L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    上田君アカンやろ~ SparkingとNew World

    24hTV以降、HDDを編集するのが面倒で録りだめしておいたKAT-TUN出演TV番組。
    私お気に入りの赤西仁君が年内休業(これ聞いて「もう永遠に帰ってこないだろな…」と90%の人は感じたでしょうが;)と聞き、ますます見る気が失せていたのですが、いつまでも放っておくわけにも行かず。

    そして、早送りしながら発見しました。
    9月3日のウタワラ
    ラルク好き上田竜也君がソロを披露してました。
    その名は「Sparking
    あーあ。
    ついに全国ネットの地上波でやっちゃっいましたよコレ。
    春コン(春に行われたコンサート)だけだったらまだ世間の人は知らなかったのに…(笑)

    正直に言いましょう。
    この上田君が披露した「Sparking」という曲、
    ラルクの「New World」にそっくり なんですよ。
    New Worldは↓こんな曲です。
    イントロ周辺(HMV) / サビ周辺(SONYMUSIC)

    まず、KAT-TUNのメンバーは亀梨君と赤西君しか知らないという人のために解説。
    (↓こ~んな大きな画像を使えるんですが、事務所的にOKなんでしょうか?^^;
    苦情はアマゾンさんにお願いしますよ・笑)

    Real Face (通常盤)左から順に
    • 中丸
    • 上田
    • 赤西
    • 亀梨
    • 田口
    • 田中
    と並んでいます。
    左から2番目が上田君です

    さらに調子に乗ってみる。
    (何度も言いますが、苦情はアマゾンさんにお願いします・笑)


    Best of KAT-TUN (通常盤)上段、
    右から2番目が上田君
    通称は「ロバ」

    上田君のラルク好きはかなり有名で、
    雑誌のインタヴュー等でも何度か公言していますし、
    過去のソロでは「Pieces」というタイトルの曲(上田作詞作曲)もあったし、
    ソロでなくても、「Le Ciel」というタイトル曲の作詞(一部フランス語)にも参加。
    過去のウタワラ(この頃はミンナのテレビ)ではラルクの「New World」をもカバー。
    キーは大幅に下げていたものの、hydeになりきって気合いっぱいで歌ってました。
    (このとき、なぜか亀梨&赤西コンビはNew Worldをバックに殺陣やってました。
    あの無茶苦茶な編集・演出は一体なんだったんだろう…;笑)

    極めつけがこの「Sparking」です。

    kat-tun live01

    ウタワラではかなりはしょってましたが、
    春コンではフルで歌ってました。
    イントロ聴いた瞬間感じました。
    曲が終わって確信しました。

    上田君、アナタ、
    New Worldをパクっいえ、かなり参考にしましたね?(笑)
    (※LIVE時ではこう思いましたが、実際の作曲編曲はHIKARIさんという方のようです。HIKARI氏ファンサイト参照)

    未リリースのため、この場で試聴して比較することができないのが残念ですが
    イントロからしてNew World色全開!!
    Aメロに入る前のブレイクも似てる。
    曲の展開から、音色、ギターリフ、高音で動きまくるベース、
    間奏にはご丁寧にもベースソロがありました。
    不覚にも、ベースソロ聴いたときには笑ってしまいました。
    以降アウトロまで同じ展開。

    メロディも駆け抜けるAメロ、ややテンポダウンのBメロ、抜けのイイサビ、ラストサビ前のCメロ。
    …やっぱりNew Worldですやん!(;´Д`A ```
    歌詞は上田君が考えたようで、hyde語が並びます。
    最後の「It's just a Sparking World」が、
    すまんが私には「I'm awaking in the New World」に聞こえたよ。

    歌っている様子もスゴカッタ。
    黒い衣装にグラサンかけて、
    マイクスタンドに寄りかかって歌う。
    サビでファルセットを使う、
    不意に足を蹴り上げたり、
    ギター持っててもろくに弾かずに両手でマイクスタンド持って歌う…
    これモロhydeじゃん。
    ラルクファンの目と耳はごまかせません(笑)

    ラルクファンというのはhydeを真似る人に対して案外冷たいもので、
    一緒にKAT-TUNコンサートに参加したhyde好きの妹などは、
    「上田がhydeの真似するなんざ100年早いわー」
    などと怒りのコメントを発しておりました。
    上田君、頑張れ(笑)。

    ちなみに、妹は赤西・上田の曲「Butterfly」(アルバム『Best of KAT-TUN』収録)もラルクっぽいと言ってましたが、私はそうは思わないかな。
    確かにロック調でセクシーをウリにはしてるんだけど…
    ホスト系なんだよね~この曲のフェロモンの出し方って(笑)。
    意外と(?)ラルクにホストっぽさはないからね。

    ジャ○ーズのバックにいる編曲スタッフは優秀なため、
    「ラルクの『New World』風にアレンジして」とリクエストしちゃうと
    忠実にできあがってしまうという恐怖のお話でした。
    どんなオチやねん;

    こんな記事を書いておきながらなんですが、
    上田君を批難する気持ちはさらさらありません。
    ラルク好きなんだなぁとニヤニヤしながら見守ってます(笑)

    そういえば以前、ジャニーさんがラルクのライヴを見に来たことがありましたっけ。
    上田君も来てたのかも?


    ***参考***
    New World New World
    L’Arc~en~Ciel (2005/04/06)
    26thシングル、ポップでラフでありながらサウンド構成はキッチリ
    後には、キャッチーなメロディと爽やかさが残る

    Real Face (通常盤) Real Face (通常盤)
    KAT-TUN (2006/03/22)
    彼らのデビュー曲にして2006年最大のヒット曲
    作詞スガシカオ、作曲B'z松本孝弘の最強タッグに加えて、
    編曲はラルクの「」「TIME SLIP」も手がけたChokkaku
    ロック"風"でありつつ、アイドルが歌っても無理のないポップさ加減が絶妙

    Best of KAT-TUN (通常盤) Best of KAT-TUN (通常盤)
    KAT-TUN (2006/03/22)
    彼らの1stアルバム、ベストと名前がつくわりに中身はそうと言い難い^^;
    新曲は背伸びして難曲が多く、歌いこなせていない印象
    「messenger」「ノーマターマター」「オリジナルブルー」等、音源化されなかったので"アイドルらしい"良曲が多いのに…勿体無い
    別窓 | 雑記 | コメント:7 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<L'Anniversaryチケット到着 | L'Archives - ラルク書庫 | 神風特攻隊 Driver's High>>

    この記事のコメント

    今更かもしれませんが、曲を作ったのは上田君(?)じゃなくて、ラルクさんとかの作曲を手がけてる人ってことはご存知ですよね・・・;
    あ、ご存知なら良いです、忘れてください・・・。
    大変失礼しました….
    2006-12-17 Sun | URL | #eP1cGWnA[ 内容変更] | top↑
    SPARKING作曲者、せっかくですので、正確な人名を教えていただけると助かります。 (ラルクとは無関係だと思うのですが、当方で調べたところHIKARIさんという方でした)

    KAT-TUNソロ曲はそれぞれの趣向・好みが反映されて作られているようなので、実際に作曲したかはあまり問題にしていませんでした。作曲者の誤解を与える表現が多かったことは確かです。お詫び申し上げます。一部訂正させていただきました。
    2006-12-18 Mon | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    竜也の悪口は止めてもらえませんか?

    hydeに似てる?
    そんなわけないでしょ。

    竜也ファンがいるって事を分かって
    ブログ書いたらどうですか?

    2007-06-10 Sun | URL | 竜 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
    似ている、似ていないは主観の問題です。
    私は「hydeに似ている」と思ったし、
    竜さんは「hydeに似ていない」と思った、でいいんじゃないですか?

    上田君を中傷するつもりもありませんし、批判するつもりもありません。
    至るところでちらつくhydeの影が面白いなぁと思って観察しているまで。
    ネットはご自分の都合の良い情報だけではないということをご承知おきくださいませ。
    2007-06-10 Sun | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ラルクの作曲者はメンバーなので…
    編曲者には岡野さん等Pが入る事もありますが
    この曲はデモの段階はyukihiroが作りアレンジ、サビメロの変更の中で
    hydeと共作になりました
    HIKARI氏は無関係かと
    過去関わったような事も恐らくありません
    2007-11-13 Tue | URL | aa #-[ 内容変更] | top↑
    こんにちは。
    ラルクの作曲者については私もよく存じてますので(笑)
    そのお答えはKAT-TUNファンに向けてということでしょうか?

    やっぱり、公の情報を探す限り、HIKARIさんとラルクの共通点ないですよね。
    一番最初のコメントの方が誤解されているんでしょう。
    (↓この部分)
    >曲を作ったのは、ラルクさんとかの作曲をされている人

    ラルクの曲はラルクのメンバーしか作りませんから、
    この言葉を信じるとラルクがSPARKINGを作曲したことになります(笑)
    ラルク・KAT-TUN両方に関わったプロデューサーという意味でもChokkakuさん一人。
    しかも彼はREAL FACE他数曲の作曲・プロデューサーで、
    上田ソロのSPARKINGに関わっているかは現時点で不明。
    いろいろツッコミどころが多くて当時は書きませんでした^^;
    2007-11-13 Tue | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2014-02-23 Sun | | #[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。