L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    08/10/11 VAMPS LIVE 2008 @ZEPP大阪

    最初で最後のVAMPS 2008 LIVE行ってきましたー。シングルも買ってないようなVAMPS素人の素朴な感想です。通な萌え萌えレポをご所望な方は別ブログ様へどーぞ(・ー・)ノシ 11日の感想なので、レポの賞味期限はとっくに過ぎておりますよ(´Д⊂













    率直なところ。
    やっぱhydeはすごい。
    なんでhydeが長年みんなに愛され続けられるのかがわかるわー(ノД`)

    まざまざと実力を見せつけられましたね。

    ステージングといい、演出といい、パフォーマンスといい、楽曲といい、演奏といい、企画といい、グッズといい、どれも個性的で面白くて。圧倒されました。その辺のアーティストより全然凝ってるもん! お値段が多少はるのは仕方ない(笑)
    歌うために生まれてきたような人ですわ…。


    ゼップ大阪はTHE PRODIGYの来日公演以来…たぶん3年ぶりくらい。四国移住以来&大阪サマソニが舞洲に移転してからというもの、とんと足を運ぶことがなかったゼップ&コスモスクエア駅。なもんで、駅から外に出て目を疑ったよ!Σ(゚д゚lll) 見渡す限りの高層マンションとその建設ラッシュ。以前の果てしなく広がる空き地はどこへやら。ここはどこ・・・?(・д・) ってくらいの変わり様。

    ここでかつてGCTがあったなんて面影は皆無。これじゃあ「またグランドクロスツアー」ができないじゃん!ヽ(`Д´)ノ 「待ち疲れてお腹減ってバカ高いカップメン食べたー」とか「hydeTシャツ2枚買ったー」とか、友人と当時を懐かしんだりして。

    入場はチケットH、A、B、Cの順らしい。私のチケットといえば、Cの200番近く。入場できるのは18時30分くらいだと踏んで会場に着いたら甘かった。なんと当日券の直前、18時50分近くでしたΣ( ̄▽ ̄;) 前売りチケットの中でも最後の最後だったのね、私たち。 入場待ちの様子をぼんやり眺めていたら、H→A→B→Cとなるにしたがって次第に客の服装が普通化していった(笑)

    Cは純粋な一般発売で、Hがデストのチケっつーのはわかったが、AやBはなんぞや? プロモーター先行とか? 一般チケすくなー。ゼップで同じ箇所で10日もやる理由って、一般客にも来て欲しいとかいう理由じゃなかったっけ? 当日券も必ず出るシステムにはなっているそうだけど、当券情報はモバイルで登録していないと来ないらしいし(又聞きなんで間違ってたらスミマセン)。となると、当日券は結局、ふらりと来て見たいような人には行き渡らんね…。かといって、これ以上デスト枠減らしちゃったらFC入ってる人が可哀相だし。難しいねー。

    そういえば、ゼップ大阪の入場の仕方がキッチリして(しすぎ)てビックリした、昔はもっとアバウトだったのになー。ひどいときはソールドアウト公演でも10分くらいでさっさと終わらせてたのに(笑) これはVAMPS仕様の入場方法なのか、それともゼップ自身が変わったのか。

    グッズはかわいいのが多かったなー。すんごく凝ってるね、考えられてるね。ちゃんとアーティストカラーで統一されているし。会場限定カラーや追加公演限定カラーなんかもあって購買意欲をそそられます。コスメではhyde自らがモデルになって宣伝してるのもウケた。…ラルクでもこれくらい本気出してグッズ考えてくれー。 hydeが中心になって起案したら絶対もっと売れると思うよ(・ー・)b 私はリーズナブルでコンパクト、かわいいコンドームを購入。ちょっとアナスイっぽいねこれ。

    んで、入場してすぐの所にあったガチャガチャをやる。お目当ては缶バッチ3つセットだったんだけど、出てきたのはスーパーボール…(・д・) 近くにはプレゼントBOXがあって、hyde箱に負けず劣らずkazさん箱にも溢れんばかりのプレゼントが。kazさんすごい人気あるんだなーhydeと互角じゃん!(と、そのときは思ってました)

    そんなこんなしているうちに開演時間もせまってきたので、中に入る。ホール内はすごい人で、kazさん側の一番後ろの扉近くに位置取るしかない。前にも横にもギッシリの人だかり。元々前で見るつもりはなかったけど、この会場で、こんな最後方(しかも後ろなのに人口密度高い)で見たのは始めてだ(゚Д゚;) ステージには時間の表示が。あ、もう開演3分前切ってるじゃん。なんか今日の私ら、ぐだぐだです(苦笑)

    6時66分開演。しばらくBGMが流れた後、登場したhydeはメイク濃い目? 髪は黒くふわふわバサバサ。袖口が大きく開いた白い薄生地のブラウスを着用しててそれがとっても似合ってました。私も上は白だったからお揃いっぽくて嬉しいw 遠目なのでこれ以上の細かい描写は無理。それでも整った顔立ちははっきりとわかりました。最後方でも上半身は拝めてよかったー。「後ろだからhydeの顔なんか見えなくて当然!hydeと同じ空間にいて生音が聴ければ十分!」ってな風に人間できてない、所詮顔ファンの私、正直、hydeの玉顔が見えてナンボなとこがある。

    ステージは、HELLOのプロモみたいなホーンテッドマンション風に設えられていて、窓の外の照明がピカピカしたりVAMPSと描かれた電飾が光ってみたり、剥製があったり。なにより客席側の壁もデコレーションされてて、とてもライヴハウスとは思えないセット。

    ベースのJu-kenさんは初見。最初はシルクハットかぶってました。とっても煽り上手で、ステージを縦横無尽に動いて、会場の盛り上げに一役買ってました。ドラムの有松さん。最後に見たのは…心斎橋クアトロでの特撮ライヴ以来…5年ぶりくらい?(´Д`;) なんか…老けた?(爆) ってか、その分私も年取ってんだよなー(-。- ) kazさんをじかに見るのは、666大阪(確か何曲かにゲスト参加)以来。わざとらしくなく、スマートでかっこいい人ですよね。キーボードの仁さんはなぜか檻の中でプレイ。

    最初はMADE IN HEAVENで幕開け。FAITH & シングルカップリング 入りCD-Rでみっちり予習してきたおかげか、演奏曲は一曲を除いて(←後で確認したらVAMPSカップリングでした)全部わかりました。Aさん、マジありがとおぉ(TдT) でもここにセットリスト書けるまでの自信はないので、割愛。

    hydeソロは666以来だけど、あれからすごい進化を遂げていることには驚き。前述の通りステージセットもまるでディズニーのアトラクションの一つに迷い込んだかのような凝りようだし(666は後ろにキリストの絵が飾ってある程度だった、よね)、音響も666ツアーに比べたら改善されてるね。なにより演奏がグレードアップ! 仁さんが全面でサポートしてるし、有松さんはCD通りに叩かないでしょ? 至る所に自分の解釈を入れてて、それが文句なしにカッコイイのだ。ついついドラムおっかけちゃう。そしてサウンドの要であるkazさん。要所要所できっちりいい仕事するんです(ノД`) オレオレアピールするわけでもないのに、なんであんなにカッコよく決められるんでしょうか。hydeも楽しそうなのがなにより。ラルクとは全然違うカラーを成り立たせているのがさすがというか、総元締めかつフロントマンの役目もしっかり果たしてました。

    私が見る限り、会場は最後方でも盛り上がってました。ヘドバンする人あり、ジャンプする人あり、棒立ちでステージ見てる人あり。体を揺らす程度の人もあり。おのおのが自由に鑑賞していたんじゃないでしょーか。後ろでこれだけ盛り上がってたら、前方はさぞ盛り上がったことでしょう。

    曲では、ミドルテンポのI CAN FEELPERFECT MOMENT系がお気に入り。映像効果も好きだし、kazさんの空間作りと、hydeの湿りのある色っぽい声との相乗効果にメロメロでした。中盤では大好きなJESUS CHRISTも演奏してくれて嬉しかったなー。気配に圧倒されました。イントロの有松さんがまたかっこよかった…(*´д`*) 本編最後のGLAMOROUS SKYもけだるい感じでかるーく盛り上げてるのが好み。hydeの曲なのに、いかにも"カバー"してたのがいいね。

    と、はっとするシーンや演奏も多かったけど、VAMPSのメインはあくまでオラオラ盛り上がれ系だと感じたので、やっぱり私のストライクゾーンではないなーとも思ったり。オラオラ系が続いた序盤&後半は若干疲れた。

    MCは、
    hyde「今日は何の日かわかってんのかー!」
    客「いえーい!!!」
    この時点でもまだ私は追加公演のこと言ってんのかと思ってたわ…。
    hyde「kazに恥かかせんじゃねーぞー!」とか。
    今思えば会場はkazコール多かったな;
    hyde「スィーーー」
    客「バーニラーーー」
    まさに阿吽の呼吸。感心しちゃった。

    2回目のMCでは、kazに誕生日迎えた感想を聞いてた。
    ここでようやく事情を察する私…。
    hyde「カズに捧げます」
    で歌ったのがevergreenのロックバラードバージョン。死んでいく歌じゃないですか(笑)
    CDでは英語だったけど、日本語で歌ってるからへーっと思ったり。

    仁さんのMCは今ツアー初らしい。
    直で喋らず、あらかじめ録音されたものなのか?、ドラマーの神保彰さんみたいに、声をサンプリングしたパッドを叩いてた。MCの内容はメンバー紹介。
    JU-KENさんはステージでもステージ外でも暑苦しいらしいw
    有松さんは「北の国から」の五郎さんのモノマネをするらしい
    KAZはとにかくものをよく失くすらしい。
    携帯に財布にピックにサングラスに…まだなんかあったような。
    hydeは「萌え」にはまっているらしい? んで、hydeは敬礼のポーズを繰り返していた…私には謎過ぎてさっぱりついていけなかったが、調子に乗って何度もやってるのが可愛かったので許す。

    kaz誕生日企画は、アンコール一曲目のLOVE ADDICT、1番で急に曲がストップしてスタート。みんなが一斉にサイリウム振り出して…って私持ってねーよ!Σ(゜д゜lll) (後で聞くと、人数限定で入場時にhydeのメッセージとともに配られたらしい、先行最後の最後入場組の私たちにはもちろんそんな恩恵はなく…。何人限定だったのかは知らないけど、かなりの大人数が手にしていたぞ(´Д⊂ ) みんなでハピバを歌って。ステージには大きなケーキが運ばれて、kazがろうそく吹き消して、会場はお祝いムード一色。

    んで、二人組の男が乱入してきて、花束渡して、kazを肩車。心斎橋MUSEのライヴが終わったモノラルが駆けつけてきたそうな。説明が入ったからわかったけど、遠目にはスタッフかと(笑) すんません。hydeはロングスプーンでケーキを救って、前方の客にケーキを食わせていた。

    アンコールくらいになると、ステージもお客さんもすっかり出来上がっていて、見ていて本当に楽しそうだった。hydeは飛んだり跳ねたり。メンバーにも客席にもさかんにキスしてた。kazさんの首元にヴァンパイアっぽい仕草で噛み付いたのが、いかにも"VAMPS"らしいなーと。アンコールはノンストップで盛り上げるだけ盛り上げて、hydeは前方の客にタッチしながら退散。私たちはMIDNIGHT CELEBRATIONの音が消えないうちに会場を後にしました。

    kaz誕生日というスペシャルな日に参加できてラッキーでした。でも誕生日イベントは別にして、この日がkaz誕生日だから特別扱いって感じではなかったと。逆に安心してみていられたというか。波はあるでしょうが、だいたいいつもライヴの出来やテンションはこんな感じなんじゃないでしょうか。>どうですか?複数日参加した方たち。

    チケ取ってくれたY嬢に、わざわざkaz誕生日を狙ったのかと確認したら、「ううん、偶然」とのこと。…やっぱり(笑) グラスカとkazお誕生日シーンでは、カメラ回ってたよー。ライヴツアーDVD用? この日参加できなかった皆さん、収録をお楽しみに。

    ラルクって、ファンに冷たいところあるじゃない?(笑) でもVAMPSは愛を見せたら見せた分、捧げたら捧げた分、愛を返してくれる、報われるバンドだなーと感じました。この日のライヴの様子はもちろん、デストの活動とかオフ会の内容を聞くとね。666の頃はあまり諸手を挙げてソロに賛成しなかったけど、今はバンドとしてすごくいい状態だと感じたので、このままのモチベーションでラルクと平行して長く活動続けて欲しいと思います。
















    と、VAMPSには好印象で終わった11日ライヴですが、一言だけ。

    開演後しばらくしてカズ側の一番後ろの扉から入ってきた、黄緑のサイリウム持った、髪を左で一くくりにして、グレーの服着てた20代前半くらいの地味めの女子!

    ライヴハウスだったら多少
    人を押しのけて前に行ってOKとか、
    後で割り込みOKとか、
    他人にプレッシャーかけてOKとか、
    勘違いしてません?

    hydeを見たいのはみんな一緒。常識持って、空気読んで(←ここ重要)行動してください。前方ならともかく、最後方でマジうざいって。。後ろくらいゆったり見させてくれよ。。いいLIVEだったのに、この子一人のおかげで不快さが残るライヴでした。だからラルク&ラルクメンバーソロのハコライヴは2階で見たいんだよー(-。- )

    別窓 | VAMPS LIVE 2008 | コメント:5 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<秋の夜長はアダージョで。 | L'Archives - ラルク書庫 | 血液型ゲノム & ネオ産駒重賞初勝利!>>

    この記事のコメント

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008-10-20 Mon | | #[ 内容変更] | top↑
    ■ 妻さま

    海外からはるばるVAMPS素人のレポを楽しみにしていただいたなんて、本当にありがとうございますー。・゚・(ノД`)・゚・。激遅で申し訳ないやら。ケミブラPV撮影場所のご近所ということは…ユニオンジャックのお国でしょうか。

    普段インディーズすれすれの人たちやフェスに出てそうなアーティストを見ることも多いので、ついついそういう人たちと比較してみちゃいます。アーティストとしてhydeさんは(VAMPSも)本当に魅力的です♪(*´д`*)
    2008-10-23 Thu | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008-10-29 Wed | | #[ 内容変更] | top↑
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008-10-29 Wed | | #[ 内容変更] | top↑
    ■ あ・・・ さま

    辛い思いをしましたね(´・ω・`)
    ラルクのハコは”特殊”だと私は思ってます。
    正直ラルクやラルクソロのライヴハウスしか経験してない人に、あれが全てのライヴハウスのライヴだと思って欲しくないです…。
    (hydeが変に煽ってるとこもあるし…なんだかなぁ;)
    とはいえ、「郷に入っては郷に従え」ですし、せめて2階に行って嫌な思いするのを避けるのも一つの手かなと。


    ■ べ・・・ さま

    はいな。
    今回(私にしては!?)結構萌えレポです(`・ω・´)
    hydeはすごいなーっていろんなところで改めて感じました。
    ラルクにとっても貴重な人材なので、別のグループに捕られたみたいについつい錯覚しちゃって、ちょっと寂しい気も(笑)
    2008-10-30 Thu | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。