L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    07/03/16 POP JAM(最終回)

    NHKの看板音楽番組であるポップジャムもついに最終回。

    記念すべき最後の出演者は
    trf
    ゴスペラーズ
    GLAY
    いきものがたり
    浜崎あゆみ
    T.M. Revolution
    安室奈美恵(スタジオ収録)
    そして我等がL'Arc~en~Cielでした。

    ラルクはいきなり最初の登場。珍しーい。

    hydeは…髪切った? 黒の上下。ジャケットの胸襟につけられた黄色い缶バッジがやけに目立つ。tetsuは遠目で見ると、ラニバーサリー2日目のkenの服着てるのかと思った(笑) 黒のジャケットに赤のシャツ。kenはグレーのジャケットに…このインナー初めて見たかも。ちょっと胸見せすぎじゃないですか?(笑) ほっそり引き締まってて、モデル体系にさらに拍車がかかってます。髪は伸びてもさもさ。yukhiroは最近多い黒のスーツ、ブーツイン。もともと着やせする人ですが、リアルに痩せたのか、まるで少年のような細身なシルエットでした。

    始まった曲は…

    AS ONE!!

    あえてこの曲を選ぶか(笑) 他の出演者たちのように、ポップジャム最終回を記念して往年のヒット曲やメドレーを披露しようとか、そんな気を使う様子は一切ありません。ヒット曲どころか、ファン以外は知らないであろうアルバム曲を披露し、ただただ我が道をゆくラルク。2007年の幸先よいスタートに、「いっちょ激しいのかましとくか!」という気合の現れでしょうか。(適当に言ってみた)

    作詞・作曲欄のテロップがhydeになっていて「あ、そうだった」と思う私。ついつい、こういうスリップノット(SlipknoT)風とかマリリン・マンソン(Marilyn Manson)風な曲ってyukihiro作だと思っちゃうんだよねー(^^; kenもtetsuも下を向き、プレイに集中している風なスタイル。hydeも顔を歪ませ、シャウトに、ヘドバンにと忙しい。見事に『攻撃的なラルク』を演出してました。


    ここで別スタジオ撮りのトークが入ります。トーク司会はTM Revolutionが担当。同時期に大阪でバンド活動していたつながりかな? 西川君は歴代司会者の中で一番ラルクのいじり方を心得てるからねー。わりと安心してみてました。

    西川「さぁ、今夜のポップジャム、素敵なゲストをお迎えいたしました。
       ラルクアンシエルの皆さんです!」
    (ken・yukihiroは拍手、hyde・tetsuは会釈)
    tetsu「よろしくお願いします」
    西川「よろしくお願いします!」
    西川「どうですか、この番組もいよいよ最終回ですよ」
    hyde「うん」
    西川「ね、残念といえば残念ですよね」
    hyde「そうですよね。うん、だから最初に出た番組だからね」
    西川「そうそうそうそう、僕もそうなんですよ。
       僕もテレビに初めて出させたもらったのがこのポップジャムなんで。
       たぶん今ね、活動されているアーティストの方でも、このポップジャムが一番スタートって方もめちゃめちゃ多いと思うんで。
       あの緊張感はねぇ」
    hyde「がちがちだったね、確か」
    西川「でしょう?
       その頃はまだね、たぶん全員がテレビに意欲的に出て行こうっていう気持ちがあったかと思うけども(一同笑)
       徐々にそれが薄れ…」
    hyde「いや、今も変わってないですよ、意欲的ですよ」
    西川「うそぉ。ほぼゼロやん!(笑)」
    hyde「んなことない、んなことない(笑)」
    西川「なんか思い出すこととかないですか?
       これ最後に言っとこう、みたいな」
    hyde「あのーカメリハとか見んのが楽しかったです」
    西川「あ楽しかった楽しかった!
       それ楽しい!好き!」
    hyde「ねぇ。
       あ、あのアイドルが!みたいな、ははは(笑)」
    西川「そうそうそう!」(一同笑)
    hyde「すっぴんだよ!みたいな」(一同笑)
    西川「そうやねん!
       あ、私服こんなんなんやーとかあるもんね」
    hyde「へぇ~みたいな」
    西川「私服の方が…」
    hyde・西川「ええやんね」(←同時に言う)
    西川「みたいなん、あるもんね。そうそうそう!」
    hyde「そうそうそう」

    西川「僕が司会をやさせてもらうようになってから、ちょっとこの距離をね、つめていこうっていう…。
       できれば僕もラルクアンシエルのメンバーになっていこう、みたいな」
    hyde「うんうんうん」
    (ken・yukihiro・tetsu笑)
    西川「若干ね(笑)
       …なんで笑ろてんの。
       僕もうなんやったら入ろう思って。
       しれっとツアーとか回ろう思ってたから」
    hyde「本当に?」
    西川「代々木とか行ったんもそのせいやで」
    hyde「あ、そうなの?」
    西川「ホンマは出るつもりだったんやけど。
       出させてもらうねん」
    hyde「お、俺ヤバい立場なの?」(一同笑)
    西川「違う違う違う!(笑)
       全然後ろでタンバリン『ハイ!ハイ!ハイ!』」(一同笑)

    西川君、代々木といわず、大阪でもゲスト出演歓迎です。いつでもタンバリン片手に来てください^^ 関西弁でなつかしトークして欲しいなぁ。ラジオでラルクの悪口言ったなんて過去はもう昔(笑) hydeが言う「ガチガチだった」初登場時って、…確かBlurry Eyesでhydeが高熱出したかなんかで、ぼろぼろだったときでしょうか。でも、次の夏の憂鬱[time to say good-bye]で、見事なまでに熱唱、リベンジを果たした負けず嫌いのhyde君でした^^

    2曲目は、現時点での最新シングル、Link
    うん、これは納得の選曲。ていうか、AS ONEとLinkとの曲調のギャップがすごすぎ(笑) TVでは間にトークが入ってるけど、実際は2曲続けての演奏ですよねぇ? なーんの違和感もなく繋げられるのよねー。ラルクのお得意芸ですね。AS ONEから一転、こちらでは『平和なラルク』を演出……しようとしてたみたいだけど、やや失敗(笑)

    やっぱりkenがにこにこしてないとダメなんだよー(´д`) 下向きっぱなし。11月のライヴではあんなに笑顔振りまいてたのに。笑顔は出し惜しみしなくていいよー。hydeは笑ってるんだけど、うつむき加減の上、照明も暗く、髪に隠れて顔が見えない。なまじ顔の彫りが深いから、口だけ笑ってるように見えて、かえって怖い(笑) こら、Linkで奇声あげるなー!! 声出ないからってLinkで眉間にしわ寄せるなー!! 最後の「サンキュー!ポップジャム」でようやくまともにhydeの顔が見れましたよ(;^_^A 唯一、tetsuはジャンプしたり、回転したりとLinkらしく振舞ってました。yukihiroはどんな曲でもプレイや表情が変わらないので割愛します(笑)

    そうそう、ポップジャムってカメラワークが良くなってます? Blurry Eyesの頃なんて、hyde95%、他3人5%くらいの割合だったのに(笑)、今回はちゃんと4人を映し出してました。Mステとまでは言いませんが、一応メインぽいところはそれぞれアップになってましたし。これくらい映してくれたらファンとしては満足ですよ^^ これからもこの調子でお願い……って、今日が最終回だった(汗)

    演奏面は…。
    楽器隊はアテフリなのでほっといて。注目すべきはhydeボーカル。

    冷静に見ると
    hyde…歌下手…_l ̄l○
    今日の出演者の中では群を抜いてます…よよよ(涙)

    声量ないし、こもってるし、奇声あげて誤魔化してるし。AS ONEなんて、サビ部分はCDのボーカルの声をかぶせてるぽかったけど、歌ってる音程が取れてないから、かぶせている声と不協和音になってるし…(涙×2)

    ラニバーサリー1日目を一緒に行ったk君(ラルクファンではない)が、「hydeって意外と歌上手いんだ」と感想を漏らしたのもわかるわー(^^;(06/11/25 L'Anniversary @東京ドーム3参照) TVでしか見てないと、hydeはこんなんだと思ってるよねぇ…(涙×3) なんで音楽番組ではこうなるんだろねー。ラルクのライブではここまで声出てないことって少ないのに。

    そっか、連日のレコーディングで疲れているんだろう。
    きっとそうだ!
    そうに違いない!
    お疲れ様です!
    出演ご苦労様です!

    新曲の披露はおあずけでしたが、出てくれてありがとうございました! ポップジャムが14年なら、ラルクは15年。山あり谷ありながらも素敵なオジサマ(おっさんじゃないよ)になりつつあるラルクに乾杯☆

    別窓 | TV | コメント:5 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<07/04/06 Music Station | L'Archives - ラルク書庫 | 生真面目バンド(by市川哲史)>>

    この記事のコメント

    やはり、あれ声出ていないですよね...hydeさん...
    書いていいのかなぁどうかなぁと思っていたらアゲハさんが書いていらしてなんとなくほっとしました。

    そして、AS ONEを演奏するあたり、完全にゴーインニマイウェイで。
    そんなあなたたちが好きだ!と思う一方で、普通に知らない人が見たら2曲のギャップにびっくりだろうなぁと思いつつ楽しみました。
    ライブが楽しみな一方、とても怖いゆえでした。
    2007-03-18 Sun | URL | 月 -yue- #f.bVQq0w[ 内容変更] | top↑
    drunk_butterflyさん、お久しぶりです☆
    月ちゃんも、お久しぶり~~~~>w<

    drunk_butterflyさんの記事、すごく詳しいです!
    なんか自分も見たほど面白かったです。><
    AS ONEとLINKを演奏したってことですか。やぁ~その妙な違和感が想像だけで笑わせてしまいました。
    さすが我が道をゆくラルクさんです。再び感心!!笑
    日本へ行けなくなったことで憂鬱になったけど、drunk_butterflyさんの記事に癒されたhitomiでした。><
    2007-03-18 Sun | URL | hitomi #LkZag.iM[ 内容変更] | top↑
    >月さん
    うん、あちゃーって感じですね^^;
    わざと声を歪ませているとか以前のレベルでした…。
    いつもこんなのだったら文句の言い様もないですけどね(笑)、
    LIVEでは綺麗に歌える(ときもある)のに…と思うと、
    TVしか見ない一般人にはhyde下手なんだと誤解されると思うと、
    なんだか悔しいですよね。
    レコーディングでお疲れだったんでしょう。
    みんなどことなく痩せてたような気がします。

    >hitomiさん
    日本行きなくなって本当に残念です。
    こんなに純粋に日本を学びたいと思っている学生を許可しなかったヤツ誰だよ!って感じですね(怒)
    ポップジャム見てた人はみんな「え?なぜAS ONE!?」と不思議に思ったんじゃないでしょうか(笑)
    トーク部分文字起こし追加しました^^
    2007-03-19 Mon | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    アゲハさん、お久しぶりです。
    実は私…なんとPJを見逃したのですよよよ…(TT)
    まさか初っ端とは思ってもみなくて、飛んで帰ってTVを点けたら、Linkの終わりの部分でした。
    ありえん!!hyde行かないでー!!と本気で思いました(笑)妹が録画してくれたらしいので、実家に帰ったら見まーす;;

    なので、アゲハさんのレポ、とても有難く読ませていただきました!!
    hyde、歌が問題だったんですか!そんなに声が出ていないとは…それはちょっと見るのが怖いですね。奇声(笑)なんだか色々と凄そうです。
    しかし、LinkとAS ONEって選曲にビックリでした。
    2007-03-25 Sun | URL | 雲隠 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
    あああ、痛恨の見逃し…。
    テレビって見てしまえばどうってことないのに、見逃すとめちゃ後悔しますよね。
    hyde行かないでー!は気持ちわかりすぎて笑っちゃいました(経験者)
    ぜひ実家に帰ったときに見て、気持ちを落ち着かせてくださいね。

    hydeのボーカルはL'Anniversaryに比べると出てなかったですけど、
    いつものテレビ音楽番組と考えれば普通かもしれません(苦笑)
    2007-03-27 Tue | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。