L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    Anemone サブアングル

    Anemoneネタがしつこく続きます。
    それだけ熱烈なAnemone好きということでお許しを(^^;

    Anemone (サブアングルVer.)
    監督HiguchinskyAnemone_sub01
    撮影時期2000年12月初旬 他
    収録CHRONICLE 2(DVD)
    ビデオ試聴なし


    ***概要***

    「Anemone」はベストアルバム「Clicked Singles Best 13」にのみ収録されている曲。そもそもシングルではない曲にビデオクリップが作られるのも珍しいのに、さらに2種類の映像が存在するってのがスゴイ。この頃のラルクがいかに映像を重視していたかを物語っています。

    こちらはPV集「Chronicle 2」のDVDにのみ、サブアングルとして収録されている映像。ゆえにファンからは普段「サブアングル」と呼ばれます(そのままやん)。メインアングルはといえば、ヴィンセント・ギャロ(Vincent Gallo)が監督した映像が収録されています。ここだけの話、ラルクサイドはギャロの作品があまりお気に召さなかったようで、PVとはせず「付録映像」としました。そのうえ、サブアングルにはこの映像を収録するという念の入れよう…よほどギャロの映像が気に入らなかったと見えます(笑)。



    サブアングルはドームツアーREALの東京3日目(2000年12月5日)のLIVE映像を中心に、レコーディング風景などをからめたもので構成されています。

    LIVE映像はhttp://LArc.yahoo.co.jp/(現在は閉鎖)でネット中継された日と同日のもの。(※映像のみで、もちろん音はLIVE音源ではありません)。

    REALツアーの東京ドーム公演は4日間もありましたが、新曲(Anemone)を披露したのは実はこの3日目だけ。新曲披露の基準はチケットがソールドアウトしていない公演のみという、客側からすれば非常に釈然としない理由でした。まぁ彼ららしいと言えばらしいんですが(^^;
    このツアーのhydeはアイメイクがやたら濃い。彼はこういうメイク好きだよね…。や、似合うからいいんですけど(笑)

    レコーディング風景からはL.A.の映像が散りばめられ、4人の他に、ストリングスアレンジを担当したJeremy Lubbock氏やラルク"第5のメンバー"、サウンドプロデューサー岡野ハジメ氏の姿もあります。

    編集に携わったのは、「花葬」「浸食 -lose control-」のプロモでもお馴染みのHiguchinsky氏。「サブ」とつくだけに、全体的に無難な仕上がり。監督の主義主張がほとんど入る余地のない映像なので、「Higuchinskyの作品」としてのコメントはしづらいですね。くせがない分、ギャロの映像よりこちらが好きだという方もいるようですが、やはり「サブアングル」は「サブ」な位置づけ。
    (※Chronicle2のクレジットでは名前を見つけられなかったのですが、ご自身のサイトで言及(http://www.voight-kampff.com/works/package/archives/cat_2001.html)されていますので、参考にさせていただきました。)

    別窓 | ビデオクリップ、DVD | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<06/10/13 Music Station | L'Archives - ラルク書庫 | プロモ失格?Anemone>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。