L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    願はくは花のもとにて春死なむ -瞳の住人-

    ラルクの新アルバムのタイトルがBUTTERFLYと知り、意味もなく嬉しいdrunk_butterflyでございます。2月にCDとして手元に届くのが待ち遠しい。

    記念すべきラルク20周年イヤーである2011年も、いよいよ今日で最後となりました。残すは紅白歌合戦のみ。もちろん茶の間で拝見させていただきますとも。今回はCHASE披露ということで、昨年と違い、紅白にそぐわない異質感をたっぷりと醸し出す様を大変楽しみにしております。

    2012年は下手したら今年より忙しいんじゃないかってくらいのいろんなニュースがすでに飛び込んできてますね(ソロ含み)。これからも彼らの活躍を心よりお祈りしております。


    そんなわけで、今日は瞳の住人について語りたい と思います。
    唐突すぎか。

    唐突すぎるので少し話題を変えます。皆さんは、結婚式のBGMでラルクを流すとしたら、どんな曲を流しますか。

    実は先日、某ライブ後のお食事で、私事ながら結婚も祝ってもらった際に、結婚式でラルクの曲を使うかどうか訊かれたんですね。そのときは「相手はラルクに興味ないし、(ラルクの曲を)流す予定はないですねー、ENYAのBOOK OF DAYSくらいですかねー」な発言をしたところ、「えー!?」「終わっちゃうじゃないですか」「ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVEはどう?」と当然ながら不評でした。

    あまり深く考えてなかった私も、さすがにファンとしてこれはちょっと寂しいと思うようになり(なにせ相手よりラルクとの出会いのほうが数倍は長いのだ・笑)、青春の思い出の1ページとして、こっそり効果的な場面で1曲流そうかなと考えるようになりました。

    じゃあ、何を流すか、なんですが。
    これが非常に難しい…。

    復習がてら、いろいろラルクの曲を聞きかじった結果、

    そもそもラルクの楽曲は 主張が激しい。
    (=メロディは起伏があってドラマティック、アレンジはやたらゴージャス)

    おまけに 個性濃すぎ。
    (=その際たるものがhydeの声・歌い方、他3人も 十分個性的だが)

    つまり、

    BGMに向かない。
    (=主役を食ってしまうほどのインパクト)
    という感想を持つに至りました。
    と、それではまたファンとして寂しすぎる結論なので、深く掘り下げて考えると。


    まず、結婚式のBGMという点では大きな壁が三つ。

    マイナー調の曲はアウト。
    (=式が暗くなってしまうから)
    私の大好きな(結婚を歌っているであろう)Anemoneも消えます。

    季節にそぐわない曲はアウト。
    夏にsnow drop雪の足跡BLESS、冬にPrefect Blueはちょっとねぇ。

    そしてラルク最大の難関、

    歌詞が不吉なものはアウト。
    これは個人差あるかもしれませんが、例えば洋楽であれば、ホイットニー・ヒューストンのオールウェイズ・ラヴ・ユーや、ポリスの見つめていたいジェームス・ブラントのユア・ビューティフルなんかは、私はダメだな。
    ましてや日本語のflowerHONEY? とんでもない! いくら曲調が感動的だろうが元気だろうが明るかろうが可愛かろうが、歌詞は重要です。


    こうして明らかにNGの曲を除いてかつ自分の好きな曲で、さらに曲の雰囲気その他を考慮してピックアップ。結婚式に流したい曲として最後まで残ったのが、瞳の住人 だったわけです。


    瞳の住人

    瞳の住人

    23rd single >>商品詳細を見る
    品番 : KSCL-915
    発売 : 2004/03/03
    words : hyde / music : tetsu
    収録アルバム : SMILE
    試聴 : Sony Music / ビデオ視聴 : Sony Music

    とまぁなんとなく、瞳の住人いいなーと思ってたんですけどね。一応歌詞チェックしとくか、と思って何気なくうたまっぷを開けて歌詞を読んでみると、あれ?と心に引っ掛かりました。

    単なるラヴソングじゃないよこれ。

    輝きは色褪せず溢れていた とか、鮮やかな季節に彩られた とか 耳障りのいい言葉にうっかり騙されてた君の瞳に住んでいたい=君とずっと一緒にいたいよ、っていう単にハッピーラブソングに聞こえてたよー。

    歌詞を一読して何が引っ掛かったって?

    この歌詞、仮定願望 ばっかりなんですよ。

    例を挙げると
    どんな時も照らしてるあの太陽のようになれたなら
    もう少しだけ君の匂いに抱かれていたいな
    ずっと君の笑顔を見つめていたい
    移りゆく瞬間をその瞳に住んでいたい
    一つの風景画の中時を止めて欲しい永遠に
    いつの日か鮮やかな季節へと連れ出せたら

    多っ。

    これだけ仮定や願望のオンパレードだと、
    ~したい = けど現実は違うんだorでもできないんだ
    いつか~したならば = 今はできないけど

    と、裏返した意味が気になってくるんですけど。

    そして、この仮定と願望の部分の歌詞を除くと、
    指先で地図辿るようには上手く行かないね
    気づいているよ不安そうな顔 隠してるくらい
    外の空気に首輪を引かれ僕は背を向けた
    溜め息に知らされる季節を繰り返しながら
    なぜ僕はここに居るんだろう?

    うーん。主人公はあまり幸せじゃなさそう…


    もう一つ気になったのが、歌詞のラスト
    いつの日か鮮やかな季節へと連れ出せたら
    雪のように空に咲く花のもとへ…花のもとへ


    花のもと ってどこ?

    この解釈で歌の意味が大きく変わる気がします。雪のように空に咲く花 なんで、花の種類として『』を指すのはほぼ間違いと思うのですけどね。

    花のもと、花のもと、花のもと…。
    で、考えた挙句、 西行法師(※1)の歌 に行き着いてしまった。

    願はくは花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃
    願うなら、美しく咲いた桜の木の下で春に死にたい。それも如月(陰暦二月)の満月のころに。

    まっさかねー(笑)

    もしも、花のもと = あの世 と考えると…
    長い間苦楽を共にしてきた貴方と離れるのは嫌だ!ずっと一緒にいたい!このまま時を止めたい!かなうならあの世に貴方も連れて行きたい!
    こんな感じか。

    …げげっ。

    これでは HONEYも真っ青な心中ソング になってしまう。

    結婚式完全アウト だわ。

    いかんいかん。

    せっかくの名曲、もっとハッピーエンドにしたいな。
    花のもと = サクラサク = 努力が報われる = 幸せ と捉えてみよう。
    白く滲んだ 溜め息に知らされる季節 = 冬 = 一筋縄ではいかない人生、
    鮮やかな季節 = 春 = それを乗り越えた先にある幸せ、
    これで考えてみると、
    僕たちは、ばたばたとあわただしい世界で時に自分を見失いながら・翻弄されながら、回り道しながらもじっくりと歩いていくんだ。そんな長い人生、共にこれからも進んでいこう、頑張った先にはきっと幸せが待っている。(※2)
    こんな感じか。

    ほら、こうすれば 結婚式にぴったり !(笑)
    特に冬から春にかけてのシーズンにいかがでしょう?


    hydeの真意はわかりません、聴き手に完全に解釈を委ねられている曲ですよ。

    ライヴではこの曲キー下げで歌われてますけど、そんなことで曲の魅力が減ることもなく、ひたすらメロディの良さにうっとり聞き惚れます。もっとライヴで演奏して欲しいですよ。叙情詩BLESSに負けるなー(笑) tetsuさん珠玉の一曲です。


    (※1) 西行法師 … 平安末期~鎌倉初期の僧侶・歌人。出家前は武士で超エリートかつイケメンとして有名。今回の大河ドラマ『平清盛』では藤木直人が演じていて面白そう。壇れい演じる待賢門院(白河法皇寵姫&鳥羽上皇妃)との恋バナも期待大。

    (※2) ということで、私には瞳の住人はラブソングというより、人生観がメインに映りました。瞳に映る人はなにも恋人や配偶者にこだわることはなくて、それぞれ生きていくうえで自分にとって大切な人(子供でもペットでも)に置き換えてもいいかなーと。

    別窓 | 曲、CD | コメント:4 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<伍代夏子と水森かおりの間には -紅白歌合戦- | L'Archives - ラルク書庫 | X元メンバーTAIJI、サイパンにて死去>>

    この記事のコメント

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-01-03 Tue | | #[ 内容変更] | top↑
    k-さん

    お久しぶりです~ありがとうございます!
    「あの世」として歌詞を読んでみると、すんなりそう読めてしまう不思議。
    hydeの歌詞は面白いです♪
    2012-01-15 Sun | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    新(珍)説・瞳の住人=心中ソング説、めっちゃ面白かったですwww
    さすがdrunk_butterflyさん(*´艸)


    その節はどうもありがとうございましたぁぁぁっ。・゚・(ノд`*)゚。
    今年もお付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします・.。* ゚ + 。・゚(*´∀`人´∀`*)♪☆・゚:*:゚
    2月、楽しみにしてます♪

    結婚式ソング、私のイチオシは「永遠」e-266

    あ、
    あとね、老婆心ながら、「ふみ」じゃなくて「檀れい(←漢字は自信なし)」じゃないかい?爆
    2012-01-16 Mon | URL | べーべ #m905jKy6[ 内容変更] | top↑
    べーべ さまっ

    2月も楽しみにしています♪
    「永遠」は濃すぎて…主役が食われます(笑)
    ラルクの濃厚ラヴソングだらけの結婚式したいです。
    ゲストはラルクファンオンリーで。

    ご指摘部分は直しましたーお恥ずかしい。
    連想ゲームかっての(古)
    2012-01-30 Mon | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。