L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    14/03/22 LIVE2014 at 国立競技場2

    存外長くなってしまいました、国立3/22の素朴な感想の続きいきます。14/03/22 LIVE2014 at 国立競技場1の続きです。



    SEVENTH HEAVEN
    ここ最近はkenちゃんMCの後とか、ライヴ後半に持ってくることが多かったから、2曲目に早々と演奏してて「へー」と思った。この曲が前半に演奏されたのって、私の行ったライヴの中では、この曲が新曲ほやほやだった「またハートに火をつけろ」ツアー以来じゃないかな。だから何と言われても困りますが(笑)、それだけセットリストが固定されてたなーと。


    BLESS
    hydeのアカペラから入りました。ライヴ最初はあまり声の出てなかったhydeさんですが、この頃からだんだん調子はあがっていきましたね。この曲、ストリングスとかオケの音が小さかったからか、ものすごく音がスッカスカに聞こえてしまいました。すみません。音響激悪、ええ、風のせいです。


    HONEY
    何度も聞いてきてる曲ですが、改めて、いいなぁーと素で思いました。歌も演奏もこなれててまとまってて、聞いてて気持ちいい~。気負いなくのれる、自然と体が動く、楽しめる。ちなみに3枚同時のシングルはどれも同じくらい大好きです。個別に記事にできるくらい。今のところ花葬しか書いてないですが。


    metropolis
    15周年のときのほうがエロさ満点だったような。開放的な野外と密閉された屋内空間との差かな。


    花葬
    kenちゃんのガットギタープレイにつきますね。合間合間の美しいフレーズにうっとり聴き入ってしまいました。アレンジ自体は20th L'Anniversary TOURの京セラドームで聴いたものと似てる…。

    ってか、
    20th L'Anniversary TOURの映像化切望!

    あのときの花葬と全く同じなのか、アレンジを変えてきているのか比較したいよー。他にも、風の行方(味スタのはイマイチ)が聴きたいー! As if in a dreamも聴きたいー! ガラス玉も聴きたいー! Anemoneも聴きたいぞー!

    というのも、京セラドームは2日間行きましたが、どちらもライヴの詳細をあまり覚えてないんですよね。ストリングス隊を従えた演出はすごく斬新で面白くて、20周年に相応しい懐かしの曲も取り入れたり、曲のアレンジも工夫してたりで、好印象だった記憶はかすかにあるのです、かすかに。

    あまり覚えてない理由は、ラルク側に全く原因はありません。1日目は一緒に見たべーべさん&隣のお客さん二人と意気投合してはしゃぎ過ぎて、楽しさと興奮のあまりライヴ内容が飛んでしまったのと(←隣のお客さんは歓声あげる曲のチョイスが一緒だったりとか、yukihiroドラムの叩き方に合わせて体を動かしてたり、一発目のでウルウルきてたりとか、なにかとツボが同じで、ホント連絡先聴きたいくらいでした・笑)、2日目は隣席に大声で歌い叫ぶ男子がいて、全く集中できなかったんです。

    なにやら国立LIVEの感想とはずれてきてしまってますが(笑)20周年「ツアー」を映像化よろしくお願いします! どーかひとつ!


    X X X
    今回一番私の中で印象が良かった曲。もちろん過去何度かライヴでもCDでも聴いてきましたが、なぜか今回すっかり曲の世界に引き込まれてしまいました。妖艶で官能的で。この世界観をさっと舞台で作り出せるのがすごいよね。なかなかここまで振り切れるアーティストいないよ。照れがあると絶対できないよねー。

    こういう曲って嫌いな人は絶対嫌だろうなー。キモがられ、拒絶反応間違いなし(笑) でも好きな人は好きだろうな。そういう意味でラルクらしいっちゃらしいけど、でも今までにあるようでなかった新しいタイプじゃないかな。今のラルクを体現したような曲ですね。

    前から思ってたんだけど、hydeの曲って、その時代時代のラルクの路線を決めてるような曲が多い。例えば、DuneEntiches(耽美系)とか、Trueflower(優しいポップな恋愛系)とか、arkrayHONEY・HEAVEN'S DRIVE(脱ヴィジュアル系・ロックやりたい!)だったり。
    今も昔もラルクの指揮者(方向性を決める人)はhydeだと思ってます。
    hydeさん、これからもラルクを見捨てないでください(笑)

    この曲、私的にツボなのが、kenちゃん・tetsuがサビ以外は手持ち無沙汰そうにしているところ。いつもメロの部分は二人を観察してます。わざとなるべく演奏しないアレンジにしてるのかと疑ってしまうくらいあまり弾いてないよね(笑) けど曲としての完成度は高くて。これを堂々とシングルにできちゃうんだね。もはや「バンド」の域を超えた曲です。


    shade of season
    ここでこの曲がくるのが意外でした。炎の演出が合っていましたね。内へ内へと入っていく曲は聴いていて暗くて心地よかったです。 BUTTERFLYとしてのツアーはしないのかな、リリース時の20周年ツアーやワールドツアーが兼ねていた気はしますが。


    新曲のEVERLASTING
    ほぉ~、のっけからガシャーンガシャーンインダストリアルで来ましたねー。スローで暗い歌詞に暗いメロディ、んで途中から、ストリングスが絡んできて、kenちゃん・tetsuでツインギター、これまた新しい試み。X X X同様、二人が最初手持ち無沙汰なのが好きだ(笑) 今こういうアレンジラルク内で流行ってんのかな。

    一般受けしないであろう暗~いメロディ。
    これを世間様にお出しして大丈夫なの?
    と心配しましたが、完全受注生産限定盤とのことで安心しました(笑)

    友人は初期ラルクっぽいと言ってました。確かにDUNE辺りを思い出させる気がします。私はインダストリアルな暗ーいスローバラードということで、SOFTBALLETのINFANTILE VICEを思い出しました。


    Driver's High
    曲の途中も歌詞飛びしてましたが、なんといっても、鋼の翼で~ と歌わなければならないところを、来世でまた会おう~ に飛んでいったサビラストのhydeがかわいかったー。会場は大盛り上がり、こういう取り返しのつかない間違い大好きです(笑) THEATER OF KISS大阪城ホール最終日のDAYBREAK'S BELLを思い出しました当時のレポ


    これでだいたい主だった感想は書けたかなー。ここまで読んでくれた人ありがとう!

    別窓 | LIVE2014 at 国立競技場 | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<国立LIVE関連ニュース&レポ斜め読み感想 | L'Archives - ラルク書庫 | 14/03/22 LIVE2014 at 国立競技場1>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。