L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    行かなくちゃ…秋が来るから… 三季アルバム「KISS」

    すっかり夏の憂鬱[time to say good-bye]の似合う季節になりましたね。

    週末、会社の先輩Mさんの家にお邪魔しているとき、
    夏の憂鬱のシングルバージョンが入ってるCD貸してくれん?
    と言われて。

    M先輩は、元Ciel会員。かつては熱心なラルクファンやっていた方。今はあまり興味ないみたいで、私も彼女も普段ラルクの話はしません。彼女が元ファンなのもひょんなことで知ったくらい。なので、突然↑なことを言われて、唐突すぎてビックリ(笑)

    んで、よくよくその理由を聞いてみると。どうやらMさん、ラルクファン辞めるときにアルバム以外のCD・グッズ・雑誌類を綺麗さっぱり売り払ったそうで。その後、残しておいたアルバムはときどき聴いていたのだけど、最近無性に夏の憂鬱[time to say good-bye]が聴きたくなったらしい。でもこの曲はアルバムには未収録なので、○ちゃんが持っていたら貸して欲しい、ということでした。

    夏の憂鬱 [time to say good-bye]

    確かに、夏の憂鬱[time to say good-bye]って、今でこそ3枚同時のベストアルバムの中に収録されたり、マキシシングルとして再発されたり、ライヴでもL'Anniversaryやまたハートに火をつけろツアーで演奏されたりして、ぐっと身近になった曲だけど。

    それまでは8㎝シングルを入手しないと音源が聴けないという貴重なシングル曲だったよなーと。しかもまだラルクが一般にブレイクする前のシングルで。ライヴなんて、1996年のBIG CITY NIGHTS~ツアーを最後に封印されたようなもの。プロモもずっと封印されてたしねぇ…。

    なもんで、1998年~頃の後追いファンさんの中には、 「ビデオのheavnely見て初めて(アルバムとシングルが別曲と)知った!Σ(゚д゚lll)」とか、 「夏の憂鬱の着メロとったら、全然違うメロディでビックリした!Σ(゚д゚lll)」とか、「カラオケで夏の憂鬱歌おうとしたら、全然違う始まり方で歌えなかった!Σ(゚д゚lll)」 とかいう人もいたり(笑) 「こんないい曲があったんだ!」と、発見できるのも後追いファンの美味しいところ。 (そういう人たちが後で慌てて8cmシングルを買い揃えたはずなので、実際はオリコン発表の数字よりも相当数のシングルが売れたと推測)

    Mさんの話を聞いて、そんな珍現象を思い出しました(゚ー゚;) Mさんには、The Best of L’Arc~en~Ciel 1994-1998を貸してあげました。またラルクに興味持ってくれたらいいなーという期待をこめて。


    閑話休題。話を最初に戻して。
    夏の憂鬱は、『夏』って言葉が入ってるけど、本当は秋の曲なんだよー
    てなこと(※言い回しは不正確)を当時hydeが言ってたように、
    夏の憂鬱[time to say good-bye]をはじめとして、ラルクは四季の情景をはっきり思い浮かべることができる曲がとても多いように感じます。それも、春・夏・秋・冬とバリエーション豊か。ロックバンドなのに珍しいよなぁ。これもラルクの特長の一つだと私は思うんですが、みなさんは中でもどの季節がお好きですか?

    私は晩夏から初秋にかけての季節を歌った曲が特にお気に入りです。なんせ学生のころ、ラルクの秋っぽい曲ばかりを編集した「ラルク秋特集」なるMDを作って何度もリピート再生するくらいに好きでした。今で言うiPodのプレイリストみたいなもんですね。

    現物はもうないですけど、確か…
    Wind of Gold
    風の行方
    夏の憂鬱[time to say good-bye]
    the Fourth Avenue Cafe
    LORELEY辺りは確実に入れてたと思う…懐かしいな(´ー`)

    昔の曲は特に情景がイメージしやすいものが多かったなー。逆に、arkray以降は季節や情景だけで括れない曲が増えた気がして、ちょっと寂しい(´・ω・`)

    KISS

    いや、
    そーでもないな(爆)

    例えば、最新アルバムのKISS
    このアルバムには 季節が凝縮されてる!
    じゃあーりませんか!(゜Д゜;))

    私にはこんな風↓に聞こえて仕方ないんですよー。
    季節感という意味では最も"ラルクらしい"贅沢なアルバムかも。

    01.SEVENTH HEAVEN
    02.Pretty Girl
    03.MY HEART DRAWS A DREAM
    04.砂時計
    05.spiral
    06.ALONE EN LA VIDA
    07.DAYBREAK'S BELL
    08.海辺
    09.THE BLACK ROSE
    10.Link
    11.雪の足跡
    12.Hurry Xmas

    これからはKISSのことを四季ならぬ「三季アルバム」と勝手に呼ぼう(`・ω・´)

    別窓 | 曲、CD | コメント:7 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<血液型ゲノム & ネオ産駒重賞初勝利! | L'Archives - ラルク書庫 | 突然ですがVAMPS大阪に行くことになりました>>

    この記事のコメント

    あたしもそう思いました! 
    なんで今回はこんなに季節が流れるような作り方をしたんだろうって(笑)
    どこかに「春」が隠れてやいないだとうかと、じぃっとアルバムが終わるのを待っていたあたし(笑)

    もう1曲だけ追加してもらって、春も入れて欲しかったですね^^
    春だったら、何を入れてもらおうかな~♪ ←妄想中(笑)
    2008-09-28 Sun | URL | micyu #PL8l.HBk[ 内容変更] | top↑
    いつも楽しく読ませていただいてます。sevenと言います。

    私も同じく夏から冬にかけていくアルバムだなぁって思ってました。
    そしてNEXUS4/SHINEが春なイメージでセットで聞いてます(^▽^)/

    同じく四季感を楽しんでいたのでコメントさせていただきました<(_ _)>
    2008-09-29 Mon | URL | seven #sJD/MRBk[ 内容変更] | top↑
    ■ micyu さま

    流れるような季節感もKISSの魅力ですよね♪(*´д`*)
    春の曲があれば完璧!です(`・ω・´)

    KISSの中では、唯一「Link」が春っぽい気もしますが…。なんせ「THE BLACK ROSE」と「雪の足跡」の間に挟まれちゃってるもんだから、あの中だと"小春日和"の曲にしか聞こえないのが難点(笑)

    ■ SEVEN さま

    はじめまして☆いつも読んでいただいてありがとうございますm(_ _)m
    今回の記事に反応してコメントせずにいられなかったSEVENさまの気持ちわかります。
    私もこれはいつかブログに書こうとずいぶん前からうずうずしてましたから(笑)
    今回晴れて書くことができて、すっきりです(´ー`)
    あの移り変わってゆく季節感もKISSの醍醐味の一つですよね♪ ^^

    NEXUS 4は自分の中で季節未確定ですが、SHINEはモロ春な感じ!Σ(゚Д゚ )
    「ラルク春特集」プレイリストを作るときに、ぜひ参考にさせていただきます(*'-'*)
    2008-09-30 Tue | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    私はなぜ日本の音楽が好きかというのもその中に溢れてくる季節感が好きですからなぁ~
    欧米の音楽をあんまり聞かないのもその原因かもしれません。古典はいいんだけど、ポップとかロックとかどうもピンと来れる曲が少ないような感じです。

    ラルクの場合も、もちろん季節感がある曲が大好きです~♥
    いい曲いっぱいありますねラルクは!><
    2008-10-08 Wed | URL | hitomi #LkZag.iM[ 内容変更] | top↑
    ■ hitomi さま

    お久しぶりです。
    ラルクは四季全て網羅しているのがすごいですよね。
    季節感ある曲が大好きな人(私たち)にとってはたまりません。
    お得な(笑)ロックバンドです^^

    2008-10-10 Fri | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    「夏の憂鬱」、私は『heavenly』で初めて聞いたのですが、あまりにもさら~っとしていたので聞き流していました;;後にベスト版で聞いたりPVを見て、サビの盛り上がり方を始めかなり違う事に驚きました ^^; 印象も全然違いますね!
    この曲はちょっと悲しい感じがして、確かに夏よりも「秋」というイメージがピッタリくるように思います。

    『KISS』は私も、この流れが面白いなと思っていました☆
    SEVENTH HEAVENの非常に賑やかな曲で始まって、Pretty Girlなんてモロに夏!それが最期には「雪~」クリスマス…と。アルバムを聞くだけでも、季節を幾つか巡ったような気分になります(笑)
    私もラルクの曲を聴きながら、たまに曲ごとに季節をあてはたりしていました。言われて見れば、確かに季節感のある曲が多いですね。

    私は春っぽいのが一番好きです。うーん、でも秋も捨てがたい…
    2008-10-13 Mon | URL | 雲隠 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
    ■ 雲隠 さま

    返信遅くなってすみません(*TдT*)
    夏の憂鬱はアルバム先に聞くと、シングルまで聞いたと誤解しちゃいますよねー^^;
    ほとんど別曲なのに。

    あ、春っぽいのもいいですねー。
    爽やかで切ない名曲がたくさん(≧∇≦)
    私は「予感」が真っ先に浮かびました。

    ♪はーるのひーあなたはーかぜーにーみをまかせー
    2008-10-20 Mon | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。