L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール3

    長くなったので分けてます。

    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール1
      オープニング - hyde MC
    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール2
      メドレー後編 - ken MC
    ・08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール3
      DRINK IT DOWN(新曲) - 雪の足跡
    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール4
      hyde MC - ラスト セットリスト


    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール2の続きです。

    kenちゃんの紹介どおり、ここでyukihiro大先生作曲の新曲、
    デビルメイクライ4のテーマソングDRINK IT DOWNの始まりです。

    不穏なメロディから打ち込みドラムが入って、スパッとヘヴィーに始まる。このイントロがかっこ良すぎだよなー。「アルバムは最初の1曲目で決まる」と言ったのはyukihiro先生だっけ? それと同じじゃないけど、曲はイントロの20秒でほとんど決まる、と私は思う。

    演出的には、緑のレーザーがゆらゆらアリーナ席の後方を照らしていて妖しかった。ステージ上だけじゃなくて、会場全体を使って、レーザーや照明の演出が考えられているのよね。この曲以外にも、確かそんな演出がありました(砂時計だったかな?)。これだけは、アリーナ席にいたらわからない。全体が見渡せるスタンド席だからこそ楽しめる演出です。

    1番(かまたは2番)の最後、hyde「♪正気で~いられるっのっかぁっ!」と吐き捨てるように歌うところ、めちゃめちゃかっこいー(゚ρ゚ ) エロエロhydeも捨てがたいが、低音でなぶるように歌う危険なhydeも捨てがたい(笑)


    ギターの細かい入り方とかフレーズとか面白い! 1番と2番で違う動きをしたりとか。間奏のロートタム打ちもyukihiroらしくて好きなんだけど、スクリーンはこのシーンでyukihiro映してくれないんだよー(TдT)

    うん、いいねぇ~この曲( ̄▽ ̄) ゲームのトレーラー版で一部は耳にしたことがあったんですが、LIVEでようやくフルで聴けた。会場も新曲だというのに、さきほどのフュージョン効果か、ノリノリで迎えておりました。

    お次は、REVELATION
    イントロでは、hydeがスピーカーの上に乗って、片腕を高く振り上げ、天を指差します。そのシルエットが…完璧。スクリーンを見ていて、思わずうなってしまいました。

    後ろには館の映像。その館がだんだん崩れていくと、中から巨大なメンバーの顔(最初はhyde)が次々と現れます。まさに不思議の国のアリス風、理不尽な演出。しばらくして、パンっという音とともに左右の幕からは巨大な手と足が現れ、暴れてます。薬を飲んでアリスが巨大化する話がモチーフになってるっぽいです。

    昨日も同じ演出だったのに、昨日と今日とで顔のイラストが違います。なんで変えてきてるんだろ? 演出細かすぎ(笑) 昨日のほうが、より劇画チックできもいです。私は昨日のほうが好きかな。

    この曲で盛り上がらないはずがなく。hydeの取る音頭に合わせて、会場は元気に掛け声上げて、ジャンプしてノリノリでした。

    次は、Pretty girl
    底抜けに明るいリズムに乗せられ、会場はますますテンションアップ! 後ろのスクリーンには、何匹ものウサギがお揃いのツイスト・ダンス。これがかわいいんだ。

    hydeは下手(tetsu側)の参加席に向かって花道を上っていきます。つまり、kenちゃん側スタンドにいる私からは、hydeの後姿が丸見えなわけですが。腰を振ってプルプルと揺れるお尻がね、ごめんね、本当にごめんなさいっ(-人-;)
    ドナルド・ダックにしか見えないの(笑)
    hydeの腰振りもついにドナルド・ダックの域まで達したのねぇ(しみじみ)

    しばらく下手側の参加席で煽った後、hydeは花道を下ってきます。そして、「♪ドアを~叩き~やぶれ~!」の歌詞のとこでは、hydeは勢いよく空に向かって蹴り入れてました。おおっ!このフリはカッコイイ! 勢い良すぎて、半分回し蹴りみたいになっちゃってましたが、それはそれでカッコイイ(笑)

    サビの部分では、hydeは会場に歌わせます。 でも、ついついkenちゃんパートを歌ってしまう人、挙手!

    ♪ハグしてキスしよう~」のとこでは、hydeは「ぶちゅ~ぅ」という熱いキスをマイクにおみまい。音が卑猥でヤラシイってば。(←もちろんみな大喜び)

    それにしても、Pretty girlがこんなに聴いていて楽しい曲だったとは。「またハートに火をつけろ!」のときよりも断然印象が良くなった曲です。

    そうして、これ以上ない盛り上がりの中、これまたやってきたのはラルク屈指の萌え曲、Linkですよ。この辺は昨日と同じ曲順のはずだけど、全然っ空気が違う。今日は楽しすぎて、わけわかんなくなってくる。

    各メンバー、萌え行動は満載です。
    hydeが頭をふりふりしながら、全身を使ってのる様子には、「貴方はいくつですか」と問いたくなるよね。そうしてhydeはまたも下手側(tetsu側)の花道へ。(hydeって下手側に行く回数が多いよね) 今度は、参加席手前のバー?手すり?みたいなところに、ちょこんと座って歌ってます。

    昨日は参加席の人と触れ合いすぎて、参加席の男に襲われそうになったから(笑)、今日はその教訓からか、脇に男性スタッフを一人置いて、参加席の人と上手く距離感とって座ってました。参加席の人にとっては、hydeに届きそうで届かないもどかしい位置。
    Y嬢と「hyde学習したねぇー」と関心しながら、その様子を対岸から微笑ましく見てました(笑)

    上手側の花道に来ていたのはtetsu。
    tetsuがしばらくこちらに滞在して、ステージ方面に戻ろうとしたとき、途中でなんとkenちゃんが超笑顔で仁王立ち。両手を広げて、tetsuの行く道をとおせんぼ(笑) tetsuは笑って困ってました。しばらくしてとうせんぼは解除、tetsuとkenはすれ違いざまにタッチして通過しました。なんか微笑ましくていいなぁ(*´д`*) kenちゃんはここでようやくギター演奏再開しました。とおせんぼしている間はもちろん、全ー然っギター弾いてません(笑)

    このシーン、私には「とおせんぼ」に見えたんですが、お隣にいたY嬢には、
    kenちゃんがtetsuに「抱きしめてやるから、さぁ、飛び込んで来い!」に見えたらしい(笑) kenちゃんはどっちのつもりだったんだろ? kenちゃん、もし見ていたら、このときの行動の意図を教えてください(笑)

    その後、こっちの花道でスタンド席に向かって、kenちゃんは突然フュージョン! こっちは慌ててフュージョンのポーズっ! 焦ったー!!(゚Д゚;) 油断もスキもない。もう、お茶目だなぁー。

    hydeはhydeで、カメラ目線でキスしたり、途中でkenちゃんと背中合わせになったり(←これもかわいい)と、ホントにやりたい放題。最後までhydeは「飛んでくれー!」と会場を煽りながら、自分もぴょんぴょん飛んでました。

    ステージの人も会場のお客さんもすっごく楽しんでました。
    この空気まで来ちゃうとね、正直、
    演奏とかどうでも良くなってくるんだよね(笑)
    ひたすら「楽しいっ!」の境地。
    大満足の本編終了でした。

    さて、アンコール待ち。
    いつものように、座ってY嬢とそれまでの感想をおしゃべり。ウェーブはありました。今日は、アリーナ最前中央に仕切る人たちが5・6人ほどいて、彼女達が元気に掛け声を出してウェーブを作り出してました。相当慣れた人たちっぽかった。どおりで今日のウェーブはまとまりいいはずだ。しばらくして、アンコールの声もそろって、舞台は暗転。

    ジャイアン・スネオのウサさんコンビの声で、第2幕の始まりです。
    「奴らが来るよー!」
    「奴らって誰だー?」
    「奴らったら、奴らだよー!」
    「うわあああああ!!!!!」

    ここで、パンクアンシエルの登場。
    後ろのスクリーンはトランプ柄、やっぱり不思議の国のアリスを意識しています。yukihiroドラム前のステージ板が上がり、中から出てきたのはkenちゃんドラム。舞台下手から、続々とパンクアンシエルメンバーが出てきました。

    hydeは衣装チェンジ。昨日と同じ、トランプ柄のニット帽子をかぶって、パンクTに着替えてます。目には眼帯。ギターをガシャガシャやりながら出てきます。kenちゃんもパンクTに着替えてます。tetsuもお着替え、バックにユニオンジャック柄がついた大きめのシャツを着てました。yukihiroは変化なし。

    tetsu「こんばんはー!!!
       パンクアンシエルでーす!!!
       いくでー!!!
       ハニー!!!」

    昨日のFeeling Fineから変えてきました。今日はHONEYのパンクバージョン。何を隠そう、パンク曲の中ではHONEYが一番好きだったり。なぜって、yukihiroの「ワンツースリーフォー!」の回数多いし(←ちゃんとスクリーンに顔アップで映るし♪)、間奏でハイッハイッハイッハイッ!あるし、遊んでて楽しいじゃん。
    …その程度の理由なんですけどね(゚ー゚;)

    tetsuは歌上手だねぇー。パンキッシュかどうかは置いといて、声量もあり、丁寧に歌いこんでました。

    HONEYのテンポ、めちゃ早っ! kenちゃん、やるな。

    tetsu「次の曲いくでー!!!!!
       アーイ ウィーッシュ!」

    そして、2曲目は昨日と同じく、I Wish
    あ、やっぱり?(´・ェ・`) ややっ、がっかりしてるわけじゃないよっ! 決して言いません、夏の憂鬱のパンクバージョンが聞きたかっただなんて。季節柄、夏の夏の憂鬱よりは冬のI Wishだろうなとは思ってたけど、けど、スレイヤーもどきの夏の憂鬱、ぜひとも生で見たかったなー。kenちゃんツーバスで頑張るんでしょ?、よく知らないけど。yukihiroがカエルを踏み潰したような声で叫ぶんでしょ?、よく知らないけど。見たかったなー。

    おtetsuは、肩にマイクスタンドをのっけてました。そんなことして肩こらないの?(´Д`;) いいなぁ。見てるこっちが肩こりそう;(笑)

    途中でyukiパンクが座り込んでベースを弾いている!?
    が、しかし!
    私のいる席からは、ちょうどtetsuの陰になってて、見えねー!!!
    ユッキー!!!!!(TдT)

    っと!
    今度はyukiパンクがステージのぎりぎり端まで寄っている! MさんCさん、絶好の位置じゃないですか!(←tetsuとhydeの間くらいのアリーナ一桁列…いいなぁ) 昨日はそれほどyukiパンクに動きがなかったような…、今日が気分上々だったのかも。

    パンクアンシエルは終了。
    再びステージが暗くなると、雷鳴が鳴り響き、暗いお城と魔女の顔の映像が出てきます。魔女は判別不明な言葉を喋ってました。この映像が結構長く続きます。見てるほうは「まだかなー早く早く!」と急いてしまう感じだけど、ステージ裏ではパンク→ラルクのチェンジにてんてこ舞いなんだろなぁと想像しながら見守ってました。

    んで、始まった曲は…。
    シャーーーーーー」という音。

    まさかまさかまさかまさかまさかっ!

    で、kenちゃんの音で条件反射

    っぎゃーーーーーーーー!!!!!

    私の周りにいた人たち、突然耳をつんざくような悲鳴を上げて、すんませんでしたっ! 演奏曲を事前に知っていたY嬢は、そんな私の反応を見てにんまり(笑)
    くっそー!(笑)
    いや、事前にネタばらしされても、もっと嫌だけど!(笑)
    でもなんか悔しーい!ヽ(`Д´)ノ

    久々のfateですよ!・゚・(つД`)・゚・

    2004年のロックオデッセイ以来だよー!! や、もしかして他の日に披露してるかもしれないけど、少なくとも私が聴いたのは3年半ぶり!!(≧∇≦) 嬉しくて嬉しくて嬉しくて…
    演奏自体は覚えてない( ̄▽ ̄;)ゞ

    人間、舞い上がりすぎると、脳の機能…思考・記憶・視覚・聴覚etc…全てが停止してしまうようです。ひたすら聞き入っていたと思います。

    あ、でも、視覚で一つ覚えているのがhydeの服。たぶんアンコールからこの衣装だったと思うんだけど、赤と白の格子柄のTシャツに、赤のジャケットの襟みたいなのを付けていて、…なんつーか、正直、でした(笑)

    前から見ると、還暦の人がつける赤いチャンチャンコっぽい。
    後ろから見ると、紐で結ばれていて、マサカリ担いだ金太郎っぽい。
    ライブ前半の見目麗し貴公子hydeとの落差が…(ノД`)
    「はっ!こんなことを思うのは私だけかも!?((゚Д゚;) hydeファンに叱られる~!!!(>_<)」と思っていたら、hydeファンのCさんも後で同じこと言ってたから、まぁいいかと(笑)

    hydeは時たま「えー!? (゚Д゚;」って格好してくるけど、スタイリストの岡宮さんがいろいろ試して遊んでいるとこっそり思ってます。着せ甲斐あるもんねー(笑) hydeさん、赤のチョッキは次の曲との間に脱ぎ捨ててました。

    fateの演奏、やっぱり全然思い出せないんだけど;、すごーく感動したのだけは覚えてます。fateも前述の浸食と同様、長年のうちに私の中で聴き方・ノリ方が定まっている曲。一音一音、記憶と重ね合わせながら、その響きに、音に、歌に納得しながら、無心に聞き入っていたんでしょう。

    そうして、
    hyde「まだまだ行けるかー大阪ー!?
       アー!ユー!ファッキンレディー!?
    会場「きゃあああぁぁぁぁぁ!!!!!」
    といつもの煽り文句とともに、会場のテンションも最高潮に!

    ドタドタ始まったのは、READY STEADY GO
    今思うと、ダークで聞かせるタイプのfateの後で、ハチャメチャに明るいREADY STEDY GOって、ものすごい強引な感じもするんだけど。でも全然違和感なかったなー。むしろ、fateで感動的に盛り上がった空気が、READY STEADY GOで一気に爆発って感じ。

    花道の両端では、うささんとアリスが、色とりどりのボールを客席に打ち込んでました。昨日はスタンド席にもボールが降ってたんですが、今日はアリーナ席のみ。残念ー(´・ω・`) そういや、途中でhydeがボールを奪って、客席にぼんぼん投げこんでました。

    hydeは上手の参加席に近づいて、とうとうお客さんたちと触れ合い。参加席の人から頭をもしゃもしゃされて、カーリーな髪型はぐしゃぐしゃに。いいなー私もhydeの頭をくしゃくしゃしたーい!」と、ぎゃあぎゃあ騒ぐ、私とY嬢のラルバカ二人。で、この後、花道を下りながら、ふわふわ髪をかきあげて、整える様子もセクシーなのー(*´д`*) 髪をかきあげる仕草自体は公演中に何度かやってましたけどね。

    この辺になると、メンバーもお客さんもすっかり出来上がってましたねー。hydeのやることなすこと、全て「きゃああああ!」だもん(笑) 楽しかったですよ♪ で、こういう勢い重視な曲になると、必死に真面目に演奏するtetsu&yukihiroのリズム隊と、やりたい放題のhyde&kenペアのギャップが笑えます(笑) ホント、バンドとしてのバランスが上手く取れてるよなー。

    そして、大盛り上がりの中、昨日と同じく、
    Shout at the Devilに!
    これがチケット9000円分の演出だと言わんばかりのステージ前方&後方から一気に噴き出す炎がすごい。炎が熱い! ライトもすごい。ピカピカチカチカ、超高速でうごめきます。昨日を見て知っていても、やっぱりすごい。金のかけ方が(笑)

    yukihiro先生は激しいライトによって、またまた蒸発(´・ェ・`)、静止画のようにしか見えない。サビとラストのドラミングは絶対見たいのにー(´・ェ・`) メタラーkenはここぞと大暴れ。

    hydeはやっぱり今日のほうがノリノリだなー。曲に入り込みすぎてフリフリしすぎて、途中よろけてました(笑) 「真実の旗振りかざせ~♪」では、マイクスタンドを振り上げるお決まりのシーン。(昨日はやらなかった)

    最後は、炎がさかんに火を噴き、ドラムがドロドロドロドロ(←バスドラ)規則正しく高速で鳴り続ける中、赤い幕がゆっくり下りてきて、閉幕。この終わり方もすごく好きだ。横のスタンド席から見てるとね、この赤い幕とステージ下から出てくる炎が存外近くて、いつ赤い幕に炎が移らないかとひやひやしました。

    そして、いったんKISS劇場は終了。
    しばらくして、赤い幕の上にアルバムのジャケットにある、女性のシルエットと男性のシルエットが現れます。二つの影はだんだん近づいていき…やがて重なり…キス。会場は拍手で迎えます。この演出、昨日のアリーナ席から見たらちゃんとわかるんですが、横のスタンド席からではステージの赤い幕が凸型(中央が膨らんでいる)のために、綺麗にKISSしているようには見えないのですよ。そこがちょっと残念かな。

    そのまま静かに雪の足跡のイントロが始まりました。赤い幕は閉じたまま。左右のスクリーンに、hydeの横顔だけが映されます。パイプオルガンや弦の厳かな音をバックに、ぽつり、ぽつり、朴訥にささやくhydeの声。

    サビになると、ようやく赤い幕が上がり…そこに現れたのは、一面銀世界のステージ。スピーカーの上にも、段上にも、雪が降り積もってます。昨日も見てビックリしたけど、やっぱり改めて見てもすごい。演出の勝利だよなー。大阪城ホールが一気に、雪の世界に変化。hydeの声もウィスパー声から、声を張り上げる歌い方に変化、しっとりと大熱唱。途中からは雪もちらほらと降ってきて、感動的でした。ラスト近くのギターがボーカルに絡んで、またいいんだよー(TдT) いい曲だなぁとしみじみ。

    08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール4に続く。

    別窓 | THEATER OF KISS | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール4 | L'Archives - ラルク書庫 | 08/01/13 THEATER OF KISS@大阪城ホール2>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。