L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    SEVENTH HEAVEN仮タイトルは元気いっぱい!?

    最近ラルクが出演したテレビの感想を簡単に。音楽戦士以外のね(涙) 面白いなぁと思ったのが、それぞれの番組で曲の編集具合が違うこと。持ち時間が違うからなんでしょうけど、面倒じゃないのかなぁ?

    ■07/05/25 MUSIC JAPAN

    コメントのみで、関根麻里とのトークはなし。演奏シーンはもうラルクがどうとかより、観客が元気!という印象でした。客席はすっかりラルクファンによって浸食。

    SEVENTH HEAVENは、なんと「the answer in a minite thrity one!」抜き。さっさと答えの「~under your feet!」に行っちゃいました。お客さんは「サーティ・ワン!」のフリやりたかったろうなぁ。

    番組サイト : http://www.nhk.or.jp/mj/


    ■07/06/01 MUSIC STATION

    登場シーンからいきなりビビッタΣ(゚д゚;)

    hydeがなぜかサングラスかけてないの! なんで!?

    実は、前回のMステの記事(07/04/06 Music Station)で

    案の定hydeはサングラスかけたままの登場。なんでサングラスかけてるんだろ。世の中にはサングラスがトレードマークな芸能人も多いけど、hydeに限って言えばマイナスプロモーションだって!(笑) 絶対顔さらけだした方がいいのにー!(´з`)
    なんて書いちゃったもんで、なんか…あっさりリクエスト通りになって怖いんですけど(^▽^; うん、やっぱり素顔がいいよ~余は満足じゃ。

    登場時の立ち位置、kenだけなぜかポツンと後ろにいたのはなんで? その立ち位置はどっちかといえばET-KINGじゃん。むしろET-KINGに混じってるじゃん。…と、しょーもないことも気になりつつ。

    今回のトーク担当はken。さすがはkenちゃん、起承転結、オチとツッコミのある話ぶりで、安心して見ていられました。話は雑誌ワッツ・インの企画で、kenがリア・ディゾンちゃんにギターを教えたというの内容。(まだ見ていない人は今すぐ最新号&WEBをチェック!http://www.musicnet.co.jp/whatsin/

    途中、リア・ディゾンちゃんに「アメリカでもラルクアンシエルは知っていたから…緊張したけど…でも嬉しかったですv」とハニカミながら言われたにも関わらず、さらっと受け流すkenがかっこよすぎ(笑) 私が男だったらイチコロだよー。いかんせん、トーク時間が少なくて、時間内に話を収めるのが大変そうでしたね。

    SEVENTH HEAVENの編集具合はMステがベスト。曲もほとんど省略なし、歌もほぼフルで聴けました。カメラワークがいつになく忙しかったね…そこまで動かんでも、そこまでアングル変えんでもええやんっていう。他のアーティストは普通なのに、ラルクだけ慌しいんだよね(笑)

    hydeが揺れる(踊る)たびにカメラも揺れる(踊る)。コラコラ、そこのカメラ!hydeに近づきすぎや! 特に可笑しかったのが、「誰も彼もさあ来な、いつも居るよ歓迎しよう」の歌詞部分。歌詞に従ってhydeにのっそのっそ近づいていくカメラが最高でした。どうも今回は、カメラ部隊が気合入りすぎたか!? や、全然いいんだけどねー( ̄▽ ̄) Mステは4人をまんべんなく映してくれるのがいいねぇ。

    番組サイト : http://www.tv-asahi.co.jp/music/
    アフターMステのコーナーではhyde画伯によるkenの絵が見られます。


    ■07/06/02 JAPAN COUNTDOWN

    SEVENTH HEAVENCMのためだけに録画(←ラルクオタクっぷりを発揮)。無事捕獲成功。

    そういえば、音楽ニュースのテロップにさりげなく上記の「ラルクken、リア・ディゾンにギター教える」と出て、笑った。ニュースになる基準がイマイチわかりません(笑) どこでこのネタを仕入れてきたんだろ。


    ■07/06/02 CDTV

    ステージセットは黄金色で一番煌いてました。最近みんな(tetsu除いて)黒ばっかり着てるから、その分、照明やセットは明るすぎるくらいでいいと思うんだよねぇ。4人は無表情だし…せっかく楽園でノリノリの歌なのに、テレビ通して聴くとどうも暗ーい感じがするんだもん(と感じるのは私だけ?笑)

    ステージセットは好きだけど、SEVENTH HEAVENの編集具合は一番悲しい。「the answer in a minite thrity one!」で1分31秒後にスキップしたら…曲が終わってCM入ってるし! 短っ!(´д`;) せっかくの歌詞が…(´・ω・`)

    番組の最後の最後で笑わせてくれましたね。ラルク的にあのフリが「元気いっぱい」感を表しているんだよね(笑) なんかかわいいぞ!(´∀`*)

    番組サイト : http://www.tbs.co.jp/cdtv/


    別窓 | TV | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<B-PASS (2007年7月号) | L'Archives - ラルク書庫 | またハートにつけろ!チケット到着 他>>

    この記事のコメント

    >歌詞に従ってhydeにのっそのっそ

    `,;';:.,(゚ω゚ ) ヴハッ カメラさんの姿を想像しちまいました!

    ハイド画伯のケンちゃんに和みますよねー(ノω`*)なんでケンちゃん(だけ)なんだろ(笑)

    CDTVのセット、すごいカッコイイと思ひました!

    ラジオの写真がいくつかアップされてますよね
    ご覧になりましたかー( ^ω^)
    SCHOOL …のHPではハイドさんの羽がチラリと写ってたりして、もしまだでしたら超お勧めですd(*゜д゜*) 
    2007-06-07 Thu | URL | べーべ #m905jKy6[ 内容変更] | top↑
    Mステのカメラワーク面白すぎですよね。
    やりすぎ(笑)
    でも好きだー(笑)
    一回のリハであれだけの動きをやってみせたとはとても思えないです^^;

    >なんでケンちゃん(だけ)なんだろ(笑)

    hyde君は昔からkenちゃんにべた惚れだもんw
    ラジオかなんかで、「俺が女だったらkenちゃんと付き合うね」とか言って、
    kenが反応に困ってたこともあったようななかったような^^;

    情報ありがとうございます☆
    そのうち、ラジオHP漁り、レポ漁りもしていきたいです。
    まっさきにSCHOOL…見に行きますね^^
    2007-06-08 Fri | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。