L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    06/10/13 Music Station

    13日の金曜日という晴れがましい日に、久々のラルクさんテレビ出演です。
    今日のミュージックステーションでなんと40回目の出演だそう。

    この日のMステの出演者はスペシャルということもあってかなり豪華。
    SMAP・B'z・ミスチル・あゆ・幸田クミ・コッコ…。
    華々しく煌びやかな中、hyde・kenはサングラス着用、黒尽くめで登場のラルク。
    イマイチ空間に溶け込めてないような(^^;)、…っていつもか(笑)

    この日の新聞のテレビ欄には
    ラルクも名曲披露
    とありました。

    ミュージックステーション公式サイトにあるブログ(10月10日付け)には
    今日は…L'Arc~en~Cielの皆さんが披露する曲について!
    出演者ラインナップをご覧下さい。
    実は…披露曲を”空白”にさせていただいております。
    これにはもちろんワケがありますっ!
    一言でいうと…”楽しみにしていて欲しい!!”という意向なんです。

    とはいえ、せっかっくここまで読んで下さった皆さんに…ちょっとだけボクの感想を。
    (披露曲の)音を聴かせてもらった瞬間、、、”えっ!コレが聴けるんだ!!!”と正直、驚いちゃいました。
    ファンの皆さんには、間違いなく耳馴染みのある名曲です★
    あと、3日間。待ってください!!
                 山本カズヒト(14:58)
    とあり、

    さらに番組のテロップには
    幻の名曲をテレビ初披露!
    L'Arc~en~Ciel

    とありました。

    幻の名曲まで言いますか(笑)
    これはもう、先日のシングル15枚再発のうちの、
    未発表シングルだった「the Fourth Avenue Cafe」っきゃないでしょう!

    こうして「the Fourth Avenue Cafe」だとばかり予想していた私、
    トークも無事終わり、いよいよ堂真理子アナウンサーの前フリ。

    堂アナ「皆さん、今夜はファンの皆様の間では絶大な人気を誇りながらも」
    よしっ!(←私の心の声)
    堂アナ「テレビでは披露されたことのなかったという」
    よしっ!
    堂アナ「10年前に発表された」
    よしっ!
    堂アナ「貴重なナンバーを披露してくださるんです」
    よしっ!
    このときラルクファンと思われる観客の歓声が上がる。

    これはきたんじゃないの~!(にやにや)

    が、

    堂アナ「すごくLIVEでも盛り上がる曲です、という風に皆さんおっしゃってました」

    はっ!?∑(゚ロ゚〃)
    LIVE!?

    (※the Fourth Avenue Cafeは10年間LIVEで披露されたことはない)

    なんだ…違うの…?ε-(´・`)

    タモリ「なんで?なんで今までやらなかったの?」
    堂アナ「アルバムに収録されていたという曲なんですね」
    タモリ「あぁ」
    堂アナ「それではラルクアンシエルで、カレスオブビーナスです」

    Caress of Venusじゃん!

    何気にTV初披露ではないけど…気にしないでおこう(笑)

    たまには昔の曲やってくれるのは嬉しい!
    けど、ドラムはどうするんだろ?
    Caress of Venusは前ドラマーsakura時代の曲なのに。

    なぜこれが問題になるかというと。
    生放送ゆえに、生演奏は難しいMステ。
    過去レッチリやミッシェル等、生演奏はごく一部の人に限られます。
    通常ラルクの場合、hydeは歌います(まれに口パク)が、楽器隊はアテフリ。
    つまり、yukihiroとsakuraでは同じ曲でもドラミングがかなり変わっているため、
    yukihiroはsakuraの叩くCD音源でおいそれとアテフリができないのです。

    さて、注目のイントロ。

    ドラムの音がyukihiroバージョンになってる!

    まさか、この日のためにドラムだけ録ったとか?
    だとしたら相当Mステに力入ってますよ、ラルクさんてば。
    やる気なさそうなフリして、実は一番やる気満々じゃないですか(笑)
    でもなんかTVのメドレー用にボーカルを録り直すジャ○ーズっぽい笑

    sakuraとyukhiro、全く違うタイプのドラマーだから甲乙つけがたいですが、
    ダンサブルでハウスなCaress of Venusに関してはyukihiroドラムが抜群に相性いい。
    この際再録でリリースし直してもらってもいいなぁ。
    ハイハットの16分打ちなんて、yukihiroの超得意分野だもんね。
    (機械のように正確かつ規則正しい硬い音に酔いしれるファン多数)

    歌になると案の定サングラスをはずすhyde。
    イントロで舌出したり、首を左右にフリフリ、お茶目です。
    Mステの良し悪しは前述の通り、全てhydeボーカルにかかっているわけですが。
    うん、この日は良かったんじゃないでしょうか。
    グランドクロスツアーを思い出しました(*'-'*)
    kenはAnemoneギターを手に機嫌良さげ。
    tetsuもクマは目立つものの、元気にぴょんぴょん跳ねるスタイル。
    yukihiroも至って忠実にドラムに向かっていました。

    予想は外れたけど、結論、Caress of Venusが聴けてよかった。
    見終わった後、アルバムの「True」を引っ張り出したのは私だけではないでしょう。

    ***参考***
    True True
    L’Arc~en~Ciel (1996/12/12)
    Caress of Venus収録の4thアルバム
    ラルクの方向を決定付けた中期の傑作

    1999 GRAND CROSS CONCLUSION 1999 GRAND CROSS CONCLUSION
    L’Arc~en~Ciel (1999/12/01)
    Caress of Venus収録の野外LIVE映像
    Mステで披露したのとほぼ同じyukihiroドラムが見られる

    別窓 | TV | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<Mステ40回出演の謎 | L'Archives - ラルク書庫 | Anemone サブアングル>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。