L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    ラルクファンがみんなあんな感じだと思われたくない by アメトーーク

    ラルクファンがみんなあんな感じだと思われたくない

    ちょっと古いけど、これは3月20日(木)に放映されたアメトーーク「すぐ腹立つ芸人vs腹立たない芸人」での狩野英孝に対する悪口の一つ。このフレーズをちょっと思い出してしまうエピソードがありました。



    先日、車を気持ちよく走らせているときに、直前に無理やりつっこんできた○ーチがいたんですよ。こっちはとっさに急ブレーキ! しかも入ってきたはいいけど、その後その車はノロノロ運転でこっちはイライラ。割り込んでくるならちゃっちゃといけやと。そもそも今のタイミングで入らんやろーっていう、下っ手くそな運転で。 ハンドル握ると性格変わるkenちゃんタイプの相方が特にめっちゃキレてたんです。

    よくある日常の光景といえばそうなんですが、悲しいことにその車のナンバーが

    ・6-66

    だったのです。

    や、もちろん、オカルトファンってこともありえるけど。
    たまたま6が好きだとかもありえるけど。
    ありえるけど。

    やっぱラルクファンだろなー。

    該当車の右折時、横を通り過ぎがてら運転手を見ると、
    メイク濃いめのアラサー女子で、
    あぁ、っていう。
    車内・車外の装飾とかも、なんかもうね、
    あぁ、っていう。
    彼女の周りに配慮しない運転ぶりに、非常に残念な気持ちになりましたとさ。

    666つけてると、ラルクファンに自分はラルクファンだと宣伝して運転してるようなもん。違反しない限りどう運転しようとその人の自由っちゃ自由だけど、人に迷惑かけるような運転はしないで欲しいですわ…。相方に「たぶんラルクファンかも」と言うと、「あーそんな感じ」と妙に納得されたのが悲しいやら悔しいやら。
    ラルクファンがみんなあんな感じじゃないからね と反論しました。


    今回、そのアメトーーク「すぐ腹立つ芸人vs腹立たない芸人」の回の録画データが残っていたので見返してみた。

    ametalk01.jpg←腹立たない芸人の枠で出ているのに、「ラルクファンがあんな感じだと思われたくない、ラルクの話題はするな!」と言われ、怒り&凹む狩野。


    ametalk02.jpg→さらにたたみかけるように「ラルクから年賀状が届いていて喜んでいたが、あれはファンクラブに入れば誰でも届く」と言われ、ブチキレる狩野

    アメーークではすっかり狩野のテーマソングになってしまったHONEY。狩野のラルク関連発言の度に、♪かっわいたー と鳴らされるともう茶の間ではネタ曲にしか聞こえない。ファンとしては複雑(笑)


    テレビでさんざんラルクネタ出してくる狩野さんだけど、私はピュアでなんか憎めないなぁ。テレビのためにラルクを利用してるのもわかるし、彼が必至こいて宣伝してもほとんどラルクにはプラスにならないんだけどね(むしろ笑いのネタにされてしまう・笑) だって、きょうびなかなかいないよー、年賀状で喜びをフルに表現するファンって。
    ■ 当時のツイート
    オーバーヒートしそう!ってDriver's Highの歌詞を引用しているところも憎い。
    ■ 狩野英孝 L′Arc-en-Cielからの年賀状が届き喜ぶ(アメーバニュース)
    なぜかニュース記事になってるし。

    アメトーーク観てるラルクファンなら一度は思うよね、ラルク好き芸人見てみたいって。けど、狩野リーダー(仮)頼りでは1時間の尺が持たないので、あとは最低でもウンチク語れるポジションと、流れを作れるポジションと、フリに受け応えできるポジションをキャスティングしないとね。天然系は狩野氏一人で十分。メンツによっては当たり回にも外れ回にもなりそう。いっそのこと、ツッチーケンコバ辺りが隠れラルクファンやってくれてたら間違いないのに。ウンチク系ではペナルティのヒデとかね。ゲストは異色なところでマツコ・デラックスで。(←国立ライヴでマツコから花が届いてたけどどんな繋がり? ちょっと気になった) いつかやって欲しいー。他の回のように、本人たちのコメントかサインなんかが出てきたり、こっちをこっそり期待。

    別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<2014年1月-4月のアクセス総括 | L'Archives - ラルク書庫 | 国立LIVE関連ニュース&レポ斜め読み感想>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。