L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム1

    都合により、先に最終日から更新します。

    L7_20080608.jpg

    2008年06月08日(日)

    昨日朝時点では、
    6/7(土)大阪 晴れ
    6/8(日)大阪 雨70%
    という天気予報。

    しかし、土曜のライブ後に降った小雨がどうもその日曜予報分だったらしく、肝心の日曜日はとても雨など降りそうにない晴れっぷり。最終日に相応しい天気となりました。晴れは晴れでいいんだけど…蒸し暑くて不快度アップ、今日の気候はすっかり日本の夏。外にいたらいたで太陽に焼かれるし、京セラドーム内も人が多いせいもあって、とにかく蒸し暑い。空調けちんなー!ヽ(`Д´)ノ

    私はいつものラル友Y嬢とともに、14時30分ごろ京セラドームに到着。 まずは場外グッズ売り場に向かいます。 昨日よりは売り切れ少ないだろうと予想していたら甘かった、なんと3分の2以上がすでに売り切れ。 昨日売り切れていた星ゾライトはありましたが、お目当ての一つだったバゲージテープは売り切れ。。。 今回のグッズはかわいいのが多いもんねぇ。 どのアイテムももっと数用意しとけば良かったのに、もったいないなぁ。 買えなかった人たくさんいたと思うよ?


    この日も何人かの方々にお会いしたのですが、前回の記事「天国と地獄」に書いているのでここでは割愛させていただきますm(_ _)m 印象的だったのは、中国の方で現在日本留学中の赤い瞳さん。 ドーム内のマックでお会いしたとき、台湾のご友人と一緒にいました。 その台湾の方は、台湾在住。今回のライブのためにだけ来日して、ライブが終わったら帰るそうな。 しかし、昨日のチケットは入手できたものの、今日のチケットはなんと入手できなかったらしい。 「今日はグッズだけ買いに来たの…」と、たどたどしい日本語で涙を浮かべながら言うではありませんか! なんと切ない・・・(TдT)

    確かに、今日はドームまでの道のりで、 「チケット譲ってください」の人は結構見たけど、「チケット譲ります」は見なかったな…。 でも、昨日ライブ後の時点では「明日のチケットあるよー数に限りがあるのでお早めに」の当日券アナウンスはあったよ。 もう売り切れちゃってるの!? (´Д`;) ドームなんだから、チケットの一枚や二枚、なんとかなるはず!(`・ω・´) よしっ!
    まずは当日券チェックだぁー!!!

    ここからの行動は無我夢中でした。 いったんドーム外に出て、Y嬢に事情を話して、二人でいざ当日券売り場へ! 「ジャンピング禁止」のプラカードを持った兄ちゃんから当日券売り場の場所を聞き出し、ひたすらダッシュ! そして売り場に駆け込み、
    私「当日券ありますか!?」(はぁはぁぜぇぜぇ)
    売り場の女性「ありますよ」(あっさり)
    私&Y嬢「やったーーーー!」ヽ(≧∇≦)人(≧∇≦)ノ
    こうして入手した当日券。スタンドながら意外といい席でビックリしたんだけど、これが噂の追加席というものか!? で、当日券1枚 1万円(高っ)を手に、再びマックで待つ瞳さんと台湾のご友人のところにダッシュ。 彼女は「ありがとうありがとうありがとう」(日本語)と泣いて喜んでくれました。 その様子に瞳さんや私までもが、もらい泣きです(´Д⊂ わざわざ台湾から来て、最終日参加できないって辛すぎるよぉ。なんとか参加できて良かったよぉぉ!(*TдT*)

    表にいる「チケット譲ってください(ただしアリーナA・B・C席)」紙持った人とか
    ネットにごろごろいる「チケット定価以下で売ってください>< 切実です!」とかね。
    セコい!
    そういう人たちに彼女の爪の垢でも煎じて飲ませたいよ(ノД`)

    でもね、彼女が当日券売ってるの気づかなかったのも無理はないと思う。 そもそも大々的に当日券を宣伝してなかったし。 そして自分が逆の立ち場だったら、と思うと…フランス語や韓国語で「当日券売り場はコチラ」とか掲示されてもね、わかんない(爆) ラルクもせっかく世界ツアーしてきたんだから、グローバルにファン増やしてきてるんだったら、 せめて看板に英語つけるなり、中国語・韓国語つけるなり、海外の方に配慮してもらいたいもんです。 同じラルクが好きでも、日本と海外とじゃあまりに格差がありすぎると感じた出来事でした。

    で、そのままラルク4人の手形を拝見して会場入り。
    今日のお席は、ほぼ中央のアリーナBブロックの前方。 前にある(アリーナA後方にある)カメラが微妙に邪魔くさい位置で、なんかやだなーと思ってた。 でも開演しちゃうと、カメラの動きは全く気にならず、結果的には無問題。 「アリーナB○」とか書かれた看板も視界を遮ってて邪魔だなーと思っていたら、こっちも開演時間直前になると、 するすると下に下げられ、一安心。 待ち時間にきょろきょろ見渡すと、2階に空席が目立った昨日と違って、今日は2階までほとんど埋まってました。 アリーナ上空には、移動用カメラのレールまで設置されてます。 昨日はなかったはず。 ってことは、今日のライヴがメインで映像化されるのかな。

    今日は開演15分押しの、17時15分に客電落ち。 暗転した途端、みんなが持っていた星ゾライトが一斉に輝きを増して、すんごく綺麗なの!(*TдT*) 昨日も綺麗だったけど、昨日の比じゃないですね。 「きれーい…」と思わず、ぐるっと周りを見渡しましたよ。 アリーナから見てもこれだけ綺麗なんだから、スタンドから見たらもっと綺麗だったろうね。

    daikoukai_jidai.jpg

    そして、ステージを覆っている白い幕には昨日と同じく、帆船が大海原を航海するCG映像が、雄大な音楽とともに流れます。 途中嵐にあったりしながらも、船はぐんぐん進んでいきます。 なんかゲームの大航海時代みたいな感じ(笑) (←参考:大航海時代の1シーン)

    やがて、船の甲板に黒のフードをかぶった人物が。 フードをとると、なんとyukihiro!
    会場は「きゃああああああ!」
    続いてtetsu、斜め45度上の虚空を見つめています。
    会場は「きゃああああああ!」
    お次はkenちゃん、グラサンかけて風に吹かれて激渋っ。
    会場は「きゃああああああ!」
    最後にhyde、黒のハットを深くかぶり、黒の眼帯着用。 そんで自分の人指し指を舌でべろーんとなめて、上空を指し示していますこの仕草は萌えポイントなのか、爆笑ポイントなのか非常に迷うところです(笑) もちろん会場は「きゃああああああ!!」ですけどね。
    世界地図は最後に日本へ、ラルク船はついに日本にたどり着きました。 白い幕の向こうには、4人の姿が。
    会場は「ぎゃあああああああああああああああああああああ!」
    最初から会場のテンションは高め。 いや、正確には私のテンションが高め(笑) 右隣の大人しめの女の子や、前列の大人しめカップルには限りなく騒音だったと思う、はしゃいですまんません(-人-;)

    だって、アリーナも端と中央じゃあ、全然直線距離が違うんだよー。 やばい!近ーい!! スクリーン全く見る必要なし! 端っこのアリーナAと中央のアリーナB、どちらかを選べと言われたら、たぶんこれからは後者を選ぶな。 また一つ勉強になりました。

    船が降りてきて(←実際にステージが降りてくるからすごいのだ)、ラルクが大阪ドームという港に降り立った瞬間! 始まったのはREVELATION

    hydeはライトを浴びて、キラキラ輝いていてスターのオーラ出まくりんぐ。 スクリーンごしに見ると、同じ空間にいても、異世界におわす人のような、雲の上の天上人のような錯覚を起こしてしまうけど、生で見るとまた一段とオーラが出てるのよ。(結局どっちにしろスターなのだ・笑)

    今日のhydeは 白いしめ縄っぽいエクステつけて、ますますヘアスタイルは海賊風。 上は、白のブラウスに、黒のベスト。 下は、ダメージジーンズ。 ただ、昨日のほうが美人度は高かった、スクリーンにアップになるとお肌に若干疲れが…あわわわわ(゚∇゚ ;)

    kenちゃんは、上下白スーツでスタイルの良さを強調。 REALツアーの再来!(≧∇≦) 中は派手めの60年代風レトロ柄シャツ(一時期こんなの流行ったよね)を着てました。

    tetsuは、黒のジャケットに白ブラウス。巻きスカートと細身の赤パンツ。 hydeと似た構成の格好しても、大抵teっちゃんはブリティッシュなスタイルにまとめあげ。 やっぱり若々しい。

    yukihiroは昨日と似たようなノースリの肩口が盛り上がってる白シャツを着用。

    「唯我独尊~♪」では、早くもhydeがtetsuに近づき、抱き寄せてマイクを共有。 麗しのツーショットを披露してました。 1曲目から出血大サービスだー。 あれ、昨日もこんなシーンあったけど、この曲じゃなかったな…。 どこだっけ、Caress of Venusだったっけ。

    hydeの音頭にのせられて、
    「ウォーイ!ウォーイ!ウォーイ!ウォーイ!ウォーイ!」
    祭りじゃ!祭りじゃ! 楽しいぞい(*゚∀゚*)
    所詮農耕民族の日本人、なんだかんだで皆一緒に決まったフリで盛り上がるのが好きなのだ。

    お次は、Pretty Girl
    船から降りて、早速激しく動き回る前3人。 kenちゃんはken側花道へ。 tetsuはtetsu側花道へ。 そのtetsuの移動方法がツボだった。 欽ちゃん走りというか、反復横とびの要領で体は客席向いたまま、足だけを横に動かしてカニのように高速移動していった(笑) わははは、なんだそれー。初めて見たぞ(笑)

    間奏では、kenちゃんがken側花道からtetsu側花道へ全速力で猛ダッシュ! よくもまぁコケないでギター持って走れるわ。 ドームだから相当走り甲斐あるだろうなぁ。 昨日と同じ箇所で走ってた。 豪快すぎて笑えます。つーか、この曲、ここにkenちゃん一番力いれてそうなんだけど(笑)

    そして、kenちゃんはtetsu側花道の端まで一気に駆け抜け、花道に留まっていたtetsuと仲良くじゃれ合い♪ にこにこにこにこ、二人ともそれは楽しそうに体合わせあって演奏してた☆ ここも昨日と同じ♪ 昨日は映像さんの反応が悪くて、なかなかこの二人を映してくれなくてイライラしてたんですが、 今日は早々とカメラを切り替えてくれて一安心。 いや、まぁ私は直に見えるんだけど(苦笑)、この様子を遠くの人に見せてあげたいじゃない。

    hydeは、ken側tetsu側と行ったり来たりしながら、ノリノリですわ。 もちろん腰振りつき。 曲が終わる頃になっても、ステージの船の縁でずーっとクネクネクネクネクネクネ…いつまでやってんの(´Д`;) 次の曲に支障が出っちゅーの(笑)

    この曲の最後で、kenちゃんが観客に向かって華麗にKISSをお見舞いしとったー。 うわー超機嫌いい!(>∀<)

    お次は、ライヴの定番Caress of Venus
    今日は昨日より音いいなぁ。特にドラムが昨日より聞き取りやすい。 (昨日はとにかく一部のドラムパーツが聞き取りづらくて、歯抜けのようだった) ベースも今日はよく聞こえる。

    でね、さっきからtetsuがめっちゃ機嫌いいのよ。 最近になくベースプレイで主張しててさ、かっこいぃぃぃーのだ(*´д`*) tetsuは花道から戻ってきて定位置辺りにいたんだけどね、 私の位置から見たらtetsu・yukihiro、リズム隊二人の魅惑の2ショット。 (このときhyde・kenちゃんは出張中) 目と耳で同時に楽しめて2重の楽しさなり。

    でまた、kenちゃんもパリ中継の再来かと思うくらい最初っからニッコニッコニッコニッコ。 ものすごく楽しんでる。 昨日は一部アドリブで弾いてた箇所があったんですが、今日は普通に弾いてました。

    hydeは「お気に召すがままに♪」で昨日と同じくカメラに向かってチュー。
    最後のサビ繰り返しのところでは、
    hyde「跳べぇー!!!」と煽る。
    私&Y嬢「…えええええー!?(・д・)」(爆笑)

    dont_jump.jpg

    なぜここで笑ったのかというと・・・ 行った人はわかると思いますが、京セラドームは近隣の住民からの膨大な苦情が出ることから、ジャンプ厳禁の会場なのです。 入場ゲート前には「ジャンピング禁止」のプラカードを持ったスタッフがうろうろ待機してるし。 念を押して、入場する前にはこんな紙を配られるくらい→

    昨日は言うまい言うまいと自制している風に見えたhyde(それでも昨日もうっかり口走ってた)だけど、今日は完っ全に開き直ってるよΣ( ̄▽ ̄;) 堂々と言いすぎだってば兄さん。

    だって最終日なんだもん!
    出入り禁止くらっても知るか!
    あと3年はライブないもんね!

    という 計算 気迫を感じました。
    hydeが開き直るなら、ファンも開き直り! ジャンピング禁止のことなど忘れ、以降はじゃんじゃん飛びまくってます、でも楽しー(笑) ライブの後、ラルクが京セラドーム側にこっぴどく叱られたか、はてまた出入り禁止をくらったかどうかは定かではありません。hydeの独断と偏見によって、ジャンプ解禁となった会場、ノリノリでCaress of Venusも終了しました。

    ここでhyde MCタイム。

    hyde「帰ってきたぜー!大阪」
    観客「おかえりー!」
    hyde「帰ってきたぜー!」
    観客「おかえりー!!!」
    うーむ、第一声はやっぱり「ただいまー」がいいんだけどなー(´・ω・`)
    hyde「ラルクアンシエルです」

    hyde「今日で最後やで!
      悔いを残すなよ!
      暴れようぜ!
      大丈夫かー!」
    とか煽りの言葉が続く。

    hyde「明日はないからなー!
      ぶっ壊そうぜ!」
    そういえば、昨日はセットを壊すとかも言ってたね(^^;
    hyde「いけるかー!
       いけんのーおまえらー!!!
       いくでぇーDRINK IT DOWN-!!!」

    ここのMCはこんな感じで終わり。 どうやら…ついにhyde、喋るネタが尽きたらしい(爆) こういうMCって、全盛期後半の頃に近いよね。 「腰振れ~!」を何回か叫んで終わるみたいなやつ(笑)


    08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム2につづく

    別窓 | L'7 -Trans ASIA via PARIS- | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<08/06/08 L'7 -Trans ASIA via PARIS- @ 京セラドーム2 | L'Archives - ラルク書庫 | 天国と地獄>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。