君を愛す->>

    この記事のコメント

    突然すみません、アネモネについて調べていたらここにたどりついたのでコメントさせていただきました(*><)
    実は私もアネモネの映像が大好きで、最初に見たときからすばらしい作品だと思っています。
    なのに発表された当時はファンだけでなくラルクさんにまでも散々な感じに否定されてしまって・・・この感性の差には激しくショックだった思い出があります
    なんというか、自分が無意識にアネモネの曲に感じていたものを見せられた感じがしてすごくいとおしいんです。
    それはデ・キリコやモランディみたいな形而上絵画を見ているときの感覚にも似ていました。ラルクの本質を見ている気分です。
    アゲハさんのようにアネモネムービーを評価されてる方がいたことに感激です(*-∀-*)
    それを伝えたかったので・・・失礼しましたm(._.)m
    2007-03-03 Sat | URL | beko #9G3s1zc2[ 内容変更] | top↑
    Anemone映像良いですよねー私も最初見たときから気に入ってました(*´`*)
    ラルクの本質を見ている気分、なるほど。
    ただの演奏シーンなのに、ここまでさらけ出しちゃっていいの!?って感じがします。
    ギャロにはラルクがこう見えてるんだなぁ…とも。
    プロモ見る限り、ギャロはラルク気に入ったと思わずにはいられません(笑)
    2007-03-03 Sat | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。