L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    何気にラルク取り上げ率高いよね? 日経エンタテインメント!

    今日は2ヶ月連続ラルクを取り上げた日経エンタテインメント誌から。

    まずは、最新号のマーティ・フリードマンの連載「J-POP メタル斬り」

    日経エンタテインメント ! 2007年 11月号 [雑誌]日経エンタテインメント ! 2007年 11月号 [雑誌]
    (2007/10/04)
    日経エンタテインメント!

    商品詳細を見る

    マーティ・フリードマンといえば、あのメガデス(Megadeth)の元ギタリストで、日本在住で、超日本通、流暢な日本語を操り、タモリ倶楽部などのテレビ番組でもすっかりお馴染みの……説明するのが面倒になったので、もっと詳しく知りたい方は便利なウィキペディアで(笑)

    そんな彼は大のJ-POP好き。日経エンタの連載で、今が旬のいろんなJ-POPアーティストのレヴューを書いています。彼の独特な切り口とJ-POP傾倒っぷりが面白いので、何気に毎号チェックしている連載です。日経エンタ最新号(11月号)を開いてみると、連載の見出しになんと「ラルクの壮大なサウンドを組み立てるドラムの独創性」とあるではないですか!(*゚∀゚*) 待ってましたのラルク斬り!(≧∇≦) 興味津々で読みました。

    今回の最新シングルDAYBREAK'S BELLについてのコメント。松浦亜弥やハロプロ関係浜崎あゆみなどが大好きな人だから、ラルクはどうなんだろうなぁと思っていたら…やはり好みストレートど真ん中…ではなかったようで^^; DAYBREAK'S BELLより、むしろカップリングの夏の憂鬱(SEA IN BLOOD)にウケたっぽいのがなんとも(苦笑)

    それでもマーティがドラムに着目してくれたのは嬉しい。大きく分けて二つのことを言ってます。それに関連してドラムに関する想いを。


    一つは
    ■Aメロのドラムが忙しすぎて、歌メロに集中できないってこと。
    そうなの。今回のドラム、yukihiroにしては主張しすぎなんだよねー(´`) ドラムが主張するのが決して嫌なわけじゃないよ、むしろ曲によっては大大大歓迎☆(≧∇≦)なんですが。

    ただね、今回のDAYBREAK'S BELLは、ドラムを主張するタイプの曲じゃないと思うんだ…。どっちかと言えば、綺麗な歌メロをアピールする曲じゃないかな。全体を聴いて、メロディラインよりもついついドラムラインを追いかけたくなるほど、ドラムがでしゃばるのはなんか違うなーと思ったの。

    いつものyukihiroらしく、もっとタイトで乾いた音とか、もしくはドラムの音量絞ってくれてたらこんなに気にならなかったんだけど…。まぁこれは作曲者(kenちゃん)の意向ということだから、よりkenちゃんの思い描いている曲世界に近づけたということで、最終的には良かったのかもしれません(・ー・)

    もう一つは
    ■ドラムが曲全体に流れる壮大さをコントロールしているってこと。
    マーティ、いいこと言うじゃん!(笑) この曲、イントロからドラムはずっと複雑で、不規則で、派手に動き回っているのに、サビになるとなぜかフツーなビートを刻みだすのよねー。これがいいアクセントになってるのよね。面白いよねぇ(゚ー゚*)

    過去の曲では自由への招待も似たようなタイプかも。あの曲も、イントロやメロではあんなにハチャメチャに動いてるのに、サビになると規則正しいリズムを刻みだすのよね。かなりっていうか、私的にはツボだったりします(笑)

    批判してるのか褒めてるのかわかんなくなってきたので(^^;まとめると、
    個人的にDAYBREAK'S BELLのドラムは
    全体で見ると目立ちすぎて好みのバランスではないが、ドラミング自体は大好物ということです(笑)


    続いて、先月号の市川哲史「ライヴは人なり」

    日経エンタテインメント ! 2007年 10月号 [雑誌]日経エンタテインメント ! 2007年 10月号 [雑誌]
    (2007/09/04)
    日経エンタテインメント!

    商品詳細を見る

    市川さんといえば、過去記事 生真面目バンド(by市川哲史) でも取り上げたことがありますが、私が好きな音楽評論家の一人。今回は15th L'Anniversary LIVEについて取り上げていました。市川さんがこのLIVEについてどんな感想を持つのか、どんな言葉を使って表現するのか、楽しみながら読みました。

    ギャル曽根ですらゲップするに違いない、ラルク大食いの宴だ。(p159)
    うーん、さすが! 191分の濃さがこの一言に見事収まってしまいました。

    他に目を引いたのは、「まだラルクの実体をつかめていない」「これぞラルクというものが見当たらない」(P159)、というところ。面白いことに、前述のマーティは連載中に「ラルクは聴いた瞬間にラルクってわかる」(p64)と言ってるんですね。

    相反するような二つの意見ですが、どっちも正しいんだよね。
    どの曲を聴いてもラルクはラルク
    どの曲を聴いてもこれぞラルク100%という曲はない
    これがラルクの魅力なのよね(*'-'*)

    ただ一つ、市川さんに物申すなら、hydeの歌詞で逃避願望がモロ現れてたのは、arkrayREALまでじゃないかなぁ。最近の歌詞の傾向はもっと前向きで現実的な気がします。あ、過去曲満載のラニバーサリーライヴを見た感想だから、これでいいのか^^;

    別窓 | 雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<Hurry a reservation of Hurry Xmas! | L'Archives - ラルク書庫 | 祝!MY HEART DRAWS A DREAM トップ10入り>>

    この記事のコメント

    こんばんは~(´∀`@)ノ
    日経…はいつもアゲハさんの記事でチェック(笑)してます"f(´~`)
    私も『DAYBREAK'S BELL』のドラム、タイトにしてくれればよかったのになーとか思いました。
    ドラムのコトはよくわからないなりに。。。笑
    しかし、ライブDVDを出す際には、是非yukihiroサブアングルをいれて欲しい曲ではある(´дW)矛盾。

    PVについて書かれた記事の『矢切の渡し写真』爆笑しましたよ…σ(・・*)
    「あれは海賊じゃない」って記事は数あれど、矢切の渡し写真載せてるラルクファンブログさんはアゲハさんだけですよ(爆)

    それから…あー毎度長々しいコメですみません(;´д`)
    季節に逆らった模様替え最高です(>∀<)
    そして、リンクどうもありがとうございます♪♪♪
    今後ともどうぞよろしくお願いいたしますe-266
    2007-10-19 Fri | URL | べーべ #m905jKy6[ 内容変更] | top↑
    こんばんはー♪
    いつも楽しいコメントありがとうございます☆

    > (´дW)矛盾。
    一緒のこと思っている人がいた!
    この部分、勇気を出して書いてよかったー(笑)
    ドラム自体はウハウハ(*´д`*)なのに、全体で聴くとどうしてもドラムが曲を邪魔してるように感じてしまって…もうちょっとタイトな音にしてくれたら良かったのになぁと。
    でもドラム自体は本当に好きなんですよ!(´Д`;)
    複雑です…。

    あの小舟で彷徨う4人を見て、
    とっさに「矢切の渡し by細川たかし」のBGMが鳴ったのは私だけだったか…( ̄▽ ̄;)
    2007-10-20 Sat | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。