L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    花葬のゾンビに惚れた

    8センチシングルから12センチシングルになって変わったジャケット。
    花葬(1998年7月発売)も大きく変わったうちの一つ。

    8センチシングルでは
    花葬こんなの

    12センチシングルでは
    花葬こんなの

    女ゾンビは扉から現れたのでありました。
    「今まで扉に気づかなかったんかい!」というツッコミはなしでお願いします(笑)


    花葬のシングルといえば、懐かしい・・・。
    ゾンビの美しさに惹かれ思わずジャケ買いしてしまったCD。
    当時はアルバムのray(「花葬」収録)を先に持っていたから、花葬一曲しか入っていないシングルなど、はっきり言って買っても 無駄 だったわけです。
    買うつもりもありませんでした。

    が、ある日CDショップで見かけた女ゾンビときたら、
    kasou悲しげに虚空を見つめるだけ

    吸い寄せられるようにシングルを手に取り、
    気づいたら買ってました

    ゾンビの着用しているドレスにはたった今墓から起き上がってきましたとばかりに、
    土が付着していておどろおどろしさを演出。
    しかし、恐怖やグロさを特に強調しているわけでもない。
    ショーツ一枚、透けているドレスからはち○びがチラ見え。
    しかし、エロティックさを全面においているわけでもなく。

    ただただ美しい。

    ゾンビを美しく仕上げてしまうセンスは、耽美な一面を持つラルクならでは。
    美とホラーが同居する「花葬」にまさにぴったりのジャケットです。

    つーか、このゾンビスタイル良すぎ(笑)
    軽く計ってみたところ9頭身はありました。
    (斜め下からのカメラアングルなので正確ではないですが)

    別窓 | ジャケット | コメント:0 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<All Time L'Arc~en~Ciel | L'Archives - ラルク書庫 | snow dropとキューピー>>

    この記事のコメント

    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。