L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    伍代夏子と水森かおりの間には -紅白歌合戦-

    L'A HAPPY NEW YEAR! 明けましておめでとうございます。

    オフィシャルサイトのアー写もBUTTERFLY仕様に一新。陶器のように美しい4人がいずこかに旅立たれるご様子、ペイズリー柄の服に身を包んだhydeさんが印象的です。BUTTERFLYのジャケ写も公開。もっと大きな画像で見たいですね。ナタリーに少し大きめ画像が出てます。→L'Arc-en-Ciel最新ビジュアル公開&パンクアルバム詳細判明


    第62回NHK紅白歌合戦

    面白かったですねー。全体的に「」を訴えた歌が多い中、ラルクはロックな恰好で至極いつも通りのパフォーマンス。ラルクさんがテレビ番組に出演するときって、曲の魅力が上手く伝わってこなくて、「ライヴはこんなことないのにー!」とファンとしてはもどかしい思いをすることが多いですが、今回のCHASEは期待通りのかっこよさ。ライヴの感じに近かったんじゃないかな。

    紅白のスタッフグッジョブだったのが、出場順を演歌歌手の間に挟めてきたこと。
    伍代夏子 → L'Arc → 水森かおり って(笑)
    音楽番組は数あれど、紅白でしかありえない面白い組み合わせ。硬派なかっこよさがより際立って、楽しませてもらいました。

    本人たちへのインタヴューがあったのも嬉しかったな。20周年やワールドツアーの話も触れてもらったり、ラルクが精力的に活動しているのが茶の間に伝わったよー。

    いつもはロック系な曲に辛口な母でさえ、
    たまにはこういう曲もないと締まらんわねー
    後ろの映像すごいねぇ
    などとしっかり視聴しておりました。

    妹(←ラニバツアー京セラ最終日一緒に行きました)とは、ラストの hydeちょこんおじぎ がツボって、めっちゃ真似っこして遊んでました。だって可愛いかったんだもーん。


    別窓 | TV | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<絶対に解散しないL'Arc~en~Ciel | L'Archives - ラルク書庫 | 願はくは花のもとにて春死なむ -瞳の住人->>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。