L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム1

    こちらは25日の感想です。 26日の感想はこちらから。
    歯に絹着せぬ物言いなので、批判的な文章が嫌な人は読まない方が賢明かも^^;
    各雑誌wowowのLIVE特番を見ると、文中明らかに間違っている記述がありますが、
    当時の勢いを優先して訂正しないことにしました。ご了承ください。

    あまりに長くなったので分けています。
    ・06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム1   入場 ~ All Dead
    06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム2   kenMC ~ メドレー
    06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム3   Driver's High ~ READY STEADY GO
    06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム4   Link ~ ラスト セットリスト


    15周年ラニバーサリーライヴ一日目。
    ドーム前に到着したのが、17時半ごろ。開演予定時刻の30分前です。余裕で入れると踏んでいたら、入場にすご~く時間がかかって、会場入りできたのは17時55分ごろ。そりゃ考えたら5万5千人も入場するんだもんねぇ(^^; 結局、入場が開演時間ぎりぎりになったために、グッズはパス。翌日買うことにしました。これが次の日思わぬ悲劇を生むことになろうとは…このときは思いもしなかった私でありました(--;

    この日一緒した人は、フジロック仲間でバンド活動もやっているK君。全盛期のシングルくらいしかラルクの曲は知らないという典型的一般人であります。ラルクがどんなLIVEパフォーマンスをするのか興味があるそうで、「チケット余っているから来てみない?」と誘うと、快く承諾してくれました。

    その余ったはずのマイチケット。いざ届いてみたら、なんとアリーナAブロック!!まぁアリーナAといってもドームだし、最前とかじゃないし、そんなにオイシイ席でもないだろうなぁと内心思っていたんですが…席についてみるとめちゃ近っ!(^^: それほど端っこでもなく、4人の姿は肉眼で見られる位置。巨大スクリーン見る必要ないじゃん!目の前のステージにはマイクも設置されてました。K君も「こんな前の席、僕でいいの?」と正直に感想を漏らしてくれました…いいんです、余ってたチケットなんで(苦笑)

    K君は最初客が女の子ばかりでないか心配していたようですが、問題なし!!むしろ、今までのLIVE(REALIVE除く)で一番男率が高かったような。カップルだけじゃなくて、男同士の組み合わせも結構いたし。老若男女、いろんな世代がいる客層って、いいね^^ 親子連れ風の人も結構見かけました。こういうところでもラルクの活動歴の長さを感じさせられます。


    ファンの格好は普通の人が多くて一安心(笑)。冬だし、日が落ちるのは早いし、ドームという場所柄プラス人数の多さかな?いつもよりコスさん率が低くて残念でした。

    入場する際、コンサートスタッフさんから一人一人冊子が配られます。そのとき冊子の一番上に挟まっていた白い紙が目につきました。それがこれ↓


    yukihiro Birthday 企画

    本日11月25日は記念すべき「15th L'Anniversary Live」です。
    そして昨日、11月24日は我等がユッキーのお誕生日でした!

    せっかくなので、1日遅れですがユッキーのお誕生日をみんなでお祝いしたいと思います。

    ライブ中にhydeが合図を出しますので、会場にいる全員で「Happy Birthday to you」を大合唱しましょう!

    この企画はhydeが合図を出すまではユッキーには内緒です。スタッフも必要最小限の人しか知りません。みなさんもその時までは、ユッキーの誕生日ネタには触れないで下さいね!ユッキーに気付かれると、この楽しみも半減してしまいます。くれぐれもご協力お願い致します。

    それでは、本日のスペシャル・ライヴをごゆっくりお楽しみください。

    L'Arc~en~Cielメンバー(ユッキー以外)・スタッフ一同より

    yukihirobirthday.jpg(ユッキー以外)ってとこが、いかにもいたずら好きの子供って感じで、かわいくて笑っちゃいました。そういえば昨日はyukihiroさんの誕生日じゃないですか! LIVEのことでいっぱいで、ついうっかりしてたよ~^^; 面白い企画! 楽しみにしとこ。あれ?確かkenちゃんの誕生日ってyukihiroの4日後だったよね? ってことは……(笑) 明日もなにか起こるかもね♪

    さて、無事入場も終え、着席して一息ついたところでステージをくまなくチェック。15周年記念ライヴだけあって、今回のステージはお祝いムード一色。巨大なグレーのリボンでステージ全体が包まれ、飾られています。さらに、その後ろには「ハートに火をつけろ!」でのキャラクターBBキャッツ、「SMILEツアー」時の大きなボックス(→コレね ×_×)、「ark」のCDジャケットにある巨大箱舟、「REAL」のCDジャケットにあるノートルダム寺院のガーゴイルなどが所狭しと設置され、懐かしさもありつつ、ステージを賑わせています。スクリーンは中央上に巨大なのが一つと、サイズ小さめのサブ的スクリーンが左右に二つ、計3つありました。本当に隅々まで凝った作りのステージです。

    今回のSEはUKシーンで流行ってるような曲が多かったかなぁ~。わかったのはリバティーンズ(THE LIBERTINES)だけでしたけど。一階一塁側にいた友人Aさん(←80年UK大好き)も、待ち時間につかさず「今の曲誰?ポップでいいよねぇ」と携帯メール寄越してきたので間違いないかと(笑) リバの次にかかった曲知っている人、ぜひ教えてください(笑) 客電が落ちたのは約25分押しの18時25分。場所柄か、いつもよりも押しました。

    まずスクリーンには、フライトアテンダント風の女性が映ります。これから時空旅行に招待してくれるそうです。運転手の4人として、メンバーがプロフィールつきで紹介され、会場は早くも沸いています。あれよあれよという間に東京ドームがタイムマシーンに大変身。そうして時空の中を進んでいきます。文章にするとなんだか味気ないですが、CGを駆使した映像は迫力があってついつい引き込まれました。金かけてるなぁっていう(笑)

    そしてたどりついた世界は1994年。

    ここで、突然聴きなれたピアノの音。
    4ビートのドラム。

    the Fourth Avenue Cafeですかい!

    イキナリかましてくれるじゃないですか!ラルクさんてば。そして今か今かと開演を待つ客の前で、ピアノの音を合図に華麗にステージが幕開け…。
    しないんだな(笑)。代わりに、後ろの方からものすごい声援が。

    なんと後方に設置されたサブステージからラルクさん登場です。まさかまさか、後ろにステージがあるとは思いもしません。ちなみにAブロックからサブステージは全~然っ見えない! 後ろを向いてメインステージの上にあるスクリーンを見たり、なんとかサブステージの方を向いて曲にノろうとしたり、妙にぎこちないAブロックの人々(笑)

    う~ん。ドームだからで済ませちゃいけないんですが、音響良くないね…(--) hydeもしんどそう。初聴きで嬉しいはずのthe Fourth Avenue Cafeですが、あまり印象に残りませんでした。

    さて一曲目が終わり、メンバーは車でゆっくりとメインステージに移動。んで始まった軽快なピアノはCaress of Venus!!!それまでどこかぎこちなかったAブロックも、お決まりのLIVE定番曲に一気にヒートアップ!楽しいLIVEの幕開けです。スクリーンには花びらとヴィーナスの彫像(forbidden loverプロモに出てくるような)が映りました。

    お次はVivid Colors。比較的古い時代の曲が続きます。サビのtetsuのグルグルを見ると、あぁVivid Colorsやなぁと妙に安心してしまう。しかし、なんだかこの曲もしっくりこない。…yukihiroもこんなもんじゃないでしょ。波の少ないtetsuは別にして、みんな本調子じゃないような(´`) ホント音悪い…ギターもよく聞こえないけどベースの聞こえなさったら!あぁ~いらいらするなぁ。

    で、オバカな私はここで気づいた。hydeの衣装って、95年のheavenly final日本武道館のときの服とそっくり!(夏の憂鬱プロモ風とも言う) 当時の衣装をそのまま着てるんじゃなくて、わざと似せてあつらえた感じ。「ファーつきの暑苦しいジャケット着てるなぁ~」と思った私が浅はかでございました~m(_ _)m こだわりすごすぎ(笑) そういえばkenちゃんの衣装はLies and Truthのプロモの衣装っぽい。tetsuは髪にお祝いムードのエクステを付けてて、カラフルでポップで似合ってました。

    3曲終わってMC。
    (※正確な言い回しではないので、だいたいの雰囲気をつかんでくれたら幸いです)
    hyde「こんばんは~。ラルクアンシエルで~す」
    hyde「おかげさまで15周年です。
       『♪数えきえない~ でも少しの歳月は流れ~』って感じですか(笑)」
    さらっと「瞳の住人」を歌ってみせる。
    何気ないけど、いい声してんなぁ…。
    hyde「演奏して欲しい曲をオフィシャルサイトで投票してもらったけど…
       みんなマニアック?(笑)
       出来る限りね、叶えていきたいと思います。
       今日はラルクアンシエルが皆様にご奉仕しようと思います。
       そろそろ次の曲にいってもよろしいでしょうか、ご主人様」
    会場「きゃぁー!!!!」
    今流行のメイドプレイ風(笑)
    ご主人様と言われて、まんざらでもないお客さんたち(私含む)。

    お次はLies and Truth。この曲はいつ聴いても安定した演奏が聴けますが…どうもしっくりこない。ボーカルも陰影をつける余裕がない。音響のせいかなぁ。イマイチノりきれない自分。ストリングスの音が煩くてちょっと耳障りでした。スクリーンにはLies and Truthの文字が代わる代わる現われます。装飾文字?でお洒落でした(最近だとブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES)「KICK IT OUT」プロモに出てきたような感じの)

    お次は…イジャッスタイムトゥセイグッバ~イと、hydeの歌から。
    ええええええ~! マジっすか。夏の憂鬱[time to say good-bye]~!? この曲大っ好きなんです(≧▽≦) 今現在でもラルク歴代シングルで軽く5本の指には入る名曲ですよ(個人的に)。またこういうセンチメンタル歌謡曲作ってくれないかなぁ(´`) この曲は、もうホントにラストで90%印象が決まってしまうのですが、hydeは歌詞やメロディを歌いきるのに精一杯でイマイチ歌に入り込めてないし、kenの泣きのギターも不発気味。期待が大きかった分、普通に演奏されて「あれ?」みたいな^^; ちなみに、yukihiroとsakuraとのドラミングの違いを一番意識したのはこの曲でした。sakuraのほうがいいかも…と思っちゃった。ユッキーごめん。スクリーンには山々の映像が。

    次。このピアノのイントロは…
    All Dead~!?
    はぁ~!? マジデーーーー!!!!( ̄△ ̄;) やっちゃっていいんですか? なんか私の方が心配になってきたよー^^; なんの心配かよくわかんないけど(笑)
    この曲、メロディは昔の切ない系だけど、ベースのノリが気持ちいいし、グランジ風ギターがしゃがしゃ(←これ演奏してて楽しそう)で、 サウンド自体はLIVE向きの曲だなぁと思っていたので、超嬉しいす(T▽T) 99%聴けると想定していなかった曲に私は大興奮! ついつい曲に入り込んでしまって、「Say So Long!」で勢いよく手を振り上げたはいいものの、そこでふと隣の存在を思い出しました。…K君ついて来れてるかなー(;^_^A 横を振り向くのが非常に怖いんですが(笑) この曲のときは途中hydeがやって来て目の前で歌ってました。近くにフロントマンが来てくれると、やっぱり俄然盛り上がりますねぇ。

    06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム2につづく

    別窓 | 15th L’Anniversary Live | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム2 | L'Archives - ラルク書庫 | ファン度チェックなLIVE>>

    この記事のコメント

    初めまして。雲隠と申します。

    豊富な情報量と的確な記事で、しばしば訪ねさせて頂いています。自分は遅くからのファン(2003年頃からなので…)なので、ありがたい限りです!

    自分もラニバーサリーライブには2日参戦して参りましたが、まさかAll Dead やWhite Feathers が来るとは…私も、All Dead が大好きです。他にもレアな曲ばかりで、本当に楽しかったです。

    それでは、突然失礼いたしました。また、お邪魔させて下さいませ。
    2006-11-30 Thu | URL | 雲隠 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
    ようこそはじめまして^^
    ファンに遅い早いは関係ないですよー。ハートが全てです!
    レアな曲で「きゃぁーvvv(≧▽≦)」となるか、
    「えー知らなーい(´`)」となるかがマニア度の分かれ目かと(笑)

    2日間楽しかったですねぇ^^
    All Deadはカラオケで嫌な人の顔を思い浮かべながら熱唱すると気持ちいいですよ。
    2006-12-01 Fri | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。