L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    生真面目バンド(by市川哲史)

    宝島社出版の「音楽誌が書かないJポップ批評47 L'Arc-en-Cielの奇跡」という冊子を買ってきました。「非公認雑誌を買うだなんて最低☆ ファンじゃないわ!><」という見解の人は以下読み飛ばしてくださって結構です。

    中身はフリーのライターさんたちがこぞって好きな視点から独自にレヴューするという企画本。妙ちくりんな説を唱えてみたり、的外れなことを評論してみたり、ルーツを探ってみたり、音作りをクローズアップしていたりと、ライターによって多種多様なレヴューの、ごった煮状態。「音楽誌が書かない」と頭につくだけあって、普通の音楽誌では絶対触れないような俗な話題までカバーしてくれてます。たまにはこういう毛色の違う冊子もあっていいんじゃないですか^^ 中身をどう読んでどう感じるかは読者次第ってことで。

    執筆ライターは総勢40人弱。今回で初めてラルクをちゃんと聴いた的な人もいれば、ラルクのファンクラブNo.30番台という筋金入りのラルヲタの方までいらっしゃいます。

    そんなライターたちの中に紛れて、ひょっこり『市川哲史』の名前を発見!

    市川さん…なにやってるんですか!(笑)
    最近は「私がヴィジュアル系だった頃」やちょくちょく雑誌等でも目にしていましたが…まさかこんな雑誌(こんなとか言わない!)でもお目にかかるとは…(;´Д`A ``` ビックリです。

    市川さんと言えば。
    元々ROCKIN'ON JAPANの編集長で、独立して音楽と人を立ち上げ、ある日突然行方不明(笑)という数奇な運命をたどったお方ですよ! 酒とヴィジュアル系バンド(バクチク・ソフトバレエ等)を愛し、独特の言葉遣いとユーモアとネーミングセンス等で強烈な個性を放ち、音楽雑誌界で一時代を築いたお方。ラルクは「音楽と人」でお世話になってましたよね。中でも復活直後のtetsuインタが印象的でした。

    んで確か、市川さんだと思うんですが、
    ラルクのライブを見に行って、ライヴ後てっきり打ち上げがあるもんだと思ったら、その日のLIVE映像をプレイバックしながらの反省会みたいなことやってて、『おいおい、こんな真面目なバンドいねーよ!』と思ったというエピソードありましたよね(笑)

    以来、ラルク=真面目バンドという固定概念がついてしまったという(笑)


    さて話は戻って。
    音楽誌が書かないJポップ批評の執筆者紹介欄での市川さんのコメント

    私が失踪した直後の『HEART』全国ツアーの千葉・市川市ライヴで、kenが「市川市と言えば??『音楽と人』の市川さんはどこに行ったんでしょうねー」とMCでネタにしていたらしい。はいはい、私が悪うございました。

    とありました(P125)。あはは、kenちゃんらしいね。市川さんはどこでこのMCを耳にしたんだろう。

    でもよく考えたら
    「市川市といえば?」 → 「『音楽と人』の市川さん」という発想は、
    「松山名物といえば?」 → 「松山千春!」とか、
    ('96年Kiss me heavenly愛媛で実際に客が答えたらしい^^;)
    「淡路島といえば?」 → 「yukihiro!」と同じレベルです(笑)

    Jポップ批評の中では、アルバム「HEART」について記事を書いています。相変わらず切り口が独特すぎでおかしな文章を書いてらっしゃいます♪(褒め言葉です) 久々に昔の"音人"でも読み返してみたくなりました。次のアルバムのロングインタヴューとか市川さんで読んでみたいなー。

    市川哲史さんについてもっと知りたい方は便利なウィキペディア(Wikipedia)へどうぞ。失踪理由すごすぎ(笑)


    ***参考***
    私が「ヴィジュアル系」だった頃。 私が「ヴィジュアル系」だった頃。 >> 詳細
    市川 哲史 (2005/07) 竹書房
    ゲストとヴィジュアル系(80年代~90年代後半)を懐かしむ対談形式。
    当時を知る人は小ネタや業界事情も聞けたりで必読です。
    別窓 | 雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<07/03/16 POP JAM(最終回) | L'Archives - ラルク書庫 | 04/05/16 SMILE TOUR 名古屋レインボーホール3>>

    この記事のコメント

    私も買ってしまいました"f(´~`)まだ全部読んでないけど、結構笑いました。
    市川さんて、結構ラルクと親交があったのですか? 知りませんでした(知らないコトだらけ!!(爆)  でも、ケンちゃんのくだりにも笑いました~
    「私がV系だった頃」について、私も少し書いてたのでトラバさせて貰おうかなvv(トラバってしたことないので、やり方調べてから(笑)

    あと、drunk-butterflyさんのブログ、リンク貼らせて頂きましたe-266 
    以前リンクフリーだと伺っているので、ご報告もいらないかなぁとも思ったのですが…一応ご挨拶しますヾ(´ー`)ノ
    これからもどうぞよろしくお願いします♪


    2007-03-15 Thu | URL | べーべ #m905jKy6[ 内容変更] | top↑
    私も斜め読みです^^;
    記事によって、面白いのとそうでないのの差が結構ありますねー。
    もっとぶったぎってくれてもいいのにと思ったりして笑

    うーん、どうなんでしょう。
    市川さんと過去親交があるまでは言い過ぎかも。
    一緒に呑みに行ったりはあったみたいだけどね。
    今の鹿野さんみたいな距離感なのかな。

    リンク報告、ご丁寧にありがとうございます^^
    はいはい、トラバもご自由にどうぞ♪
    2007-03-17 Sat | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。