L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    06/12/23 wowow 15th L'Anniversary Live

    友人Aの厚意によって、12/23(土)にwowowで独占放映された2時間の特番「L'Arc~en~Ciel 15th L'Anniversary Live」を見ることができました。(CMまで録画・編集してくれて…Aさんありがとうございますv) wowowのラルク特番特設ページはこちら

    今回の特番はなんと世界27カ国で放映が決定しているとかで、その放映予定国は
      北米 : アメリカ、カナダ
      中南米 : メキシコ、ブラジル、チリ
      ヨーロッパ : ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ポーランド、オランダ、ベルギー、スウェーデン、オーストリア、スイス、フィンランド、 モナコ
      アジア : 日本、中国、香港、台湾、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、韓国(07/01/24追加)

    並べてみるとすごいです。ファンが多そうで放映されないのは韓国・オーストラリアくらい(韓国でも放映が決定しました 07/01/24更新)で、主要国はほとんど入っているんじゃないのかな? 今回の特番、LIVEに来られなかった日本人だけではなくて、世界中のファンにも福音だったようです。詳しくはオフィシャルサイトhttp://www.larc-en-ciel.com/061025jack/tv.html

    この世界放映の影響もあってか、番組の冒頭の5分ではバンド ラルクアンシエルの簡単な説明が入りました。バックには過去のプロモが次々と流されます。ナレーションは英語。「アニメの次に世界に浸透するのはラルクアンシエルとその音楽なのだ!」とか、聞いているこっちが恥ずかしくなるようなセリフもありましたが^^;、音楽性・活動歴・売上など、だいたいの特長をつかんだ分かり易いナレーションでした。あ、一つだけ。hydeのルックスの良さに触れてないのが残念…ここめちゃアピールポイントなのに(笑)

    バンド紹介の後、いよいよLIVE映像に。全て2日目(11月26日)の模様でした。(11月26日のライヴ感想はこちら→06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム1
    改めて見ると、「うんうん、ここ良かったねぇ」って今でも強く印象に残っているとこもあれば、「あっ!こんなのあったあった!」って映像をきっかけに思い出したとこもあれば、「え?、こんなシーンあったっけ?」と、確かにあの日いたのに全く覚えていないこともたくさんあって、面白いです。

    いくつか挙げると…


    the Fourth Avenue Cafeでkenとtetsuが赤い服着てて、一緒にじゃれあってるシーン! そうそうありましたねぇ^^ 幼なじみコンビ!

    White Feathersの銀テープ、綺麗でしたねぇ。
    あのとき、テープの勢いが良すぎて上の高速移動カメラのレールの上にもテープが乗っかってたの思い出しました。(ちょうどこのシーンで移動カメラからの映像が映ってますが) カメラがテープ巻き込んで故障したりしないか、なにげにスタンド席から心配してました(笑)

    STAY AWAYのイントロ、tetsuに悪さしているのはkenだけじゃなかった! hydeも後ろからtetsuのスカートめくってるし(笑) これ気付かなかったなぁ。出だしのyukihiro最強。kenはカメラに向かってケツ攻撃…かわいい。

    メドレーのHEAVEN'S DRIVE。やっぱりhydeがギター持たないのは違和感あります。サウンド的にというより、ビジュアル的に(おい)。「次は何が欲しい~♪」で欲しがる仕草をしたりだとか、新鮮でついついチェックしてしまいます。ただ、いくら手持ち無沙汰だからって股間のすぐ近くに手を置くのはどうなのよ^^; metropolisはわざとじゃなかったのね(06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム2参照)…他の曲でも結構やってます(笑)

    Killing Meでは、kenの股の下をくぐって寝転んで歌うhyde。こんなシーンあったあった! hydeはホントにkenちゃん好きだよねぇ。しかし、そんなhydeを放置して次にさっさと移動するken、おもろい(笑) ちなみにこの曲とHONEYで友人Aはさり気なく映ってました^^; 「ああ見えてもステージに近いようで遠いのよね~」とは友人Aのコメント…この贅沢者め~!( ̄∇ ̄;)

    …と、挙げて言ったらキリがないのでこの辺でやめておきます(笑)

    ライブ前の風景では、hydeがTure時代によく着てたヒョウ柄コートを着てる!!Σ(゚д゚;)  1994年時代はこれをそのまま着てくれてもOKだったのに(笑) すごい…まだ普通に着てたんだねぇ。廊下歩きながら叙情詩の歌詞を口ずさむhyde。MCでも言ってたけど、相当叙情詩が好きなんですね。

    サウンドはドームで聴いたのとかなり印象が変わります。もっとベースはぶりぶりでしたよ~(~へ~) もうブッリブリ。TV放映だとどうしても低音が再現しにくいですよね。でもwowowはまだいいほうかもね。M○SIC O○ TVの生中継とか特に…良かったLIVEでいざ録画したのを見ると「ええぇぇぇぇ」ってがっかりしたことも何度かあるし。
    かと言って、音楽DVDになると音が調整されすぎてつまらない…。音響良くなかったLIVEでもDVDでは綺麗に聴こえたりするし。…やっぱりその場で聴くのが一番ってことですね(笑)

    それでもこの特番でLIVEの生生しさや勢いは十分堪能できます! hydeは奇声あげまくり。kenは曲によって陶酔状態になったり、ノリノリになったり、お茶目になったり、くるくると様子やプレイが変わるから見ていて楽しい。yukihiroのプレイもキレまくり。ずいぶん曲目は削られてましたが、(3時間30分を2時間にまとめるんだから当然といえば当然ですが)、こうやってTVで見ても、すごく良いLIVEだったなぁと改めて感じました。

    楽しみにしていた夏の憂鬱[time to say good-bye]metropolisVoiceは削られちゃったのね…(; ;) 削られた曲たちも、放映された曲に勝るとも劣らない素晴らしい演奏だったことは付記しておきます。完全収録版のリリースが待たれます。

    特番の流れはこんな感じでした。
    - バンド紹介 -
    00.オープニング
    01.the Fourth Avenue Cafe
    02.Caress of Venus
    03.Vivid Colors
    hyde MC(一部)
    - hyde interview 1 -
    ken MC(一部)
    - yukihiro interview 1 -
    04.White Feathers
    05.NEO UNIVERSE
    06.HONEY
    07.STAY AWAY
    08.L'Arc~en~Ciel PARADE 2006
    09.Driver's High
    10.いばらの涙
    - ken interview 1 -
    - hyde interview 2 -
    - live前風景 -
    - yukihiro interview 2 -
    - ken interview 2 -
    - hyde interview 3 -
    - tetsu interview 1 -
    - live前風景 2 -
    - tetsu interview 2 -
    - ken interview 3 -
    - yukihiro interview 3 -
    11.New World
    hyde MC(一部)
    12.叙情詩
    13.Killing Me
    14.READY STEADY GO
    15.Link
    hyde MC(たぶんフル)
    16.虹
    17.エンディング

    - hyde interview 1 -
    今までと違ったライヴのテイストにしたいなというか、スペシャルな感じにしようかなと思って。15年の歴史をわかりやすく辿る感じにしたいなと思って。それで、その年代年代を説明するときにわかりやすいのがいいなと思って。単純にタイムマシンが思い浮かんで。この年代に今みんなでタイムスリップしたんだよっていうのが子供にもわかるように考えました。

    - yukihiro interview 1 -
    うん、「White Feathersやるよ」ってなって、その曲聴いて「すごくいい曲だなー」って思ったんだけど。それが…自分がプレイしてものになるかっていうのは別で。んで、やってみてすごい気持ちよかったんで良かったなぁと。今回のLIVEの中でのWhite Feathersっていう曲は思い出がありますね。

    - ken interview 1 -
    僕の最も古い部類の衣装って全くもうなくって、古くてあって8年前くらいのしか見つからなかったのかな?で、それ着て。(映像で、REALツアー最終日の衣装:白スーツにさらしが映る)そんときのライヴで僕あばら骨折ってて…さらしを巻いてライヴをして。ライヴ前で3回くらい巻きなおして…痛くて痛くて。それでライブしてました。

    - hyde interview 2 -
    うーん、こうきたかーって感じですよね。なるほどね、普段ライヴでやってる曲はもう省いちゃってるんだなっていうのが第一印象です。もうそういうのはやるやらない抜きにして、とりあえずライヴで聞いた事ないような曲がだーって並んでるっていう印象で、そりゃそうかぁ~と思いましたね。

    - yukihiro interview 2 -
    会場が大きいと、音が遠くまで飛んでゆくなぁっていう感じがすごく好きですね。

    - ken interview 2 -
    うん、今回はすごく音の面も広さの面も楽しめていけましたね。

    - hyde interview 3 -
    要は、一つの町の人口が一つの屋根の下に集まるってことですから…それを考えると、それだけの人に愛されているバンドがあって、それを皆で分かち合うっていうその行為って…もうライヴする前からすでに感動的なわけですよね。

    - tetsu interview 1 -
    ステージに立って、ステージから見える景色とかやることって、あんまり変わらないんですよね、会場の大きさが変わっても。実はそんなにライヴハウスとそんなに変わんなかったりするんです。こんなこと(言ったら)怒られるかもしれないけど(笑)

    - tetsu interview 2 -
    やっているときはよくわかんないというか…夢中で、終わってからもよくわかんなかったんですけど、冷静にTDやって聴いたらすごいいいなぁって思いました。(※TD…トラックダウンのこと)

    - ken interview 3 -
    いろいろ良いLIVEとかあったと思うんですけど、それを見てみたいよね。客席側から。どれでもいいんだけど。

    - yukihiro interview 3 -
    僕は別に見なくていいです(笑) やってきたことは全部自分のやってきたことだから。ま、見に行くまでもないって感じですし。これからのことも、これからやっていってどうなるかっていう楽しみが減るのが嫌なんで。今…(聞き取れませんでした)…ですね。


    wowowならかなりの確率で再放送があると思うので、まだこの番組を見ていない人にぜひ見て欲しいです。
    (※再放送あるようです。
    放送日:2月28日(水)午後7時55分~
    放送チャンネル:アナログ放送BS5ch及びBSデジタル3ch放送使用)

    別窓 | TV | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<06年9月-12月のアクセス記録総括 | L'Archives - ラルク書庫 | 06/11/26 L'Anniversary @東京ドーム3>>

    この記事のコメント

    こんばんは、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    しっかりと丁寧な解説でわかりやすいです!

    ところで質問なのですが、この再放送はWOWWOWでのみやるってことなんでしょうか?
    WOWWOWもスカパーもない私の家ではとても残念なことなのです(´・ω・`)
    2006-12-30 Sat | URL | 太郎 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
    太郎さん、こんにちは^^
    残念ながら再放送はwowowのみです。
    BS・CS・ケーブルTVのどれかがあれば見られると思うんですが…こればっかりはどうしようもないですね(´`)
    記事の方に、4人のインタヴューの文字起こしを追加しましたので、せめて内容だけでも楽しんでいただけたら幸いです。
    2006-12-31 Sun | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。