L'Archives - ラルク書庫

    ラルクについて感じること思うこと。話に脱線も多いです(^^;

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    別窓 | スポンサー広告
    ∧top | under∨

    2008/01/01 bayfm TERU ME NIGHT GLAY

    12/26に行われたJACK IN THE BOX 2007@日本武道館で実現した、ラルク・グレイのコラボセッションについて、さらにイベントについて、GLAYのTERUさんが自身のラジオで熱く話してくれています。以下ラジオ文字起こしをしてみました。さーっとタイプしたので誤字脱字はご容赦ください。(※今ならネット上でも聴けます→こちらからどうぞ)


    改めましてこんばんは、GLAYのTERUです。 2008年1月2日ということで、去年はあっという間でしたねー。 まぁツアーから始まり、ツアーで終わると。 今年のGLAYのしめくくりとしては、函館市民会館の2daysだったんですが。

    実は、その翌々日ですね、僕とTAKUROで、 ラルクアンシエルだったり、あとシド、今本当にこう突き抜けているバンドが 所属するマーヴェリックのイベントで「JACK IN THE BOX」というすごいイベントがありまして。 これは武道館で行われたんですけれども。 それのセッションCというコーナーで出させていただきまして。

    今までのGLAYの活動の流れだったら、きっとなかったような参加の仕方だったと思うんですけども、 でも最近では…hyde君ともよくお酒を飲んだりとか、一緒に食事をしたりとか、 いろいろと繋がりが深くなってきまして。

    で、去年の4月ですね、一緒にご飯食べるときに、
    (TERU)「その祭りに出たいなぁ」と言ったらですね、
    (hyde)「いいよー!」っていう感じで。
    (hyde)「じゃあ、なんかやろうよー」で、そこからとんとんと話が始まりまして。
    で、hyde君のほうから
    「じゃあさ、夜中に一緒にご飯食べに行って、カラオケ行こうよー」って話になって、
    カラオケ行って、
    (hyde)「俺、じゃあ誘惑歌うわー」
    (TERU)「じゃあ、俺HONEY」みたいな感じで(笑)
    そんなカラオケのノリで最初決まりまして。
    「じゃあ、これやろうよ」みたいな感じでね、今回のイベントに繋がったわけですけれども。


    本当に楽しくてですねー、うちのhyde君のバンド、バンド名は全然決まってないんですけれども、
    ツインボーカルで僕TERUとhyde君、
    ドラムはムックのサトシ、
    そして、ベースはシドのアキ、
    そして、ギターはうちのTAKURO、
    そして、ギルガメッシュのニーちゃん、
    この6名でステージに立ち、1曲目誘惑、2曲目HONEYを歌ったんですが。

    もう楽しくて楽しくて。 メンバー紹介が始まった瞬間にすごい歓声をいただいて。 すごく嬉しかったですねー。 最初、出た瞬間にブーイング起こるんじゃないかとTAKUROとすげー心配してたんですけれども(笑)、 逆に、本当にすごいあったかい歓声で迎えいれられてですね、 すごく楽しいイベントに参加することができました。

    前もって皆さんにお伝えできればなーとは思ってたんですが、 やっぱり、マーヴェリックのイベントということもあって、 マーヴェリック社の皆さんで盛り上げているイベントだったりするので、 GLAYの二人が告知することによって、 意図が違うことになるんじゃないかなって恐れもあったので(告知しませんでした)

    後は、会場に来てくれてた人に驚いてもらいたいなっていう。 それはメンバー全員が思ってたことだと思うんですけれども。 それが実現できて、僕は本当にいい1年の締めくくりができたなーと思います。

    そのイベントに参加したアーティストの皆さんと、イベント終わった後に呑むことがあったんですが、 sakuraさんとか久々に…初めてに近いですね、話したりとか。 あとkyoさんがご飯だけ来て、一緒に食べたりとか。

    あとは錚々たる方から、アースシェイカーの方ともたくさん話すことができたし、 まさかMOREを(ステージ)袖で聴けるとは思いませんでしたね。 本当に幸せな時間を過ごすことができました!

    そして、44マグナムの方々にもいろいろ話を聞いたり、話をさせていただいて。 もともとJOEさんとは、ダイちゃん、ヒデさんとの繋がりがあったんですが、 その他のメンバーの方には初めてお会いして。 すごい大先輩なんですけど、本当に可愛がられて、すごく楽しいひと時を過ごすことができました!

    自分達よりも10歳も年齢の離れた、シドのメンバーだったりとか、 まぁアキ君とはリハーサルのときからずっとメールを交換したりとか、 いろいろと連絡を取り合っていたりするんですけれども、 すごくマメでいい奴だなぁーと。 一緒に酒を飲んでても、すごく楽しく過ごすことができたし。

    サトシもアキ君もだけど、GLAYの音楽を中高生の時代に聴いていてくれたということもあって、 いろいろと話をしていくうちに、音楽に対する想いは一緒だったり。 年齢は違えど、やっぱり音楽に対する想いは皆一緒なんだなーというのをいろいろと感じさせてくれた。 ジェネレーションギャップではないんですけれどもね、いろんなことを勉強されてくれたイベントでした。

    最高に楽しかったイベントだったんで、sakuraさんと飲んでいるときに 「sakuraさん、次はsakuraさんのバンドに出してくださいよー」と自分を売るだけ売ってきたので(笑)、 お誘いが来たらぜひとも行きたいなと思う最高のイベントでした。

    ここで一曲聴いてほしいんですが、 今回のイベントに向けて、もともと大好きな曲だったんですが、 また何度も何度も聴き返して、「やっぱいい曲だなー」と思ったこのナンバーを聞いてほしいと思います。

    ラルクアンシエルでHONEY

    別窓 | ラジオ | コメント:2 | トラックバック:0
    ∧top | under∨
    <<いよいよ明日!大阪城ホールライブ | L'Archives - ラルク書庫 | ラルクアンドシェール>>

    この記事のコメント

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008-01-06 Sun | | #[ 内容変更] | top↑
    >kouyansh さま
    リンクありがとうございます!(=゚ω゚=)
    今年も宜しくお願いします。
    2008-01-06 Sun | URL | drunk_butterfly #syYevUeU[ 内容変更] | top↑
    ∧top | under∨
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック

    ∧top | under∨
    | L'Archives - ラルク書庫 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。