L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム3

    長くなったので分けました。
    06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム1   入場 ~ White Feathersまで
    06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム2   NEO UNIVERSE ~ Voiceまで
    ・06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム3   New World ~ ラスト セットリストまで


    06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム2の続きです。

    ここからは2004年以降のシングル連発ゾーン。

    New World自由への招待と続きました。
    メンバーは衣装チェンジ。4人がめちゃめちゃノリにノっててました。昨日も楽しかったけど、昨日の比じゃないですね。ものすごい充実感のあるライヴ。こんなテンション高い4人、久々に見たかもしれない…。「ミスしないように頑張ろう」とか、「いい演奏しよう」とか、「ファンに楽しんでもらおう」的な気持ちの域を超えちゃってて…やることやること楽しくて仕方ないって感じなの、4人とも。
    自分たちでもビックリしたんじゃないでしょうか。そんな様子を見てファンが嬉しくないはずがありません。この場にいて良かったなぁと心から思いました。演奏もノリにノッてすごかった、キレまくってました。このLIVE DVD出たら、買います(笑) ていうか、LIVE CD出ても買う! ラルクは視覚効果がスゴイから、LIVE CDってあまり必要ないかも…と思ってましたが、今回はLIVE CD出たら買います!

    自由への招待はものすごくテンポが速かった。たま~にyukihiroだけがつっぱしってて、他の3人が置いていかれる…なんて現象もありますが(笑)、今日は息もぴったりでした。

    2曲が終わって、MCタイム。


    hyde「今日もyukihiro先生のありがたいお言葉を頂きたいと思います」
    会場「きゃあぁ!」
    ドラムから立ち上がって前にやって来たyukihiro、いったんhydeと深々とご挨拶。これがなんかかわいい(笑) そして、hydeから丁重にマイクを受け取り、ステージ前に出てきました。

    yukihiro「こんばんはー。
        昨日と今日、ラルクアンシエルの15周年ライブがここ東京ドームで行われまして…
        おめでたいなぁと思います」
    なんか司会者みたいなコメント^^; たどたどしく言うのがyukihiro風。
    yukihiro「僕はラルクの全てに関わってこれたわけではないんですけど。
        今ここで演奏できて良かったなぁと思います。
        これからもラルクの歴史を積み重ねていけたらいいなぁと思います」
    せんせーーーーー!!!!!(涙)
    会場からは歓声と拍手が起こりました。この後yukihiroはなんとhyde・ken・tetsuにそれぞれ深々とおじぎ。そして、hydeにマイクを渡して再びドラムセットに戻りました。その姿にまたまた感動(T▽T) お互いに尊重・尊敬し合える仲って素晴らしいねぇ。何気に一番経歴は長いのに、yukihiroさんのこの謙虚さと言ったら何だろう。

    hyde「感動したねぇ。
       じゃあ次は僕の好きな曲を聴いてください」
    え何だろう…? 「好きな曲」ってハッキリ公衆の面前で宣言するくらいなんだから、相当好きなんだろうなぁ…。私のようなファンが「○○って曲が好き~♪」って言うのと、アーティストが自分の曲の中からあえて「好き」と選別するのは重さが違います。

    始まったのは叙情詩でした。
    あぁ、納得です^^ 昨日の瞳の住人から変えてきましたね。この曲もプロモが大々的に使われていました。途中の間奏ギターソロ部分でkenが映りこむところがあったんですが、ちょうどプロモもkenが映ってて、リアルのkenとプロモのkenの弾き方がシンクロ(ギターの傾け方とか)してて面白かったです。そうそう同じ曲で同じ人のプレイスタイルは変わらないってことですね。

    hydeはさすが好きな曲と公言するだけあって、歌にかける心の入れ方がすごい。情念がこもってました。またいい顔して歌うんだなぁこれが。hydeのためにあるような曲かもしれないね。…とは言うものの、この曲は合間合間のkenギターが何気にポイントだったりする(笑) 2番のメロ部分の音も面白いよね。澄み切った美しい旋律のラストも◎でした。

    昨日と同じく、けたたましい音で始まったのはKilling Me
    会場もまたまたノリノリモード。hydeは今日もステージを降りて、アリーナAブロックの前で煽りまくってました。Aさん、余裕でhydeにタッチできる席じゃん…羨ましい。(後で聞いたら、Aさんの近くを通り過ぎたときは触れられる距離ではなかったそうな…残念でした;)

    お次はREADY STEADY GO
    かなりの高速バージョン。それでも皆一切気にせず、ノリノリでした。
    この曲はSMILEのスーツ姿の人が列を作ってステージを闊歩しているのですが、この日はその列の中にさりげなくtetsuが混じって一緒にになって歩いてました(笑) でもサビのコーラスまでにはいつの間にかマイクスタンドまで戻っててきっちりコーラスしてました…律儀な人だなぁ~^^; 彼のそういう真面目なところ好きだったりする。

    この辺りは楽しくて記憶があいまいなんですよね…(;^_^A  「♪この手のひらで掴み取ろう!」のところで、周りの人たちが一斉に手を挙げて掴み取るポーズをしていたのが可笑しかった。歌詞を熟知してないとできないフリです。今日の私の席周辺、絶対熱心なファンばっかり揃ってたと思う(笑) 盛り上がりと席の近い遠いは関係ないですね。今日のスタンド席近辺、昨日のアリーナAより断然盛り上がってました。

    次はLink
    この曲もめちゃめちゃLIVE向けの曲ですね。昨日飛んでいた15周年のロゴがついた巨大風船はなんとスタンド席にも降ってきてました。もちろんきゃあきゃあ言って風船飛ばして遊んでいました。昨日で皆知っているからか、中の黄色い風船をgetしようとして、今日の巨大風船の多くは早めに割れていきました(笑)

    間奏では昨日と同じく、メンバー紹介がありました。
    ウグイス嬢「ここでラルクアンシエルのメンバーを紹介します。
          1番ドラム yukihiro 背番号 303
          15周年を記念してお祝いの言葉を一言お願いします」
    yukihiro「…………。
         …………。
         …………。(かなり考えている)
         …おめでとうございま~す」
    …聞いているこちらは思わず脱力しちゃいました~(^^;; さすがはyukihiroさんなコメント(笑) 当然ウグイス嬢はこれしきで引き下がるわけはありません。
    ウグイス嬢「昨日とあわせて延べ7時間ドラムを叩き続けているご自分に対して、
          一言お願いします」
    yukihiro「…………。
         まだまだいけま~す
    会場「おおお~!!!」
    一斉に拍手!!!!!
    ウグイス嬢「ありがとうございました」

    ウグイス嬢「2番ベース tetsu 背番号 15
          ひとネタお願いします」
    tetsu、ここでステージ前に出てきました。そして何をするのかと思えば、おもむろに青いハンカチを出して顔を拭き始めます。
    ハンカチ王子かよ!(笑)
    会場、(笑)
    ウグイス嬢「バナナを使ってもうひとネタお願いします」
    tetsu、ここでいつものバナナ投げを披露。
    ウグイス嬢「ありがとうございました」

    ウグイス嬢「3番 ギター ken 背番号5
          特技 早口言葉」
    ken「はい!」
    と威勢よく返事をしてマイク前に立ちます。
    ウグイス嬢「東京特許許可局」
    ken「東京特許きょきゃきょく!」(←得意げに言い切る)
    会場、(笑)
    ウグイス嬢「バスガス爆発」
    ken「ブスガス○×▲%□@!」(←またも得意げに言い切る)
    会場、(笑)
    ウグイス嬢「もう一度お願いします。
          バスガス爆発」
    ken「ブス大爆発!!!」
    開き直りってるし!(笑) もうこれ以上は言わせない!という勢いがありました。
    ウグイス嬢も観念したのか「…ありがとうございました」

    次はいよいよhydeだ…っていうのに、hydeはステージ上で完全に寝転んでボケーとしてました。その様子が巨大スクリーンに映ったものだから、会場は爆笑。
    ウグイス嬢「4番 ボーカル hyde 背番号 666
          特技 ブレイクダンス」
    会場「きゃあああああああ!」
    hydeは思いっきり「やべー!!!!!」って顔してました(笑) これって本人には事前に知らされてないんですか? 昨日、モノマネをリクエストされたときも「げー!」っていう反応してたよねぇ。あれ?、でもtetsuのハンカチ王子は事前に用意してるっぽいしなぁ?…ナゾです。
    覚悟を決めたhyde、軽~くブレイクダンスを踊ってくれました。
    最後は誤魔化しながらキスして執事風のおじき。
    もちろん、会場は「きゃああああああああ!」です。
    ウグイス嬢「ありがとうございました。
          以上でラルクアンシエルのメンバー紹介を終わります」

    メンバー紹介で和んだところで、Linkが再開。みんなで手拍子打って楽しく終了しました。

    次はtetsuのMC
    tetsu「みんな元気~?
       楽しい~?
       みんな…幸せもんやなぁ~(笑)
       なんでか知ってる~?(笑)」(←笑いをこらえながら)
    ちょっと!ちょっとちょっと!(ザ・たっち風) 昨日と同じMCやん…(-o-;

    そんな会場の気持ちを代弁してか、
    hyde「もうちょっと言うこと考えてこようよー」
    突然横からツッコみを入れるhyde。
    会場、(笑)
    tetsu「あんなぁ、面白くないことでもくり返し言えば面白くなるんやで。
       ……。
       みんな幸せもんやな~。
       なんでか知ってる~?(笑)」
    と、強引に続けるtetsu(笑) tetsuは天丼(←お笑い用語)がやりたかったんだろなぁ。
    会場「なんで~?(笑)」
    tetsu「それはなぁ…宇宙で…2番目に
       ラルクの新曲が聴けるからや~!!!!(笑)
       嬉しい~?」
    会場「嬉しい~!(笑)」
    乗ってあげる優しいお客さんたち。
    tetsu「みんな良かったなぁ。
       古い曲も聴けて、新曲も聴けて!」
    会場からは拍手が起こりました。
    tetsu「聴きたい~?」
    会場「聴きたい~!!!」

    で、新曲
    優しい曲、重くない。Feeling FineとTime goes onを足して2で割った感じ。なんとなくメロディの流れ方やサビのコード進行・コーラスがtetsuの作曲っぽいかも。でもあまりシングル向きじゃないなぁ。カップリングやアルバムの中盤に入っていたらほっとくつろげるような、そんな曲ですね。ってことで、私の作曲者予想↓
      本命 testu
      対抗 ken
      穴  hyde
      大穴 yukihiro
    とっさに競馬用語が浮かんだのは、ライヴ前にWINSに立ち寄った影響でしょう(笑)

    次はhydeのMC
    hyde「15年目にしてね、初めて歌うことが楽しいと思えてきました。
       今までは宿命のように思ってたんだけどね。
       楽しいねぇ。
       今ここで歌ってもいいかな?」
    と言って歌い始めたのはなんとHAPPY BIRTHDAY! そっか!kenちゃんだ!! やっぱりken誕生日企画あったのね(;^_^A 開演時間ギリギリに入ったから、冊子に目を通す余裕がなかったんですよ~汗

    で、hydeに合わせるように会場みんなでHAPPY BIRTHDAY TO YOU!の大合唱。昨日と同じく、シエルちゃんがバースデーケーキを運んできました。なんと赤いギター型! ってことは昨日のyukihiroケーキはスネア型だったのかも? kenは大照れながらもにこにこ笑顔でケーキのロウソクを吹き消しました。そして、自分の立ち位置に戻ってタオルで顔を拭くken。…果たしてだったのかだったのかは想像にお任せします(笑)

    ken「hydeに泣かされるかと思った(笑)
      みんなありがとーーー!」
    会場もおめでとうコール一色。誕生日はいつ見てもいいですねぇ^^

    hyde「次で最後の曲になりました」
    会場「ええええ~!!」
    hyde「いろんなことがあった試行錯誤の15年でした。
       でもここまで来れたのはみんなのおかげです、ありがとう」
    (この辺りは特にあやふやです…もっといろんなことを言っていました…スミマセン)
    hyde「なんでこんなに多くの人に愛されてるバンドなんだろうなぁって…
        不思議に思うんですよね」
    hyde「15周年の次は30周年だと思うんですけど。
       みんな、腰が曲がっても来てくれるかな?」
    会場「いえーーーい!!!!」
    hyde「では最後の曲です。
       聴いてください、虹」

    ラストの
    kenbirthdayみんなこそこそと下を向いたと思ったらサイリウムを取り出してました。それを見て慌てて私も冊子からサイリウムを取り出しました。今回は虹をイメージして紫・青・赤・緑など色とりどりのサイリウムでした。ちなみに私は黄色でした。サイリウムといえば、7days最終日の青一色の思い出が強すぎて。それに今日はドームの照明が明るすぎることもあって、あまり効果的とは言えませんでした。それでも客席は虹色に光って綺麗でした。(→はサイリゥムと、kenちゃんBirthday企画&サイリゥム使用上の注意について書かれた紙)

    渾身の力を込めた虹でした。今日だけで4時間近くも演奏し続けたラルクさん、特にhydeはさすがに疲れが見え始めてました。それでも全身全霊で全てをかけて歌っていました。昨日はいろんなことを考えながら思い出しながら聴いた虹ですが、この日は無心で聴いていました。ただひたすら聴き入っていました。

    歌い終わって、hydeは「ありがとう!」と言って、去ってゆきました。それを見届けた後、帰りの時間があるため、私とY嬢はエンヤをBGMにそのまま駆け足でドームを去りました。最後の曲までいられただけでも奇跡でした。
    ハートに火をつけろ!以来の全国ホールツアーが行われ、地元にも9年ぶりにラルク来ることを知ったのは翌日のことです。

    昨日今日のLIVEで感じたのは、歌詞で言うならば
      「歩き出した その瞳へ 果てしない未来が続いてる~」(虹)
      「こぼれる未来 眩しいくらい 注ぐ~」(New World)
    っていうか(笑)

    15周年記念LIVEという、ある意味「過去」を振り返るという趣旨のライブだったにも関わらず、なぜか「未来」に繋がるものを一番感じたんです。勿論先のことはわかりませんけど、私にはこの先が明るく開けて見えました。今までにも特別だったLIVE、感動したLIVE、いろいろあったけれども、一番「自然」に、「安心」して、これからを長く見守っていける気がします。

    ありがとうございました
    ラルクの4人にもですが、今回に関わった数多くのライヴスタッフさん、私の友人、そして周りにいた同じラルクファンの皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。


    ~L'Anniversaryセットリスト~

    11月26日(日)
    01. the Fourth Avenue Cafe
    02. Caress of Venus
    03. Vivid Colors
     MC
    04. Lies and Truth
    05. 夏の憂鬱[time to say good-bye]
    06. All Dead
     MC
    07. White Feathers
    08. NEO UNIVERSE
    09. HONEY
    10. STAY AWAY
     MC
    11. metropolis
    12. winter fall
    13. あなた
    14. trick
    15. L'Arc-en-Ciel PARADE 2006
      1. HEAVEN'S DRIVE
      2. DIVE TO BLUE
      3. LOVE FLIES
      4. 花葬
      5. finale
      6. 浸食~lose control~
      7. Anemone
      8. flower
      9. snow drop
      10. HEAVEN'S DRIVE
    16. Driver's High
    17. いばらの涙
    Encore1
    18. Dune
    19. Voice
    Encore2
    20. New World
    21. 自由への招待
    22. 叙情詩
    23. Killing me
    24. READY STEADY GO
    25. Link(メンバー紹介)
     MC
    26. 新曲
     MC
    27. 虹
    別窓 | 15th L’Anniversary Live | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<06/12/23 wowow 15th L'Anniversary Live | L'Archives - ラルク書庫 | 06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム2>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。